ニュース
» 2017年08月02日 19時00分 UPDATE

ウエスタンデジタルが「64層3D NAND」SSDを国内展開 「WD」「SanDisk」ブランドで8月下旬出荷開始

ウエスタンデジタル(WD)が、「64層3D NANDフラッシュメモリ」を採用する省電力性と耐久性に優れたSSDを国内展開する。より広いユーザーに訴求すべく、同一仕様の製品を「WD」「SanDisk」両ブランドで展開する。

[井上翔,ITmedia]

 ウエスタンデジタル(WD)は、64層3D NANDフラッシュメモリを搭載するコンシューマー向けSSDを8月下旬から「WD(Western Digital)」と「SanDisk」の2ブランドで順次発売する。

 両ブランドともに製品の基本仕様は同一で、64層3D NANDフラッシュメモリの採用によって消費電力の削減と耐久性を高めたことが特徴だ。想定販売価格は1万2000円前後(250GBモデル)から7万6000円前後(2TBモデル)となる。

新しく登場するSSD 64層3D NANDフラッシュメモリを搭載するSSD。SanDiskブランドでは「Ultra」シリーズ、WDでは「WD BLUE」シリーズの新製品として登場する(パッケージデザインは変更の可能性あり)
耐久性が向上 64層3D NANDフラッシュメモリを採用することで、基板内部にゆとりが生まれ、耐久性も向上

 インタフェースはSerial ATA 3.0で、容量は250GB、500GB、1TB、2TBの4種類をラインアップする。形状は「2.5インチ/7mm厚」と「M.2」(WDブランド製品のみ)の2種類を用意している。

2.5インチ/7mm厚 「2.5インチ/7mm厚」モデルは、SanDisk(左)とWD(右)の両ブランドで取り扱う。スペックは同一だが、「SanDiskブランド」「WDブランドの2TBモデル」「WDブランドのその他容量モデル」では、外装ケースの仕様の違いから製品重量が若干異なる
WDブランド製品 WDブランド製品については、2.5インチ/7mm厚(左)に加えて「M.2」(右)も用意する。どちらもスペックは同一だ

 シーケンシャルリードの最大速度は250GBモデルが550MB/秒(メーカー公称値、以下同)でその他の容量のモデルが560MB/秒となる。シーケンシャルライトの最大速度は250GBモデルが525MB/秒、その他の容量のモデルが530MB/秒だ。

製品スペック 新製品の製品スペック。両ブランドともに3年保証付きだ
WDのスヴェン・ラスジェン氏 報道関係者に新製品を解説した米Western Digital クライアントソリューションズ部門プロダクトマーケティング担当バイスプレジデントのスヴェン・ラスジェン氏

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう