コラム
» 2017年11月28日 19時29分 公開

iPhone Xで女子に嫌われないためのたった1つのカメラ設定

「輪郭強調照明」を選んではいけない。

[らいら,ITmedia]

 手に入れたばかりの自慢のiPhone Xで女性とセルフィーするとき、何も考えずにカメラを向けていませんか? 気になる人と一緒に写真を撮る機会が増えるこれからのクリスマスシーズン、適当に撮ってしまってはもったいない! 実はiPhone Xでは、ある設定を行うだけで、女性好みのキレイなセルフィーに仕上げることができるのです。

iPhone Xで女性に嫌われないたのめカメラ設定とは

 iPhone Xでは背面、前面両方のカメラにポートレートモードが搭載され、人物の背景をぼかした写真をさまざまなシチュエーションで残せるようになりました。また、新たにポートレートライティング機能が追加され、5つの照明エフェクトが使えるようになっています。

 そこでポートレートモードで撮影するときは、ポートレートライティングを必ず「スタジオ照明」に切り替えましょう。照明が顔を明るく照らすので、肌にツヤが出てパッと表情が明るく見えます。自然な美しさが引き出される照明エフェクトです。

左がポートレートモード「自然光」の写真、右が「スタジオ照明」の写真。スタジオ照明の方が影が少なく、肌が美しく見えます

 間違っても「輪郭強調照明」を選んではいけません。輪郭や目の周りに影ができ、女性の嫌うゴツさが強調されてしまいます。一方、男性が被写体で、威厳を出したいときには最適なエフェクトです。

顔の中心に照明が当たり、輪郭に影ができるので、顔の凹凸がはっきりと出ています

左が「自然光」、右が「輪郭強調照明」の写真。キリッとした表情のときは効果的ですが、笑顔で撮ると頬骨など顔の凹凸が強調されてしまい、女性の柔らかさが引き出せません

 照明エフェクトを最適な設定にするだけで、女性好みのナチュラルで美しい写真を撮れるのです。ちょっとした心遣いですが、「iPhone Xってキレイに撮れてスゴいね!」「カメラ上手だね」とあなたの株が上がるかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう