ニュース
» 2017年09月07日 12時15分 公開

アーキサイト、とことん無駄を省いた“47キー配列”の小型メカニカルキーボード

アーキサイトは、台湾Vortexgear製となるコンパクトメカニカルキーボード「Vortex CORE 47keys」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アーキサイトは9月7日、台湾Vortexgear製となるコンパクトメカニカルキーボード「Vortex CORE 47keys」の取り扱いを発表、本日より販売を開始した。製品ラインアップは、採用するキースイッチの差異で4タイプ(Cherry MX 青軸/同 茶軸/同 赤軸/同 クリア軸)を用意。いずれも価格はオープンだ。

photophoto Vortex CORE 47keys

 独自の英語47キー配列を採用したUSB接続対応のメカニカルキーボードで、Cherry MXキースイッチを採用。フルサイズのキーボード比で約40%となるサイズダウンが行われているのが特徴で、数字/記号などの入力は“Fn”キーとの同時押しによる対応となっている。

 またハードウェアレベルでのマクロ機能も装備。マクロ記録レイヤーは3パターン(+初期の1パターンを含む計4パターン)を利用可能だ。本体サイズは248(幅)×76.2(奥行き)×25.5(高さ)mm、重量は約410g。

photo

関連キーワード

キーボード | アーキサイト | 台湾


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう