ニュース
» 2016年09月26日 13時57分 UPDATE

古田雄介のアキバPicjUp!:VR向けにマイナーチェンジしたGTX 1060カードが反応上々 (1/4)

MSIのGTX 1060搭載グラフィックスカード「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OC」にマイナーチェンジモデルが登場。DP出力のうち1基をHDMIに変えた程度ながら、反応は上々だという。理由を追っていこう。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「アダルトVRエキスポの影響もあるかと」――VRユーザーの裾野が広がる

 先週、複数のショップが注目株に挙げていたのはMSIのGTX 1060カード「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1」だ。2016年7月に登場した「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OC」のマイナーチェンジモデルで、価格も引き継いで税込み3万7000円弱となる。

MSI「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1」

 GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCとの主な違いは出力端子にある。元のDVI×1基、HDMI×1基、DP×3基に対して、OCV1はDVI×1基、HDMI×2基、DP×2基となっている。そのほか、基板の長さが279mmから275mmに短くしてあるのも変化点だ。

 TSUKUMO eX.は「HDMI端子が2つになったことで、HDMI端子接続のディスプレイにつなぎながらVRヘッドセットが使えるようになりました。HDMI端子が2基あるGTX 1060カードは意外と少ないので重宝がられていますね」と話す。

GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCV1の基板と出力端子。HDMIは2.0bだ

 VR向けの改良が奏功しているわけだが、少し前までは「VR用ならGTX 1080/1070」という声が大半だった。その需要がGTX 1060カードにまで広がっているところに、本当のヒットの鍵が隠されているようだ。

 パソコンSHOPアークは「10月に登場するPSVRもそうですが、少し前にあった『アダルトVRエキスポ2016』の反響も少なからずあるかと思います。ここにきてVRに興味を持つ層が広がっていて、『ハイエンドまでは手が出せないけれどVRがしたい』という人に注目されているんじゃないでしょうか」と分析する。

 また、ドスパラ パーツ館も「PSVRよりも上の環境を目指したいけれど、そこまでの予算は出せないという人にはGTX 1060カードが入門的な存在になっているのを感じます。性能だけでみたらGTX 1070以上を選ぶのがいいと思いますけど」と同様の空気を感じている様子だった。今後のさらなる盛り上がりに期待したいところだ。

「GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OC」も従来どおりの価格で併売されている

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.