ニュース
» 2009年11月13日 20時02分 UPDATE

iアプリをWindows phoneアプリに変換して提供――ゲームメーカー5社がアプリックスの技術で

ゲームメーカー5社が、iアプリゲームをWindows phone向けアプリに変換して提供することが分かった。アプリックスのiアプリ自動変換ツールを利用した32タイトルがリリースされる。

[ITmedia]

 アプリックスは11月12日、ゲームメーカー5社がアプリックスのiアプリ自動変換ツール「Mobile Game Deployer」(以下MGD)を利用して開発したWindows phone向けゲームを、「Windows Marketplace for Mobile」に提供すると発表した。ジー・モード、セガ、ハドソンと2社のゲーム会社が計32タイトルを提供する。

 Windows Marketplace for MobileはMicrosoftが運営するWindows phone用のアプリケーション配信サービスで、10月6日に世界29カ国でサービスが開始された。

 MGDは、iアプリを各種のオープンプラットフォームで動作するネイティブ・アプリケーションに自動変換し、Windows phoneなどの端末に短期間、低コストで配信可能にする。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.