ニュース
» 2010年10月07日 16時34分 UPDATE

ソフトバンク、3月以外で過去最高となる純増33万超――2010年9月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が2010年9月末時点の携帯・PHS契約数を発表した。ソフトバンクモバイルは、3月をのぞくと過去最高となる33万2600の純増を獲得した。iPhone 4需要が引き続き大きく寄与している。

[園部修,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)が10月7日、2010年9月末の携帯・PHS契約数を発表した。携帯電話とPHSを合わせた合計契約数は1億1917万8500で、前月から0.5%の増加となっている。ウィルコムのPHSが苦戦を強いられているが、携帯各社は契約数をさらに伸ばしている。

グループ名 2010年9月純増数 累計
NTTドコモ 10万9400
 2in1:−3300
5689万4600
 2in1:42万0600
KDDI 9万1400 3229万1200
ソフトバンクモバイル 33万2600
 DN:−100
2347万4200
 DN:3万5700
イー・モバイル 6万8500 274万0800
携帯総計 60万1900 1億1540万0800

 NTTドコモは8月の実績よりやや減ったが、10万9400の純増を獲得。ソフトバンクモバイルには大きく水をあけられたが、引き続き純増2位の位置はキープしている。ドコモの10万超の純増は10カ月連続となった。9月は、iモードと同じメールアドレスが使えるスマートフォン向けサービス「spモード」の提供が始まったこともあり、「Xperia」を始めとするスマートフォンの契約が前月よりも増加。解約率も8月より低下したことが純増につながった。

 KDDIも「IS01」や「IS02」などのスマートフォン需要が契約増につながり、9万1400の純増になった。IS seriesの在庫不足が解消され、契約が伸びているほか、デジタルフォトフレーム「PHOTO-U SP01」やCDMAとWiMAXのハイブリッドデータ通信端末などのデータ通信系端末も増加傾向だという。このほか2010年度上半期の期末ということで、法人需要も前月より大きかったとのこと。

 ソフトバンクモバイルは、2009年3月以来の30万超の純増だった。33万2600の純増という数字は、9月としてはもちろん過去最高で、年間を通して最大の商戦期である3月をのぞけば、かつてない規模の数字。引き続き「iPhone 4」が契約獲得に大きく影響している。特に発売直後よりも在庫が潤沢になり、iPhone 4が販売しやすい状況になっていることが大きいという。ケータイ夏モデルも好調だ。

 イー・モバイルもデータ通信端末が好調で6万8500の純増。モバイルWi-Fiルーター市場が盛り上がりを見せており、その中でも草分け的存在である「Pocket WiFi」が契約獲得の原動力となっている。また9月23日まで月額料金が4000円を下回るキャンペーンを行っていたことも影響したようだ。9月中旬にAppleの新型「iPod touch」が発売されたことを受け、新iPod touchとPocket WiFiをセットで販売したことも契約増に結びついた。

photo 純増数の推移
photo 純増シェアの推移
※初出時に、純増シェアの推移のグラフに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。(10/25 14:00)

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −4万3400
KDDI −3万2000
ソフトバンクモバイル 7万6100
イー・モバイル −800

 番号ポータビリティ(MNP)の利用状況は、8月とほぼ変わらないレベル。ソフトバンクモバイルが唯一転入超過で7万6100増を記録し、そのほかのキャリアはマイナスとなった。MNP利用者の多くはiPhone 4を利用するためソフトバンクモバイルに転出しているとのことで、ドコモやKDDIから新しいスマートフォンが登場する今秋以降、状況がどう変わるだろうか。

photo MNP利用状況の推移
※初出時に、MNP利用状況の推移のグラフに誤りがありました。お詫びして訂正いたします。(10/25 14:00)

2010年9月純増 累計
・システム別
NTTドコモ(W-CDMA) 24万0900 5494万0400
NTTドコモ(PDC) −13万1500 195万4200
au(CDMA2000 1x) 9万8600 3210万4900
au(cdmaOne) −7200 18万6300
ソフトバンクモバイル(W-CDMA) 33万2600 2347万4200
イー・モバイル(W-CDMA) 6万8500 274万0800
合計 60万1900 1億1540万0800
・プリペイド契約
NTTドコモ −1600 3万1100
au −4900 33万2700
ソフトバンクモバイル 2万6800 75万6200
イー・モバイル 1000 6万9400
合計 2万1300 118万9400
・通信モジュール
NTTドコモ 1万9600 180万3400
KDDI(auモジュール系サービス用回線数) 3万8400 123万0400
ソフトバンクモバイル 6万9300 90万1500
合計 12万7500 393万5300
・IP接続サービス
iモード/spモード(NTTドコモ) 13万1100 4918万4600
EZweb/IS NET(KDDI) 2万1900 2716万5000
Yahoo!ケータイ(ソフトバンクモバイル) 21万1600 1826万6300
EMnet(イー・モバイル) −7400 4万4900
合計 36万2900 9466万0800

ウィルコムは再び3万超の純減に UQは4万超の増加

 400万契約を割ってなお純減が続くウィルコムは、9月もPHSが3万9500の純減となった。8月にいったん減少ペースが緩んだが、再び解約が増えている。WILLCOM CORE 3Gは4300の純増だが、PHSの解約を補うほどの増加にはなっていない。なおWILLCOM CORE 3Gについては、ネットワークをNTTドコモからソフトバンクモバイルに変更し、10月以降に提供される予定だ。HYBRID W-ZERO3の販売再開も発表された。

 UQコミュニケーションズのUQ WiMAXサービスは4万3400契約増えて累計は33万7100契約になった。

ウィルコム 2010年9月純増 累計
PHS −3万9500 377万7700
WILLCOM CORE 3G 4300 12万2900
−3万5200 390万0600

UQコミュニケーションズ 2010年9月純増 累計
UQ WiMAX 4万3400 33万7100

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.