連載
» 2009年10月22日 09時12分 公開

あなたの不安、見積もります:わたしが「家でも立ち読み」する理由

よく「どうやってそんなにたくさんの本を読んでいるのですか?」と聞かれます。なかなか答えるのが難しい質問なのですが、そもそも、わたしはそれほどたくさんは読んでいないのです。

[佐々木正悟,Business Media 誠]

 職業柄か、本をたくさん読んでいると思われているようです。しかも、速読術を解説した書籍などが一時期流行したせいか、速読もできるに違いない、などとも思われているようです。先日もこんな質問をいただきました。

ビジネスパーソンの不安ポイント

 佐々木さんはどうやって大量の本を読んでいるのですか? わたしも情報のインプットを増やしたいと思ってはいるのですが、通勤時間に読書をするくらいで、なかなかそれ以上の時間を確保できません。仕事で帰りが遅くなることが多いので、帰宅後は本を読む気力もなく、倒れるように寝てしまう毎日です……。


 この質問への答えはとても難しいのです。実際は、あまりたくさんの本を読んでいないのですが、そう言っても納得してはもらえません。また、確かにある種の人(わたしの母など)に比べれば、わたしは非常にたくさんの本を読んでいますが、ある種の人(例えば父など)に言わせれば、わたしの読書量は「まったく足りない」のです。要するに、相対的な問題なのです。

 ですがやはり職業柄、多少は本を読まねばなりません。ときには、必ずしも読みたい本でないのに、ページをめくらなければならないこともあります。そんなときには「速読できたら……」などと考えてしまいがちですが、実際にはわたしくらいの読書量であれば速読技術は不要です。

 参考までに、「わたし程度の読書量」の中身を紹介しておきますと、

  • 週に1冊のビジネス書(1日に25分弱)
  • 古典的な心理学書を1日に25分読む(読み直しも含めるので分量はその日によってまちまち)
  • 心理学の英語記事を1日にざっと流して1記事か、または2ページ程度(疲れによる)
  • 一般書を好きなだけ(就寝前などに。マンガ・雑誌を含む)

 最後の「一般書」を除くと、わたしが1日の読書にかける時間は1時間程度であることが分かるでしょう。「ひと月で10冊いくかどうか」程度の読書量であることも分かるはずです。

 もちろん、ブログを書きながら、あるいは原稿を書きながら参考資料を読み飛ばしていく分は、ここには含みません。それらを入れれば、ひと月に20〜30冊くらいになるでしょうが、それらは読んだうちに入りません。

 わたしのように、「本読みというほどではないが、本を読む必要があって、ある程度は本が好きである」という程度の人間には、二通りの読書があると思っています。「立ち読み」と「座り読み」です。

 「立ち読み」というのは、書店でよくやるあれですが、特別な書店でない限り、書店で「座って読む」ことは不可能です。「立ち読み」でけっこう読めるものだということを、書店巡りが好きな人はよく知っているでしょう。

 だからわたしは、「家でも立ち読み」しています。これで読み進められる分量はそこそこになるのです。書棚の前で本を読み始めたら、そのままの姿勢で読み続けます。立っているだけに、つまらない個所は読み飛ばすなど、本に対して基準が厳しくなるので良いのです。わたしは電車でも、本を読むときは立っています。

 「座り読み」は、「読み込む」ためにする読書ですが、わたしはこれを、古典心理学書など、よほど読み込みたい理由がない限りあまりやりません。「読書家」の人たちを見ていると、同じ姿勢でいつまでも本を読んでいられますが、わたしはそんなことをしていると眠くなってきます。そこであまり読書家のようなまねはせず、時間を区切って、よほど読みたい本だけを座って読むことにしているわけです。

 「速読」もできず、「座って読むと寝てしまう」ように活字が苦手にもかかわらず、なお「本をたくさん読みたい」という困った事情をお持ちの方は、わたしのように立ち読みの量を増やしてみてはいかがでしょうか? 変な話ですが、座ってじっくり読み込もうとしなければ、本は存外読むことができるものです。

著者新刊のお知らせ

 Lifehacking.jpの堀正岳さんと共著で、『iPhone情報整理術 あなたを情報“強者”に変える57の活用法!』という本を技術評論社から10月21日に出版します。

「GTDを中心に、タスク管理を iPhoneで行うためのワークフロー」
「オンラインストレージを使ったiPhoneの記憶容量拡張方法」
「iPhoneで実践するライフハック」

 などをテーマとし、iPhone書としては今までにない、仕事に活かせるミッシングマニュアルを書き上げられたと自負しています。

 ページレイアウトなど、見た目にも非常にこだわりました。書店などでお見かけしたら、ぜひ手にとってご覧ください!

筆者:佐々木正悟

 心理学ジャーナリスト。専門は認知心理学。1973年北海道生まれ。1997年獨協大学卒業後、ドコモサービスに派遣社員として入社。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、2004年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。著書に、『スピードハックス』『チームハックス』のほか『ブレインハックス』、『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』、『やる気ハックス』などがある。「シゴタノ!−仕事を楽しくする研究日誌」にて「心理ハック」を連載中。ブログ「ライフハックス心理学」主宰。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -