レビュー
» 2018年03月08日 07時30分 公開

VAIO S11・S13の「ALL BLACK EDITION」を2台まとめて徹底検証する (3/4)

[鈴木雅暢,ITmedia]

高負荷ほどメリットがあるVAIO TruePerformance

 それでは各種ベンチマークテストの結果を見ていこう。VAIO S11、S13ともにVAIO TruePerformanceの有効・無効を切り替えてテストし、結果を表にまとめた。

S11 DM 1S11 DM 2S11 DM 3 今回テストしたVAIO S11 ALL BLACK EDITIONのデバイスマネージャー画面
S13 DM 1S13 DM 2S13 DM 3 今回テストしたVAIO S13 ALL BLACK EDITIONのデバイスマネージャー画面

ベンチマークテストの結果まとめ

test score 1 各種ベンチマークテストの結果(クリックで拡大)

VAIO S11のテスト結果(左がVAIO TruePerformance有効、右が無効)

CINEBENCH R15 vtp onCINEBENCH R15 vtp off CINEBENCH R15
PCMark 10 vtp onPCMark 10 vtp off PCMark 10
3DMark SkyDiver vtp on3DMark SkyDiver vtp off 3DMark SkyDiver
3DMark FireStrike vtp on3DMark FireStrike vtp off 3DMark FireStrike
FF14 vtp onFF14 vtp off FINAL FANTASY XIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク(1280×720、ノートPC標準、ウィンドウ)
FF14 vtp onFF14 vtp off FINAL FANTASY XIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク(1920×1080、ノートPC標準、ウィンドウ)

VAIO S13のテスト結果(左がVAIO TruePerformance有効、右が無効)

CINEBENCH R15 vtp onCINEBENCH R15 vtp off CINEBENCH R15
PCMark 10 vtp onPCMark 10 vtp off PCMark 10
3DMark SkyDiver vtp on3DMark SkyDiver vtp off 3DMark SkyDiver
3DMark FireStrike vtp on3DMark FireStrike vtp off 3DMark FireStrike
FF14 vtp onFF14 vtp off FINAL FANTASY XIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク(1280×720、ノートPC標準、ウィンドウ)
FF14 vtp onFF14 vtp off FINAL FANTASY XIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク(1920×1080、ノートPC標準、ウィンドウ)

 VAIO TruePerformanceの効果はどのテストでも出ているが、CINEBENCH R15のCPU、Premiere Pro CC、3DMarkのSkyDiver、FINAL FANTASY XIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク(1280×720ピクセル)などで特に大きい。やはりCPU負荷が高い処理で効果が大きい傾向だ。SkyDiverのGraphicsスコアなど、CPU内蔵グラフィックス中心の負荷でもそれなりの効果が確認できる。

 VAIO S11とS13では、標準状態では後者の方が良い傾向だが、VAIO TruePerformanceの上昇幅は大きく、有効にするとS11もS13と互角かそれに近いくらいまでに上昇した。やはりボディーが大柄なVAIO S13の方が放熱設計に余裕があるのだろうが、11型クラスで800g台のモデルということを考えるとVAIO S11も素晴らしい性能だ。

 ちなみに、計測時期が違うので厳密な比較はできないものの、VAIO S13のVAIO TruePerformance有効時のPremiere Pro CCのエンコード時間は、以前にテストした「Surface Book 2」と数秒しか違わない。Lightroom Classic CCに至っては1分以上も上回った。後者はSSDの性能の影響が大きいと思われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう