ニュース
» 2017年01月06日 21時49分 UPDATE

第7世代Coreを搭載した税別10万円切りのクリエイター向けPC

DAIVブランドもKaby Lake世代に移行。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは1月6日、クリエイター向けPCブランド「DAIV」シリーズに、第7世代Coreプロセッサーを搭載したデスクトップPCを追加、同日より販売を開始した。

カメラマンやデザイナーといったクリエイターに向けて開発されたDAIVシリーズ

 基本システムに“Kaby Lake”こと最新の第7世代CoreとZ270チップセットを組み合わせたモデルで、CPUやメモリ容量、ストレージ構成、グラフィックスカード、電源ユニットなどの各パーツは、予算や用途に応じて柔軟にカスタマイズできる。

 9万9800円(税別)で用意されている最小構成モデルのスペックは、CPUがCore i5-7400、8GBメモリ(PC4-19200)、1TB HDD、GeForce GTX 1050、Windows 10 Home 64bitとなっている。

マウスコンピューター/G-Tune

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう