調査リポート
» 2012年02月01日 21時24分 UPDATE

調査リポート:MMD研究所、スマホユーザーのブランド認知やアプリ利用実態などを調査

MMD研究所がスマホユーザーを対象にしたアンケート調査を実施した。人気の端末ブランドやアプリの利用実態などの調査結果が公開されている。

[山田祐介,ITmedia]

 MMD研究所は1月31日、スマートフォンユーザーの意識調査の結果を発表した。調査は1月20〜24日まで、スマートフォンユーザーを対象に実施したもので、有効回答数は900人。スマートフォンのブランドの人気や、アプリの利用実態、ケータイからの乗り換えに関する意識、無線LAN機能の利用状況などを調査している。

スマートフォンのブランドについて

 対象者に「スマートフォンといえば思い浮かぶブランド」について聞くと、「iPhone」と回答した人が94.6%で最多だった。これに「Xperia」が65.8%、「Galaxy」が64.6%と続いた。「次回機種変更するなら選びたいブランド」についても、「iPhone」(59.7%)、「Xperia」(25.6%)、「Galaxy」(17.2%)と、順位は変わらなかった。

photo

端末の使いこなし度やアプリの利用について

 スマートフォンをどのくらい使いこなせていると思うかを聞くと、50.9%が「十分に使いこなせている」と答え、最多だった。次に多かったのが「あまり使いこなせていない」で33.9%。「完璧に使いこなせている」と回答した人は8.3%と1割を切った。

photo

 ダウンロードアプリ数の平均は35個で、有料アプリ限定だと平均8個という結果になった。良く使用しているアプリの平均は9個だった。アプリのダウンロード数が「1〜20」だったユーザーには、アプリをあまりダウンロードしない理由についても聞いた。最多の答えは「端末のストレージ容量が気になる」で、38.2%だった。また、37.1%という僅差で「ウイルスなど、セキュリティ面が不安だから」がこれに続いた。

 「有料アプリ」をダウンロードしたことがあるユーザーは全体の56.2%。購入を検討するアプリのジャンルを聞くと、「有名ゲーム」が30.6%、「ミュージック系」が26.3%、「地図、ナビ・交通系」が25.2%、「セキュリティ」が23.9%で上位を占めた。


photo

スマートフォンへの乗り換えに関する意識や不満

photo

 従来のケータイからスマートフォンに乗り換える際に不安に思ったことについては、「通信料金が高くなりそう」という回答が58.3%、「タッチパネルの使いづらさ(不慣れ)」が39.4%、「使いこなせる自信がない」が31.8%だった。

 現在のスマートフォンの料金プランに対しては、「どちらかというと満足」が最も多く、37.7%を占めた。「どちらかと言うと不満」は32.7%、「かなり不満」が8.4%、「非常に不満」が5.6%だった。

Wi-Fiの利用状況

 Wi-Fiの利用状況は、「自宅での利用(頻繁に使う+時々使う)」が65.9%だったのに対して、「屋外での利用(頻繁に使う+時々使う)」は38.2%にとどまった。3G、Wi-Fi、次世代通信規格などのネットワークの使い分けに関しては、「意識したことがない」との回答が最も多く、37.8%だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.