連載
» 2017年08月03日 17時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「Flashの終わり」にWindowsはどう対応していくのか (1/3)

Flash Playerのアップデートと提供が2020年末に終了となる。WindowsプラットフォームにおけるFlash技術とそのコンテンツ、対応サービスについて、今後の動向と対策をまとめた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 米Adobe Systemsが2020年末に「Flash Player」のアップデートと提供を終了すると発表した。既に各方面で話題になっているこのニュースだが、今回はWindowsプラットフォームにおけるFlash技術とそのコンテンツ、対応サービスについて、今後の動向と対策をまとめていく。

Flash 2020年末に提供終了となる米Adobe Systemsの「Flash Player」

過去のものとなりつつあるFlashではあるが……

 Flash終了と聞いて「時代の節目か……」と感慨を抱いた方は多いかもしれないが、一方で「なくなると困る」と考えた方はそこまでいないかもしれない。

 実際、筆者の周辺環境を見てもWindowsマシンではFlashが有効化されてはいるものの、YouTubeをはじめ多くのサイトではHTML5のコンテンツを優先表示しているため、Flash Playerが実行される機会はほとんどない。

 MacはデフォルトではFlash Playerがインストールされておらず、そもそもSafariブラウザを利用する限りはプラグインが起動することがない。たまにFlashコンテンツ実行用に起動しているFirefoxブラウザでFlash広告の表示がブロックされて、そのサイトでFlashを利用しているのに気付くくらいだ。

 Android、iOS、Windows 10 Mobileといったスマートフォン向けのモバイルOSに至っては、そもそもFlashコンテンツ自体が実行されない。

 本連載では、2016年4月に当時のWindows 10大型アップデート「Anniversary Update(1607)」におけるEdgeブラウザでのFlashコンテンツ実行ポリシーの変更について紹介し、Webの世界から緩やかにFlashコンテンツが消えつつある状況を報告した。今まさに、それが現実になろうとしている。

 Adobeは7月25日(米国時間)に公式ブログで、現在はHTML5、WebGL、WebAssemblyといったFlashの代替となる技術が登場し、かつてプラグインによって提供されてきた機能がWebブラウザに包含されつつあることを報告した。

 また同社は、プラグインの排除が進むWeb業界のトレンドにおいて、最後のWebブラウザ向けプラグインとも呼べるFlash Playerの2020年での終了宣言(End Of Life:EOL)を出すにあたり、Apple、Facebook、Google、Microsoft、Mozillaといった業界のキープレイヤーとの協力を進めていると表明した。

 これを受け、米Microsoftは公式ブログでFlash終了に向けたWindowsプラットフォームにおけるロードマップを次のように示している。

  • 2017年〜2018年にかけて:EdgeはCreators Update(1703)の時点でFlashコンテンツの実行を「Click-to-Run(クリックして実行)」形式で制御しているが、ほとんどの初訪問サイトで同様の実行確認を逐次行う。Internet Explorer(IE)では特にFlashの実行に際して特別な制御は行わない
  • 2018年半ば〜末にかけて:EdgeではセッションごとにFlashの実行許可を求めるようになる。IEでは2018年を通して全てのサイトで引き続きFlashをそのまま実行できる
  • 2019年半ば〜末にかけて:EdgeならびにIEでのFlash実行をデフォルトで無効にする。ユーザーはなおFlashの実行を有効化できるが、この作業はサイト単位で指定しなければならない
  • 2020年末まで:EdgeならびにWindowsの全バージョンに提供されているIEでFlashの実行が無効化される。以後、ユーザーはFlashをブラウザ上で実行することはできない

VBScriptの利用も制限へ

 MicrosoftではFlashと並行して「VBScript」の利用も制限する方策を進めている。

 セキュリティ対応やレガシーサポートでは度々問題となるVBScriptだが、Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update(1709)」の提供のタイミングで、IE11におけるVBScriptの実行が「インターネット」と「制限付きサイト」の2つのセキュリティゾーンで禁止される。「イントラネット」と「信頼済みサイト」のみの利用に制限ということで、企業ユーザーに配慮した形だ。

 Fall Creators Updateを適用したWindows 10以外のバージョンを利用する全てのWindowsユーザーに対しても、後のIE11へのセキュリティアップデートで同様の対応をしていくという。

 これらは、2020年に控えるWindows 7の延長サポート終了に向けた地ならしの一環となる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう