ニュース
» 2012年08月30日 11時30分 UPDATE

表現力豊かな業務コンテンツをタブレットに配信――「Handbook」がHTML5に対応

HTML5を使ったより高い表現力のカタログや営業資料をスマートデバイスで――。インフォテリアが「Handbook」にHTML5コンテンツの登録・表示機能を追加した。

[後藤祥子,ITmedia]

 より高い表現力のカタログや営業資料をスマートデバイスで――。インフォテリアは8月30日、iOS端末/Android端末向けの社内情報配信・共有サービスの「Handbook」に、次世代Web標準技術「HTML5」を利用したコンテンツの登録・表示機能を追加した。

sa_info01.jpgPhoto HTML5を利用した表現力豊かなコンテンツをカタログや営業資料として利用できるようになる

 HTML5は、Webページを記述するためのマークアップ言語HTMLの最新版で、CSSやJavaScriptなども含めた最新のWeb技術として語られることが多い。従来のHTMLに比べて表現力が格段に向上し、Webアプリのような動的なコンテンツも開発できることから、コンテンツ業界の注目を集めている。

 スマートデバイス向けコンテンツ配信プラットフォームを手がけるインフォテリアは、営業や接客でタブレット端末を使う場合に、より高い表現力やインタラクティブ性を持つコンテンツが求められていることから、HTML5に着目。コンテンツをタブレット端末に配信する上で課題となる(1)独自の表示用アプリに埋め込んで配布するか、Webサーバ経由で配信する方法に限られる(2)制作や配布の手間がかかる(3)クローズドな環境での利用や高いセキュリティが求められるシーンでの利用が難しい といった点を、Handbookの最新バーションをHTML5に対応させることで解決した。

 Handbook用のHTML5コンテンツは、HTMLファイルに加え、画像や動画、CSS、JavaScriptなどをまとめてパッケージ化でき、豊かな表現力のコンテンツをセキュアに一括配信したり、オフラインで利用したりできるという。

 インフォテリアではパートナー企業を通じた、Handbook用HTML5コンテンツの制作サービスも開始。サービス開始当初はアマナインタラクティブと富士通エフ・オー・エムの2社が対応する。HTML5コンテンツの制作サービスを新たに開始する企業向けには、10月からセミナーを開催する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.