ニュース
» 2018年07月12日 13時44分 公開

ADATA、リード最大3200MB/sを実現するM.2 SSD「XPG SX8200」

エイデータテクノロジージャパンは、XPGブランド製のM.2 SSD「XPG SX8200」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 エイデータテクノロジージャパンは7月12日、XPGブランド製のM.2 SSD「XPG SX8200」シリーズを発表、本日から販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は480GBモデルが1万9680円前後、960GBモデルが4万1980円前後だ。

photo XPG SX8200シリーズ

 M.2 2280フォームファクター対応の内蔵型SSDで、インタフェースとしてPCI Express 3.0 x4を採用、フラッシュメモリに第2世代64層3D TLC NANDを搭載。転送速度はリード最大3200MB/s、ライト最大1700MB/sだ。

 MTBF(平均故障間隔)200万時間の高信頼性を実現、着脱式のヒートシンクも付属した。製品保証は5年間となっている。


photo XPG GAMMIX S11シリーズ

 この他、M.2 SSD「XPG GAMMIX S11」シリーズも合わせて販売が開始される。XPG SX8200誌リーズと同じく第2世代64層3D TLC NANDを採用するモデルで、リード最大3200MB/s、ライト最大1700MB/sの転送速度を実現する。予想実売価格は480GBモデルが1万6980円前後、960GBモデルが3万4980円前後だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう