ニュース
» 2018年10月31日 16時25分 公開

15インチMacBook Proに「Radeon Pro Vega」搭載モデル 性能が60%向上

15インチMacBook ProのオプションにVegaアーキテクチャのモバイル向けGPUが追加され、11月下旬から選択可能になる。

[ITmedia]

 アップルは、15インチMacBook Proに「Radeon Pro Vega」のGPUオプションを追加すると発表した。11月下旬から選択できるようになる。

15インチMacBook Pro

 Vegaアーキテクチャをベースとしたモバイル向けGPUで、メモリ帯域幅192GB/sのHBM2(High Bandwidth Memory 2)を採用。GDDR5ベースのGPUに比べ実装面積を抑えつつ、3Dレンダリングや写真・ビデオ編集、1080p HDゲーミングにおいて優れたパフォーマンスを発揮するという。アップルによれば、既存のRadeon Pro 560X搭載モデルと比較して最大60%性能が向上したとしている(CPUはともに2.9GHz動作のCore i9を搭載したシステムで比較)。

AMD Radeon Vega Mobile

 追加されるのは、Radeon Pro Vega 20およびRadeon Pro Vega 16の2つ。コアクロックは順に1300MHz、1185MHz。メモリ容量はともに4GB。

購入ページのグラフィックスオプション。現在はグレーアウトしている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう