ニュース
» 2013年02月07日 16時18分 UPDATE

iPhoneの有無で明暗分かれる――2013年1月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が発表した2013年1月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報によると、ソフトバンクモバイルは純増1位、KDDIはMNP転入数で首位を獲得する一方、NTTドコモは2カ月ぶりの純減を喫し明暗が分かれた。

[園部修,ITmedia]
グループ名 2013年1月純増数 累計
NTTドコモ −1万2900 6097万5200
KDDI 16万7500 3698万4700
ソフトバンクモバイル 24万1600 3156万3600
イー・アクセス 非公開 非公開
携帯総計 39万6200 1億2952万3500

 電気通信事業者協会(TCA)が2月7日、2013年1月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル3社の累計契約数は1億2952万3500件。PHSの累計契約数は498万6900件で、携帯電話3社とPHSの合計契約数は1億3451万0400件だった。イー・アクセスは契約数を四半期決算でのみ公表しているため、同社の契約数は数字に含まれていない。

 例年、1月の携帯電話販売は12月よりも減るため、市場の規模が小さくなるが、KDDIとソフトバンクモバイルは引き続き大きく契約数を伸ばしている。ソフトバンクモバイルは24万件超の純増で、連続純増記録をさらに更新。KDDIも16万件超の純増だった。一方NTTドコモは苦戦し、同社の契約数は−1万2900件と、2012年11月に続いての純減となった。

MNPはKDDIが引き続きトップ

 純増1位のソフトバンクモバイルは、引き続きiPhone 5の好調による契約増が大きい。新しいiPhoneを購入した後、古いiPhoneを家族に渡し、家族が割安な月額料金で利用できるキャンペーン「スマホファミリー割」が好評を博している。また「『つながりやすさ』や『通信速度の速さ』といった点が徐々に浸透してきている」(広報部)ことも、契約増につながっているという。iPhone 5以外では、防水性能を備え、フルセグ/ワンセグでテレビが見られる「PhotoVisionTV 202HW」の契約も伸びている。なおソフトバンクモバイルのMNPの転入数は、2012年度で最多となった。

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −14万4700
KDDI 8万3900
ソフトバンクモバイル 6万1800
イー・アクセス −1000(推定)

 2位のKDDIは、11月から12月にかけてAndroidスマートフォンのラインアップが出そろい、iPhone 5を含め、春商戦に向けたラインアップが一通りそろっていたのが強さの理由だという。純増やMNPの転入超過が比較的安定しているのは、「auスマートパスやスマートバリューといった、サービスとau端末の組み合わせによる独自のメリットが利用者に浸透したため」と広報部。新規契約の増加が、端末の魅力のみに依存する状況ではないため、勢いが衰えないのが強みだ。iPhone 5の販売は、発売当初の勢いと比べると落ち着いたものの、底堅い需要があるという。

 一方NTTドコモは1万2900件の純減だった。2012年末から2013年の初頭にかけて、MNP(番号ポータビリティ)制度を利用したポートアウトが多く、マイナスをカバーできるだけの新規契約を獲得できなかったのが大きな要因の1つだという。また、Xiスマートフォンの基本料金が1年間実質0円になる「Xiスマホ割」と、ファミリー割引グループで端末を同時購入すると1台当たり最大1万500円引きする「家族セット割」が1月17日に終了し、18日から新たに「応援学割2013」がスタートしたが、この家族セット割の終了直前に駆け込み需要があり、その後販売が低迷したという。22日に2013年春モデルを発表し、買い控えも起きているとのこと。

Photo 純増数の推移。イー・アクセスは2011年12月分から契約数を四半期毎の決算時にのみ開示しているため、数値を掲載していない
Photo 純増シェアの推移
Photo MNP利用状況の推移

PHSは2月中に500万超えか UQも400万契約目前に

 Wireless City Plannningは、14万5400件の純増で累計契約数は86万4200となった。ソフトバンクモバイルが展開するAXGP対応Androidスマートフォンの販売による契約獲得が中心とみられるが、順調に契約を伸ばしている。モバイルWiMAXを展開するUQコミュニケーションズも5万5400件の純増。KDDIが主力のAndroidスマートフォンにWiMAXを搭載していた頃と比べると伸びは鈍化しているが、400万契約が目前に迫っている。

 ソフトバンクモバイル傘下に入って以来復活を遂げたウィルコムは、すでに3GのMVNO契約を合わせると524万6100件の契約を持っているが、PHS単体でも500万契約を伺う勢いだ。1月末に498万6900契約となっており、このまま勢いが衰えなければ2月中に500万契約を超えるだろう。

Wireless City Planning 2013年1月純増 累計
AXGP 14万5400 86万4200

UQコミュニケーションズ 2013年1月純増 累計
UQ WiMAX 5万5400 398万4500

ウィルコム 2013年1月純増 累計
PHS 4万3600 498万6900
WILLCOM CORE 3G 8400 25万9200
5万2000 524万6100

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.