レビュー
» 2018年09月26日 10時00分 公開

落ち着いたカッコ良さがまぶしいっ……!! 写真と文章で解説する「VAIO S11 | RED EDITION」 (1/2)

VAIOのモバイルノートPC「VAIO S11」に、2018年内限定で“赤い”モデルが追加された。写真を交えつつレビューする。

[井上翔,ITmedia]

 8月末、VAIOの11.6型モバイルノートPC「VAIO S11」に「RED EDITION」なる特別限定版が登場した。その名の通り、赤いボディーをまとったスペシャルなVAIOで、2018年12月末まで数量限定で販売中だ。

 通常の3倍速い……かどうかはともかく、この記事では、写真を交えてRED EDITIONをチェックしていく。ノートPCとしての実力は、「ALL BLACK EDITION」のレビュー記事で確認してほしい。

(記事の価格は全て税別)

VAIO S11 | RED EDITION VAIO S11 | RED EDITION

第一印象から「赤い」 引き立てるのは「黒」

 RED EDITIONの本体と初対面したとき、筆者は思わず「真っ赤だなぁ」と言ってしまった……のだが、厳密には少し違う。

 確かに液晶背面の天板やキーボードのパームレストは赤いのだが、液晶背面のVAIOロゴやオーナメント、側面と裏面は黒(ブラック)。すなわちツートーンになっている。単に「真っ赤」であるよりも、「黒」がアクセントとなり、より「赤」が引き立っている印象だ。

 天板は光沢加工。多層塗装をすることで「深み」と「傷付きにくさ」を両立しているという。確かに色味は落ち着いた感じで、ギラギラするような感じはない。「光沢が入っていると、指紋の跡が付かないか心配……」という人もいるかもしれないが、思った以上に付きにくい。「全く付かない」ということはないが、軽く拭けばすぐ消える。

 傷付きにくさはどうだろうか。2週間ほど、普段使っているノートPCと同じように取り扱ってみた(≒ややラフに扱ってみた)が、天板や裏ぶたに傷が付くようなことは全くなかった。もう少し使ってみないとより正確な評価は下せないが、擦過傷への耐性は思った以上に良い。

赤い天板と黒いVAIOロゴ 光沢のある赤い天板に、光沢のある黒色のVAIOロゴ。「黒」があることで「赤」が引き立っている。指紋の跡は付きにくく、擦過傷にも強い

 アルミ製のバームレストはアルマイト塗装で、横方向にヘアライン加工が入っている。天板とは異なりこちらはつや消し加工だが、深みのある落ち着いた色合いであることには変わりない。少し角度を変えると違った“赤み”を感じることができるので、見ていて飽きることもない。

パームレストのVAIOロゴ周辺 パームレストにはヘアライン加工が施されている。VAIOロゴは彫り込みで高級感もある
タッチパッドやクリックボタン タッチパッドやクリックボタンも赤い
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう