ニュース
» 2018年05月22日 17時36分 公開

米Razer、第8世代CoreとGeForceを備えた15.6型ゲーミングノートPCを投入

米Razerは、狭額デザインのスリム筐体を採用した15.6型ゲーミングノートPC「Razer Blade」新モデルの発表を行った。

[ITmedia]

 米Razerは5月22日、スリム筐体を採用した15.6型ゲーミングノートPC「Razer Blade」新モデルを発表した。価格は1899.99ドルから。

photo Razer Blade 15.6”

 狭額仕様の15.6型液晶ディスプレイを搭載するモデルで、CPUとして第8世代CoreプロセッサのCore i7-8750H(2.2GHz、最大4.1GHz)を搭載。ディスプレイの仕様とグラフィックスコア、ストレージ容量の異なるバリエーションモデルを用意しており、グラフィックス機能はGeForce GTX 1060または同 1070を搭載可能だ(ともに薄型の“Max-Q design”を採用)。

photophoto

 ディスプレイは15.6型フルHD液晶(60Hz駆動または144Hz駆動)またはタッチ対応15.6型4K液晶を装備する。メモは16GBを、ストレージは最大512GBのNVMe SSDを内蔵、LEDバックライト対応キーボードも備えている。


 この他、Thunderbolt 3接続対応の外付け型グラフィックスカード拡張ボックス「Razer Core X」の発表も行われている。最大3スロット幅までのカードの装着に対応し、電源ユニットとしてATX650W電源を標準で装備。TITAN VやGeForce GTX 1080 Ti、Radeon VEGA RX 64などのハイエンドカードの装着にも対応する。

 なお従来モデルの「Razer Core V2」が備えていた有線LAN機能やUSBハブ機能、LEDカラー発光機能の「Razer Chroma」などは省略されコストダウンを実現。価格は299ドルとなっている。

photophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう