ニュース
» 2018年09月06日 16時39分 公開

トレンドマイクロ、AI予測機能を実装した「ウイルスバスター」最新版

トレンドマイクロは、同社製セキュリティソフト「ウイルスバスター」の最新版を発表した。

[ITmedia]

 トレンドマイクロは9月6日、同社製セキュリティソフト「ウイルスバスター」の最新版を発表、本日から提供を開始する(パッケージ版は9月13日発売)。ダウンロード版価格は「ウイルスバスター クラウド」1年版が5380円(税込み)。この他に2年版および3年版、“デジタルライフサポート プレミアム”付属版なども用意されている。

photo AI技術(ハイブリッドモデル)による機械学習型スキャンのイメージ

 今回のバージョンでは、AI技術を活用したスキャン機能「ハイブリッドモデル」をWindows向けに導入。ファイルの特徴とふるまいを照らし合わせることでファイルの実行前に挙動を予測することで、高い精度での不正プログラム検出を実現したのが特徴だ。

photo サポート詐欺/偽警告サイトの検知画面

 また、偽の警告メッセージをブラウザ上に表示させるタイプの“サポート詐欺/偽警告”の検出にもAI技術を導入(Windows向け)。詐欺サイトの構造やスクリプトの特徴を学習し、サイトへのアクセスを未然にブロックする機能を新たに搭載した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう