ニュース
» 2017年11月28日 15時24分 公開

Philips、USB Type-C接続も可能なHDR10/WQHD表示対応の31.5型ワイド液晶など4製品

MMD Singaporeは、Philipsブランド製の液晶ディスプレイ計4製品の国内取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 MMD Singaporeは11月28日、Philipsブランド製のHDR10対応31.5型液晶ディスプレイ「328P6AUBREB/11」の取り扱いを発表、12月中旬に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は4万9800円だ(税別、以下同様)。

photo 328P6AUBREB/11

 2560×1440ピクセル(WQHD)表示に対応したIPSパネル採用の31.5型ワイド液晶ディスプレイ。HDR10への対応をうたうモデルで、色域カバー率はAdobe RGB 99%を実現。映像入力はHDMI 2.0×1、DisplayPort×1、アナログD-Sub×1の3系統を備えるほか、USB 3.1 Type-C接続にも対応している。

 2ポートUSB 3.0ハブ機能も装備。出力3W×2のステレオスピーカーを内蔵、本体サイズは742(幅)270(奥行き)×657(最大高さ)mm、重量は9.7kgだ。


 このほか、フルHD表示対応の34.6型ワイド液晶ディスプレイ「356M6QJAB/11」、WQHD表示対応の23.8型/27型ワイド液晶ディスプレイ「246E8FJAB/11」「276E8FJAB/11」の3機種もあわせて販売が開始される。予想実売価格は356M6QJAB/11が3万7800円、246E8FJAB/11が2万9800円、276E8FJAB/11が3万9800円だ。

photophotophoto 356M6QJAB/11(左)、246E8FJAB/11(中)、276E8FJAB/11(右)

関連キーワード

液晶 | ディスプレイ | Philips | USB Type-C | フルHD | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう