ニュース
» 2017年06月15日 19時21分 UPDATE

巨大模型と光でカオスな都市をアートに、NAKEDの「TOKYO ART CITY展」がめちゃキレイ (1/4)

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東京駅や東京国立博物館など巨大な建造物をプロジェクションマッピングで彩ってきたクリエイティブカンパニー、NAKED(ネイキッド)が、その集大成ともいえるアート展「TOKYO ART CITY展」を6月16日(金)から開催する。

6月16日(金)にスタートする「TOKYO ART CITY展」。会場は東京ドームシティの「Gallery AaMo」

 会場は東京ドームシティの「Gallery AaMo」(ギャラリーアーモ)。730m2という広さを誇る会場に、新宿の高層ビル群や渋谷のスクランブル交差点など、“TOKYO”を象徴する8つのスポットを作り出した。模型は大きなもので高さ約4mもあり、総数は約250。約100台のプロジェクター(うち2台は4K対応)と多数のLEDライトでコラージュし、誰も見たことのない、でも誰もが知っているカオスなTOKYOの姿を描き出した。

新宿でゴジラとパックマンを発見

高さ4mもある巨大な都庁。複雑な道を教えてくれる青い看板もTOKYOを象徴するものかもしれない

 会場の入口で迎えてくれるのが巨大な東京都庁だ。都庁を中心とする西新宿の高層ビル群と歌舞伎町、2つの顔を持つカオスな街を、模型とプロジェクションマッピングを駆使してエンターテイメントに昇華した。

都庁の裏には歌舞伎町の「東宝シネシティ」にあるゴジラ
その向かいには夏にオープンする「VR ZONE SHINJUKU」

 ネイキッドを率いる村松亮太郎代表は、TOKYOを「さまざまな文化を受け入れ、整理をしないままカオスな状態でたゆたい、変化し続ける街」と表現する。「しかし、その街で生きる人たちが無意識に感じている、その街の“らしさ”とは何か。“らしさ”は、そこに住む人たちが過去から現在まで続けてた営みの蓄積だ」という。

ネイキッドの村松亮太郎代表(左)と会場内でパフォーマンスを行う「SAMURAIZE from EXILE TRIBE」のプロデューサー、EXILE HIRO氏(右)

 例えば3000を超える飲食店やバーが密集する新宿歌舞伎町では、街を彩る無数の看板が既に看板としての機能(Information)だけではなく、乱立するカオスな状態が“歌舞伎町らしい”景観を生み出した。このような“らしさ”の1つのアートだ。

見上げると歌舞伎町を象徴するカオスな看板群。テレビドラマの演出にありそうな光景を作り出した
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう