ニュース
» 2018年04月23日 16時43分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:第2世代Ryzenが好調発進! 4万円強の2700Xがアキバで一番人気 (1/4)

第2世代Ryzenが予定通りに売り出され、順調な滑り出しで自作市場を賑わせている。同時発売のX470マザーも好評ながら、全体的に品薄でラインアップ不足を指摘する声もあった。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

Ryzen 2000深夜販売も通常販売も「予想通り」の好調さ

 前回の告知通り、AMDの第2世代Ryzenが4月19日22時から販売解禁となった。税込み価格や性能は以下の通り。いずれもCPUクーラーを付属しており、Socket AM4環境で動作する。

モデル名 コア・スレッド クロック TDP 実売価格s
Ryzen 7 2700X 8コア・16スレッド ベース3.7GHz/ブースト4.35GHz TDP 105W 4万1000円強
Ryzen 7 2700 8コア/16スレッド ベース3.2GHz/ブースト4.1GHz TDP 65W 3万9000円前後
Ryzen 5 2600X 6コア/12スレッド ベース3.6GHz/ブースト4.25GHz TDP 95W 2万8000円前後
Ryzen 5 2600 6コア/12スレッド ベース3.4GHz/ブースト3.9GHz TDP 65W 2万5000円前後

AMD「Ryzen 7 2700」と「Ryzen 7 2700X」
最上位の2700XもCPUクーラーを付属

 売れ行きは多くのショップで順調だ。深夜販売で100人以上のユーザーを集めたTSUKUMO eX.は「最上位でもクーラー付きで1800Xより安いくらいですから、お得感がありますよね。Intelの同価格帯と比べてもひけをとりませんし、シェア争い的に脅威になるんじゃないかと思います」と満足している様子だった。

 4モデルのうち、一番人気となっているのは最上位の2700Xだ。パソコンSHOPアークは「最初はハイエンドが売れやすいというところはありますが、第1世代と比べると値段差も少ないですし、このままいく可能性もあります」と先々まで予想する。

 なお、次項で紹介するX470マザーと同時発売となったが、CPU単体で購入する人も多いそうだ。某ショップは「前世代のX370やB350マザーとのセット購入は案外少ないですね。すでにマザーは持っていて、ご自身でBIOSアップデートしてCPUを載せ替えるというパターンは多いんじゃないかと思います。好みのマザー待ちということかもしれません」と話していた。

TSUKUMO eX.のRyzen価格表
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう