ニュース
» 2017年04月24日 13時20分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:Radeon RX 500シリーズがデビュー! わりと無風 (1/4)

AMDの新世代GPU「Radeon RX 500」シリーズを搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に登場した。上はRX 580から下はRX 550まで多数のモデルが並ぶが、反響はまだあまりない様子だ。

[古田雄介,ITmedia]

「乗り換え需要はないけれど、売れ行きはそのまま引き継ぎそう」――Radeon RX 500の評判

 先週はグラフィックスカード売り場のラインアップが大きく変化した。AMDの新世代GPU「Radeon RX 580/570/550」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に登場したためだ。RX 580カードは税込み3万円強〜5万円強、RX 570カードは同2万5000円弱〜3万2000円強、RX 550カードは同1万2000円前後〜1万8000円前後となる。

パソコンSHOPアークの入り口に貼られたRX 500シリーズ告知POP

 RX 580/570は旧世代のRX 480/470の仕様を踏襲してクロック数やバンド幅を強化した作りになっており、マイナーバージョンアップの様相が大きい。そのため大きな買い換え需要が発生しているショップはない代わりに、様子見の動きも見られなかった。

 某ショップは「ほとんどリネームですから新鮮味はないですよね。ただ、それは旧世代のノウハウが多分に生かせるということもでもあるので、AMDの新顔でよくあるドライバーの未熟さなどは感じません。各社のクーラーも作り込めていますしね。良くも悪くもRX 400世代に取って代わる存在ですよね」とそっけない。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店に並ぶRX 580/570カード

ASUSTeKから登場したSTRIXブランドのRX 580カード「ROG-STRIX-RX580-O8G-GAMING」。税込み価格は4万円台後半〜5万円強

 ただし、エントリークラスのRX 550は、前世代が2013年デビューのR7 250までさかのぼるため進化幅が大きく、別の売れ方も期待されている。TSUKUMO eX.は「ライトなゲーミングマシンのGPU載せ替え需要はあるかもしれませんね。R7 250から最大2倍の性能アップをしているといいますし、新たにAMD FreeSync 2をサポートしていますから。消費電力も50Wで済むので、使い勝手もいいですし」と評価していた。

MSIのRX 550カード「Radeon RX 550 AERO ITX 2G OC」。カード長155mmで、税込み1万2000円弱となる

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう