ニュース
» 2016年10月26日 12時29分 UPDATE

エプソン、4K相当出力に対応した最上位ホームプロジェクター「EH-LS10500」

エプソンは、4K相当の映像出力が可能な“4Kエンハンスメントテクノロジー”を搭載したホームプロジェクター「EH-LS10500」を発表した。

[ITmedia]

 エプソンは10月26日、4K相当の映像出力が可能なホームプロジェクター「EH-LS10500」を発表、12月に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は約80万円(税別)。

 色再現性などに優れるレーザー光源と反射型液晶パネルを採用したホームプロジェクター最上位モデル。0.5ピクセルずらして重ねることで解像度を上げるピクセルシフトにより4K相当出力を実現する“4Kエンハンスメントテクノロジー”を搭載しており、映像入力は4096×2160ピクセルまでに対応した。

 またフルHD映像をアップスケール表示できる「超解像」技術や、白とび/黒つぶれを抑制できるハイダイナミックレンジ(High Dynamic Range)にも対応。中間フレームを自動作成し120フレーム/秒での表示を可能にするフレーム補完技術なども装備している。

photo EH-LS10500

 映像入力はHDMI×2、アナログD-Sub×1、コンポーネント/コンポジットビデオを装備。本体サイズは550(幅)×553(奥行き)×225(高さ)mm、重量は約18.0kg。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう