ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「乗り換え」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「乗り換え」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本「みどりの窓口削減凍結」に、改めて思うこと
JR東日本は5月8日、定例社長会見で「みどりの窓口の削減方針を凍結する」とした。3年前の440から209まで減らしており、2025年までに70%程度に減らす方針だった。しかし混雑解消には、凍結ではなく増やす必要がある。オンライン予約とチケットレスは便利だが、改めて思うことがある。(2024/5/11)

都市の構造が変化:
なぜ「池袋〜新宿〜渋谷」は混んでいるのか? “郊外”だった駅が繁栄したワケ
平日でも混雑している山手線の西側エリア。開業時の利用者はほとんどいなかったが、なぜここまで繁栄したのだろうか。(2024/5/9)

日本の数倍の“物量”だ……! 中国に行ったら「ウルトラマン」人気のすさまじさに驚いた
今回はとも子の中国・上海旅行記です。(2024/4/27)

「Yahoo!乗換案内プラス」提供開始 月額150円で広告非表示やより細かなルート検索が可能に
LINEヤフーは、有料オプション機能「Yahoo!乗換案内プラス」を提供開始。従来の検索条件に加え、さらに細かな設定項目を追加してルート検索が行える。このほか「こだま・ひかり検索」や「広告非表示」など4つの機能を利用できる。(2024/4/23)

JR東「エキュート秋葉原」を25年春に開業 ランドマークとなるエキナカ空間を目指す
JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニー(東京都渋谷区)は4月18日、JR秋葉原駅構内の商業施設「エキュート秋葉原」を着工したと発表した。2025年春の開業を予定する。(2024/4/21)

小3の娘に「予算10万円で1泊2日の家族旅行」の計画を任せてみた……ステキなアイデアに「良い社会勉強」と反響
出発前から楽しそう。(2024/4/16)

スマートグラス「XREAL」ユーザーが「Rokid」に浮気した理由 実機比較で分かったこと
「メガネのように軽くて、かければ目の前に大画面」──このような製品が増えている。筆者は「XREAL Air 2 Pro」ユーザーだが、Android TV搭載デバイスの「Rokid Station」、スマートグラス「Rokid Max」に浮気しそうだ。なぜそう感じたのか、実機を交えてレビューする。(2024/4/14)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道「新幹線開業後」の明るい未来  札幌〜旭川間60分、札幌〜新千歳空港25分
JR北海道が4月1日、「JR北海道グループ中期経営計画2026」を発表した。厳しい経営状況が続くが、明るい話題もいくつか見られる。今回はこの計画に書かれた明るい未来を、鉄道経済目線で紹介する。(2024/4/13)

経済の「雑学」:
「目黒駅」と「中目黒駅」の違いは何か 周辺交通を分析してみた
目黒区の外にある「目黒駅」と、区内にある「中目黒駅」。区内の鉄道、バスの実態はどうなっているのか。周辺交通に乗車し、調べてきた。(2024/4/11)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
「マーケを学んだが、実践で使えない」 不足する“リアリティー”を磨く生活習慣術
マーケティングの基礎学習を重ねても、「なぜか実践で使えない」という事態に陥ることはよくある。その理由は「リアリティーの不足」にある。リアリティーを磨くために日常でできる習慣を紹介する。(2024/4/10)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
東京で「舟通勤」は定着するか? ノー渋滞で快適も、課題は山積み
鉄道・バスといった通勤の選択肢に「船」を加え、通勤・通学に使える小型船の定期航路を開設する取り組み「TRY!舟旅通勤」が、2023年10月から始まった。筆者は通勤手段として船が加わることに意義はあるが、現状ではまず定着しないだろうと考えている。現状はどのような問題があるのか、考察していきたい。(2024/4/10)

突然のスマホ故障で焦らないためには? 高額な修理費用を回避して最新iPhoneを入手した話から考える
筆者の姉が使っていたiPhone 13 miniが突然の故障。修理費用の見積もりは満額の約6万円……。さてどうする?(2024/3/27)

「消えた」千里中央行き 北大阪急行延伸、終着駅の役目終える
北大阪急行(北急)の千里中央(大阪府豊中市)−箕面萱野(同府箕面市)間が23日、延伸開業した。これに伴い昭和45年の北急開業以来、千里ニュータウンへのアクセス拠点として親しまれてきた千里中央駅が、終着駅としての役目を終えた。(2024/3/24)

ジョルダンに聞く「乗換案内」30年の歩み 「iPhoneが新しい地平を開いてくれた」
30周年を迎えたジョルダン「乗換案内」は、一貫してモバイルファーストの姿勢がある。フィーチャーフォンからスマホ時代への激動の中、どのように変化しているのか。長年サービスに携わる“レジェンド”に伺った。(2024/3/19)

乗り間違えたらショックでけぇ…… 東京にも埼玉にもある「小川町駅」がワナすぎて話題
電車で90分以上の距離あるよ……。(2024/3/15)

新たな歴史刻む北陸新幹線延伸終着駅の敦賀 かつては「東京ーベルリン」への経由地だった
16日に北陸新幹線が延伸され、東京と直結する福井県敦賀市。明治時代から戦前まで「欧亜国際連絡列車」が発着し、ウラジオストク(ロシア)への定期航路が出ていた同市は「鉄道と港のまち」として知られ、その歴史を学べるのが、敦賀港の近くにある「敦賀鉄道資料館」。(2024/3/5)

ネットで「障害者割引乗車券」「車椅子対応指定席」を予約可能に JRのきっぷ予約サイト「えきねっと」「e5489」で
JR東日本とJR西日本が、それぞれ自社のきっぷ予約サイトにおいて「障害者割引乗車券」「車椅子対応指定席」の予約に対応する。障害者割引乗車券の予約は、マイナンバーカードを取得した上で「マイナポータル」と連携させる必要がある。(2024/2/20)

ディーン・フジオカ、一般人に混ざった“電車移動”が違和感しかない 身を小さくした乗車姿に「いたらって想像するだけでドキドキ」「夢のよう」
いい意味で電車が似合わない。(2024/2/6)

「駅すぱあと」アプリ、経路検索でリアルタイム運行情報を提供 首都圏の鉄道6社局で
ヴァル研究所のアプリ「駅すぱあと」にて、経路検索結果で首都圏の鉄道事業者5社局のリアルタイム運行情報を提供開始。「現在の遅延状況」も考慮して経路を検討できるようになる。(2024/1/23)

運行本数1.5倍「駅」3倍 BRTで再生の日田彦山線
平成29年7月の九州北部豪雨で不通となっていたJR九州の日田彦山線の一部区間が今年8月、バス高速輸送システム(BRT)に生まれ変わった。(2024/1/11)

姿見え始めた「なにわ筋線」 大阪に人が集中して“人口格差”を懸念
令和13年に開業する新線「なにわ筋線」の姿が見えてきた。(2024/1/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
人口も観光資源も十分なのになぜ? 大阪・金剛バスが路線廃止になった根深すぎる理由
苦境が取り沙汰されることの多い路線バス。最近では、大阪を拠点とする金剛バスの件が話題になった。大都市圏から近く、観光資源もあるのに、なぜこのような結果を招いたのか。(2023/12/21)

MVNOに聞く:
日本通信が“安すぎる”30GBプラン提供に踏み切った背景 福田社長「反響すごかった」
日本通信が月額2178円の「合理的30GBプラン」を提供開始した。30GBのデータ容量と1カ月間合計で70分間の無料通話をセットにしたプランで、1回5分の音声通話定額を選択することも可能。今回の料金プラン改定や、あえて大容量のユーザーにキャリアを勧めた狙いはどこにあったのか。福田社長に聞いた。(2023/12/20)

「海外ベンダーに合わせてばかりの日本企業は“けなげ”だ」 花王グループのSAP Concur乗り換え話
花王グループがSAP ConcurからSAPPHIREに移行した。採用企業の多いSAP Concurだが、その先行きは怪しいかもしれない。(2023/12/20)

IOWNの低遅延はどれだけ“リアルタイム”なのか 「IOWN WEEK」イベントで見えた実力
NTTグループ(日本電信電話、東日本電信電話、NTTドコモ)、東急不動産は次世代通信構想「IOWN」の技術を使ったイベント「IOWN WEEK」を東京・渋谷で開催した。対象は事前に招待された関係者や報道陣。3社が6月7日に合意した「IOWN 構想に関連した技術・サービスなどを活用した新たなまちづくりに向けた協業」に関する最初の取り組みとなる。(2023/12/14)

MVNOに聞く:
好調「NUROモバイル」の戦略を聞く 2つの新料金プランは“真逆”だけどニーズあり
NUROモバイルが、バリューコマースの最上位プランとして、15GBの「VLLプラン」を導入。一方で、それとは真逆の動きとして、音声通話定額と1GBのデータ容量がセットになった「かけ放題ジャスト」も開始した。一見すると、真逆の料金プランを追加したように見えるNUROモバイルだが、ユーザーの動向を踏まえた上での改定という共通項がある。(2023/12/13)

経済の「雑学」:
東京で隣の駅が「近すぎる」路線が存在するワケ
東京駅と有楽町駅、日暮里と西日暮里駅のように、都会には、駅間距離が短い場所がある。なぜ、そのような駅の設置の仕方をしたのだろうか。その理由は……。(2023/12/9)

経済の「雑学」:
住んでみたい街1位「目黒」が納得できる、これだけの理由
新築マンション購入希望者が「住んでみたい街」ランキングで1位に選ばれた目黒。選定理由を見ると「交通の便が良いから」がトップだが、実際どのような点が魅力なのだろうか。(2023/11/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
利用されない指定席券売機 やっぱり「駅の窓口廃止」は間違っている
インターネット予約のおかげで、新幹線の移動はとても便利になった。交通系ICカードと予約情報をひも付ければきっぷは不要。しかし便利なのは移動が新幹線で完結する場合だけで、在来線を乗り継いだり、一筆書き経路では窓口がないとお手上げだ。ところがその窓口が激減している。(2023/11/10)

4年ぶり復帰の沢尻エリカ、“アンニュイな金髪”の舞台ビジュアルで注目集める 「ちょっと雰囲気変わりました?」「似合いすぎな件」
エリカ様、復帰!!!(2023/11/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ中央線は「グリーン車」を導入するのか 2つの“布石”が見えてきた
JR東日本が中央線快速電車に導入するグリーン車を、2024年度末の導入に向けて報道公開した。グリーン車は日本の鉄道の上級座席だが、なぜ上級座席があるのか。中央線快速電車のグリーン車導入を、大手私鉄の通勤用着席サービス列車と並べた報道もあったけれど、経営施策としては意味合いが違う。(2023/10/28)

後編:
激変する大阪の街並み まだ見ぬ“集客ポテンシャル”とは?
大阪府と大阪市が官民一体で進めている都市再生事業「大阪7大再生プロジェクト」。記事後編では、都心から少し離れた副都心や都心の辺縁部にあたる「天王寺・阿倍野」「大阪城公園(OBP)」「臨海部」に焦点を当ててみたい。各エリアの特徴を探り、点でつないでいくと、大阪府市が描く街づくりの戦略や意図が浮かび上がる。(2023/10/26)

経済の「雑学」:
山手線の駅にも! 自動改札機だけの「無人改札口」は、何のためにあるのか
東京圏の駅では近年、新しいタイプの「無人」改札が増えている。駅員はいるのだが、なぜか改札は無人なのだ。その理由は……?(2023/10/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「クルマのボディサイズ」が大きくなっている、これだけの理由
「クルマの大きくなっているなあ」と感じる人も多いのでは。駐車場は狭いままなのに、なぜ大きくなっているのか。背景を探っていくと……。(2023/9/28)

男女495人に聞いた:
「首都圏で住みたい路線」ランキング 2位「中央線」、1位は?
AlbaLinkは、全国の男女495人を対象に「首都圏で住みたい路線」に関する意識調査を実施した。1位に選ばれたのは?(2023/9/19)

ニフティ調べ:
大阪の賃貸で注目の街ランキング 2位「大国町」、1位は?
ニフティライフスタイルは、「ニフティ不動産」のデータを基に「大阪の賃貸物件探しで注目の街ランキング」を発表した。1位に選ばれたのは?(2023/9/15)

富田望生、出待ちファンの“非常識なつきまとい”に恐怖 「電車の中やタクシーのドアが閉まる寸前まで……」
富田さん「非常識に後を付けるのはやめてください」(2023/9/12)

1位の価格相場は1930万円:
梅田駅まで30分以内の中古マンション 安い駅ランキングの結果は?
リクルートは「梅田駅まで30分以内、中古マンションの価格相場が安い駅ランキング」を発表した。1位は……。(2023/9/12)

経済の「雑学」:
「西武新宿駅」はなぜ離れているの? ターミナルは別の駅だった
「新宿」と付く名前の駅は多数あるが、中でも異質な場所にあるといえるのが西武新宿駅だ。なぜ同駅は新宿駅から離れた場所に誕生したのか。そのワケは……。(2023/9/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「品川駅」改良の全体像が見えてきた 交通結節点としてどうなる?
京急電鉄とJR東日本が連名で品川駅周辺の開発計画を発表した。京急電鉄の地平プラットホーム化で生まれる上部空間にビルや低層デッキができる。これで品川駅周辺のまちづくりプランがそろった。そして品川駅は今後、リニア中央新幹線、東京メトロ南北線分岐線と、交通結節点としてもさらに便利になる。(2023/9/9)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマに依存しすぎない街づくり、公共交通の充実と通行料
1週間お疲れさまでした。9月が始まりましたね。このままあっという間に年末に突入してしまう気がします……。今週は国内では75年ぶりとなる新設の路面電車「芳賀・宇都宮LRT」が栃木県宇都宮市と芳賀町で開業しました。通勤で早速使ってみたという方もいらっしゃるでしょうか?(2023/9/2)

家賃が安い始発駅ランキング 新宿、東京、渋谷、池袋の通勤者向け
座りながら電車通勤できる可能性が高い始発駅。新宿通勤者にとっての始発駅で、最も家賃相場が安いのは……。(2023/8/29)

新たにラオスに対応:
乗換案内アプリ「NAVITIME Transit」、東南アジアの鉄道カバー率100%に
ナビタイムジャパンは自社の世界の路線図・乗換案内サービス「NAVITIME Transit」が新たにラオスの鉄道に対応したと発表。これにより、東南アジアの国内鉄道網カバー率は100%に達したという。(2023/8/23)

NEWS Weekly Top10:
モバイルSuicaだけじゃダメなんです 券売機に並びまくった夏休み
先週は、交通系ICの「Suica」「PASMO」の記名式カード販売中止が話題になった。筆者はモバイルSuicaを使っているため自分自身には影響なかったのだが、小学生の子供の対応に困った。モバイルSuicaは使えない年齢なのに、休み中は頻繁に電車に乗るからだ。(2023/8/14)

湘南エリアの家賃が安い駅 2位タイに「平塚」など3駅、1位は?
LIFULLは、海のある暮らしを楽しめる湘南エリアに注目し、単身向け賃貸物件を対象とした「湘南ライフが叶う!家賃が安い駅ランキング」を発表。(2023/8/11)

羽田に行きやすく家賃が安い駅 2位「鶴見市場駅」「神奈川新町駅」、1位は?
不動産・住宅情報サイトを運営するLIFULLが「羽田空港へのアクセスが良くて家賃が安い駅ランキング」を発表した。(2023/8/8)

関西の主要な「未成線」:
実現してほしかった鉄道路線 関西の1位は?
住宅情報サイトを運営するLIFULLは、計画されながらも実現していない鉄道路線に関する調査を実施した。関西の主要な12の「未成線」で、実現してほしかった路線を尋ねた。(2023/7/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
もはや東京郊外ではない!? 関東の鉄道新線は「県都」に向かう
東京都市圏も大阪都市圏も鉄道新線計画が多く、そのほとんどが通勤路線だ。東京の周辺都市は、鉄道の発達とともに「東京通勤圏」として発展してきた。しかし近年の鉄道構想は「県都通勤圏」の充実にあるようだ。神奈川県、埼玉県、茨城県、栃木県の県都アクセス路線構想を俯瞰(ふかん)してみた。(2023/7/30)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
北海道新幹線は「函館駅乗り入れ」なるか? 課題は山積み
北海道新幹線は「函館駅乗り入れ」なるか? 大泉新市長の元、取り組みが進められるが課題は山積み。どうなる?(2023/7/26)

経済の「雑学」:
「ラウンドアバウト」ってなに? JR新宿駅で人がぶつからないように実験
多くの人が行き交う駅では、どのようにして人々の混雑を解消しているのだろうか。JR新宿駅ではこのたび、「人の流れ」を新たに作り出す試みが行われた。それは……。(2023/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。