ニュース
» 2017年12月21日 14時25分 公開

76億円相当盗まれた仮想通貨マイニングサイト「NiceHash」復活 盗難分も「払い戻す」

12月6日にハッキングを受け、約4700BTCを盗まれた「NiceHash」が復活。しかしユーザーの残高は0。払い戻しは2018年の1月31日に詳細を発表するという。

[井上輝一,ITmedia]

 12月6日(現地時間)にハッキングを受け、約4700BTC(ビットコインの単位、当時約76億円)を盗まれた、スロベニアのマイニングサイト「NiceHash」は、12月20日にサイトを復旧させた。盗まれた約4700BTCは「NiceHashが持っていた資金の全て」だったという。

NiceHash復旧

 NiceHashはマイニングの採掘能力を売買できることが特徴。マイナー(採掘者)にとっては、ソフトの設定が容易で、収益性の良い仮想通貨を自動で切り替えてマイニングする機能があったため、入門向けに支持されていた。かくいう記者も、ゲーミングPCで仮想通貨をマイニングすることを紹介した記事ではNiceHashを紹介していた

 復旧したサイトにログインすると、全てのユーザーの残高が0になっている。一方で過去の残高のタブもあり、ハッキング以前にNiceHash上に自分がいくら保持していたかを確認できる。

現在の残高過去の残高 復旧した記者のNiceHashアカウントにログインしたところ。現在の残高は0だが(左)、ハッキング前にはいくらかBTCがあったことが分かる(右)

 盗まれた残高について、NiceHashは「国際投資家のグループから、残高復旧のための資金を確保できた。残高の払い出しについては2018年1月31日にアナウンスする」と声明を出している。既に資金を確保できているのに払い出しまで時間がかかるのは、「全ての法的な書類を正しく処理するため」としている。

NiceHashから盗まれた4700BTCを保持していたアドレスを見ると、14日から段階的に他のアドレスに資金を分散させていることが分かる

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう