レビュー
» 2016年11月23日 06時00分 UPDATE

最速実機レビュー:この発想はなかった PC向けVRをケーブルから解き放つ「VR One」とは? (1/2)

[井上輝一,ITmedia]

 日本初の携帯電話は、ショルダーバッグのような肩にかけるものだった。今の私は、携帯電話の歴史をVR対応PCで追体験しているのかもしれない――。

PC向けVRにもワイヤレス化の波か――
VR OneとHTC Vive背中に当たる面はプラスチックで隙間が空けられている VR OneとHTC Vive(左)、背中に当たる面はプラスチックで隙間が空けられている(右)

 このPCを見た時、「なぜわざわざPCを背負うのか」と多くの方が感じることだろう。これにはVRデバイスの「ケーブル問題」がある。

ケーブルの呪縛

 ハイエンドPCを前提としたリッチなVRコンテンツを楽しむには、映像の転送レートなどの関係から現状ではPCとVRデバイスをケーブルでつなぐ必要がある。

 座って周りを見回すだけのVRコンテンツを楽しむ分にはこれでも問題ない。しかし、「HTC Vive」のようなVR空間を歩けるタイプのVRデバイスではケーブルの長さが歩き回れる限界になり、不意にケーブルを踏んでしまってデバイスやPCを破損する恐れもある。

遠目に見てPCを背負っているようには全く見えない

 そういったケーブルの問題に、MSIとHTCが出した1つの答えが「身につけるPC」だった。バッテリー駆動するVR対応PCを身につけてしまえば、PCとVRデバイスを短いケーブルで接続できるからケーブルを踏む恐れもないし、VR空間を広げていく際にもケーブルの長さは気にしなくていいということだ。

 そんな「身につけるPC」を製品化したものがバックパック型PC「VR One」だ。11月25日から発売となるが、一足早く試用する機会を得た。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう