ニュース
» 2017年09月25日 16時23分 公開

東芝、Alexa搭載のスマートスピーカーを北米に投入 日本は「来年発表」

東芝映像ソリューションが、北米向けにAlexa搭載スマートスピーカー「TH-GW10」を12月に発売する。

[井上輝一,ITmedia]

 東芝映像ソリューションは9月25日、米Amazon.comの音声認識AIアシスタント「Alexa」を搭載し、ホームセキュリティ機能も備えるスマートスピーカー「TH-GW10」を、12月に北米で発売すると発表した。価格は200〜300ドル。購入後、AIアシスタント機能やホームIoT(Internet of Things)機能は無料で利用できる。

ホームセキュリティ機能にも対応したスマートスピーカー「TH-GW10」

構想はあったが、うまくいくか自信が持てなかった

 TH-GW10は、一般的なスマートスピーカー機能(対話で情報を聞く、音楽を聴くなど)のほか、ホームIoTデバイスと接続して鍵の開け閉めや照明の操作などが可能。本体にはカメラを搭載することで不在時の侵入も検知できる。言語での応答サービスには、「北米市場で最も売れている」というスマートスピーカー「Amazon Echo」にも搭載されているAlexaを採用した。

発表会ではスマートロックとの連携や水漏れセンサーとの連携を実演した

 「TH-GW10の発表までには、紆余曲折があった」と、東芝映像ソリューションの石橋泰博技師長は語る。

 「説明が難しいが、構想としてはAmazon Echoが発表される前からあった。ただ、スマートスピーカーという形が本当にうまくいくのか自信が持てなかった」と振り返る。

 「TH-GW10はセキュリティ面にも技術を必要とするため、一般的なスマートスピーカーと比べても要求されるハードルが高かった」(石橋さん)

TH-GW10ができること

日本向けは「来年」

 日本向けには、具体的な時期や価格は未定としつつも2018年中の何らかの発表を目指すという。発表会では日本語での対話もデモンストレーションしてみせたが、ここではAlexaではなく、東芝デジタルソリューションズが開発した日本語対応のAIアシスタント「RECAIUS」(リカイアス)を搭載したTH-GW10が日本語で応答してみせた。

 TH-GW10に搭載するAIアシスタントについて、AlexaやRECAIUSのほかにも「TH-GW10は、初めこそコンシューマー向けで販売するが、キャリア様などクライアントに買っていただいて、クライアントから最終的にコンシューマーに届けるB2B2Cの販売モデルを考えている。クライアントの意向も踏まえて、さまざまなAIプラットフォームと協調してやっていきたい」とした。

オンキヨーのスマートスピーカーと物は同じ

 「オンキヨーが米国向けに発表した『VC-FLX1』と筐体が似ているが、音作りなどで協業しているのか」という質問が記者から出た。

 これについて石橋さんは、「オンキヨーとは協業して開発している。デバイスの機能、性能に違いはない。互いに得意な商流が異なるため、お互いが販売することで全体的にパイを広げていこうと考えている」と述べた。

主な仕様
アンロックモーション検知 スマートスピーカーのホームIoT機能とスマートフォンとの連携。鍵のアンロックはスマートフォンからできる。カメラが室内のモーションを検知するとスマートフォンに通知が飛ぶ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう