コラム
» 2017年09月10日 06時00分 公開

ITはみ出しコラム:AppleやGoogleだけじゃない Amazonの本社もやっぱりスゴい(バナナ好き注目)

米Amazonがシアトルの第1本社「HQ1」と同等規模の第2本社「HQ2」を北米に建設する計画を発表しました。ところで、第1本社のHQ1とはどんなキャンパスなのでしょうか。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleの新製品発表イベントがいよいよ9月12日(日本時間の13日午前2時からライブ配信)に新本社「Apple Park」で開催されます。Apple Parkにある大ホール「Steve Jobs Theater」のこけら落としです。ホールのバーチャルツアーもあるのではないかと、新製品と同じくらい楽しみです。

 でも、今回は同じ本社でも、米Amazon本社のお話。AppleFacebookGoogleのユニークなキャンパスについては何度か記事にしてきましたが、そういえばAmazonについてはほとんんどノーチェックでした。

amazon 1 Amazonの本社「HQ1」

 同社は9月7日、北米に「第2本社(HQ2と呼ぶ)を作るから、誘致したい都市は名乗り出て」と発表しました。ジェフ・ベゾスCEOは「HQ2はHQ1(シアトル本社)と同じ規模になる」と言っていて、50億ドルを掛けて建設し、5万人の雇用を創出するそうです。

 既に、シカゴ、ニューヨーク、ボストン、ヒューストン、ボルチモア、サクラメント、ダラス、フィラデルフィア、ナッシュビル、オークランド、サンディエゴ、ロサンゼルスなどが興味を示しています(CNBCより)。

 では、シアトルにあるHQ1はどんな本社なんでしょう。その特徴の1つは、町中にある地域密着型という点です。AppleやGoogleのキャンパスは車必須(従業員専用バスはある)ですが、Amazon本社には地下鉄とバス(メトロ)で通えます。渋滞を引き起こして、地元住民とケンカになることもなさそうです。

 HQ1の敷地は約75万平方メートル。都心に東京ドーム16個分の広さを確保するってすごいですね。その中に33棟のビルが建っていて、24のカフェレストラン、8店の小売りサービスがあります。敷地には地面に落ちた「バブル」のような形の建物も。

amazon 2 地面に落ちたバブルのような建物(この画像は完成予想図)

 このバブルは4階建てで中は緑豊かな空間。レストランやオフィスがあります。

amazon 3 バブルの断面図

 地元の人たちのためのオープンスペースもたっぷりとってあり、建国記念日(7月4日)には花火大会を、夏の週末には屋台村みたいなものを提供しています。事前に申し込めば約1時間の本社内ツアーに参加できます。

 2015年からは、「従業員だけでなくご近所さんにも栄養あるスナックを無料で配るべし」というベゾスさんの発案で、本社の両端で月〜金オープンの「バナナスタンド」をはじめ、毎日平均4500本のバナナを無料で配っています。

amazon 4 ご近所さんも愛用のバナナスタンド

 これなら地元の皆さんからも歓迎されそう。大都市がHQ2をこぞって誘致したがるのにもうなずけます。建設地決定は2018年で、完成はまだ相当先になるでしょうけれど、楽しみです。

バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう