ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「読書」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!読書→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で読書関連の質問をチェック

ファジー・アド・オフィス調べ:
この春始めたい「おうちで出来る趣味」 読書や筋トレを抑えた1位は?
総合住宅展示場の企画・運営を行うファジー・アド・オフィス(東京都新宿区)は、コロナ禍の趣味に関する調査を実施し、59.3%が「コロナ禍で休日の、自宅での過ごし方に変化があった」と答えた。(2022/4/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農氏の「みのりのアル話」。参加者から寄せられた質問に、寺田氏が生回答
60年のキャリアを持つ俳優であり、読書家の寺田氏が豊かな見識で参加者から寄せられた質問に答えてくれた。(2022/4/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
デジタル経済に30年遅れた日本企業必読の2冊――ウォンツアンドバリュー 永井孝尚氏
成功する起業家や経営者には読書家が多い。それでは、どんな本を読んでいるのか。世界の起業家が読んでいる経営理論の必読書50冊とは。(2022/3/8)

読書家の見た目だけ手に入る スマホをいじっても読書に見せかけられるケース「読書と見せかけて」発売
「何の本読んでいるんですか?」って聞かれたい。(2022/2/27)

【Kindleセール】最大70%オフの「KADOKAWA 冬の読書フェア」開催 『鹿の王』『ジョーカー・ゲーム』などの小説がお買い得
セール期間は2月24日まで。(2022/2/15)

カバー裏の小ネタが見たいあまり図書室の本を壊してしまった―― 読書好きの苦い思い出を描く漫画にほろり
反省の大切さ。(2022/1/8)

【Amazon 初売り】Kindleシリーズが最大5000円OFFのセール中 メールや通知に邪魔されず、読書だけに集中したい人に
最上位モデルの「Kindle Oasis」も2万4980円から。(2022/1/3)

【Kindleセール】最大50%オフの「KADOKAWA 年越し読書フェア」開催 『Re:ゼロから始める異世界生活』『オーバーロード』『幼女戦記』などがセールに
セール期間は1月6日まで。(2021/12/27)

CloseBox:
寒い夜は人をダメにするリモコンで読書寝落ちしよう
布団から手を出さずにページをめくれる、人をダメにするリモコンの登場である。(2021/12/14)

読書の速度を最大で2倍に? Webの文章を読みやすくレイアウトするChrome拡張「読書アシスト」期間限定公開
ワンタッチで行間の空いた読みやすいスタイルに。(2021/12/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
自己流では勝てない。セオリーを学び、プロフェッショナルを目指せ
『世界の起業家が学んでいるMBA経営理論の必読書50冊を1冊にまとめてみた』に学ぶプロフェッショナルの戦い方。(2021/11/18)

スピン経済の歩き方:
「愛読書は?」と質問する不毛な新卒採用を、日本人が始めてしまったワケ
愛読書はなんですか?――。就職採用試験で、こんな質問をする面接官が増えているという。そもそも、なぜ愛読書を聞くのがダメなのか。背景にあるのは……。(2021/11/16)

コロナ禍前と比較:
「読書の習慣がある」8割、よく読むジャンルは?
キャリアや就職・転職全般に関する研究や各種調査を行う機関「Job総研」を運営するライボは10月18日、「2021年 秋の読書実態調査」の結果を発表した。(2021/10/19)

【Kindleセール】最大50%オフの「秋の読書キャンペーン」開催 イラスト・デザイン関係の技術書やレシピ本も多数
(2021/10/6)

マンガ好き&読書好きが選ぶ「秋のメディア化作品・注目度ランキング」 1位は?
2021年秋のメディア化作品注目度ランキング。結果は?(2021/9/30)

習慣化アプリ「みんチャレ」で読書活動促進 横浜市西区と「みんなで読書チャレンジ in 西区」を開催
 習慣化アプリ「みんチャレ」を開発するエーテンラボ(東京都港区)は、10月1日から横浜市西区と共同で「みんなで読書チャレンジ in 西区」を開催すると発表した。読書活動促進に習慣化アプリを組み合わせた日本初の取り組みとなる。(2021/9/27)

三省堂書店、神保町本店ビルを2022年4月で解体・建て替えへ 新ビルは2025〜2026年竣工予定
“本の街の顔”として40年に渡って読書家たちから親しまれていました。(2021/9/2)

E Inkの読書端末に電子ノートが合体! 楽天「Kobo Elipsa」の電子ノート機能の実用度をチェックした
楽天の10.3型電子書籍リーダー「Kobo Elipsa」は、同シリーズの最上位モデルに当たる製品だ。電子ペーパー機能にフォーカスしてみていこう。(2021/8/23)

読書感想文が苦手だった人が映画レビュアーを目指すようになるまで きっかけを描いた漫画がすてき
感情があふれる作品と出会ったすてきな体験談。(2021/7/24)

小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
大人も勉強になる内容。(2021/7/23)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

「病院の待合室にあった大量のホラー漫画をまた読みたい」 子どもの頃の読書体験を描いた漫画に「なつかしい」と共感の声
病院ではまず本棚をチェック。(2021/6/4)

【漫画】「老後の楽しみは読書」と思っている人へ、介護職員が語る「若いうちに読むべき理由」が説得力ありすぎる 「老後なんて! 読めないから!」
原因は視力の衰えだけではなく……。(2021/6/2)

司書みさきの同人誌レビューノート:
柿の種、ナポリタン、鈴カステラーー あなたの“読書のおとも”は何ですか? エッセイ同人誌につづられた三者三様の読書時間
読むことと食べること。(2021/5/30)

【Amazonタイムセール祭り】Amazonデバイス特集 新型「Fire HD 10 タブレット」セットが約9000円オフ、「Kindle Paperwhite」もお買い得に
新型タブレットや読書専用端末など、Amazonデバイスがお買い得。(2021/5/23)

「中公新書の色」のマニキュアってどんな色? 読書好きが反応しそうなネイルカラーがステキ
他のシリーズも探したくなる。(2021/5/17)

Amazonが主導する出版業界の変革【前編】
「Kindle」「Audible」以上の衝撃か? Amazonが「POD」で起こす出版革命
Amazon.comは電子書籍サービス「Kindle」の市場投入や「Audible」の買収を経て、書籍の出版や購入、読書の方法を変えた。長期的な目で見ると、さらに大きな影響を及ぼし得るサービスがあるという。それは何なのか。(2021/3/5)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者4倍のオンライン読書会「ペアドク」 サービス責任者に狙いを聞いた
オンライン読書会の「ペアドク」が参加者を伸ばしている。「ペアドク」とは、30分本を読んで、30分感想をシェアするペア読書という読書法に、著者から話を聞き、直接質問ができる機会を加えて発展させたイベントだ。企画やコーディネートを担当する松原嘉哉氏に狙いを聞いた。(2021/3/3)

狂気の読書会を書籍化した『闇の自己啓発』、発売翌日に重版決定 既存の自己啓発に対する防衛術を語る
noteで人気の読書会記事が本になりました。(2021/1/22)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

ある作家の死が「本の世界」を教えてくれた 読書にのめり込んだきっかけを描いた漫画に反響続出
のめり込める作品に出会えたことの幸福。(2020/12/13)

今日のリサーチ:
読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。(2020/10/26)

Innovative Tech:
読書中にマーカー引くだけでダイヤグラム作成 ミシガン大学「texSketch」発表
読書のまとめが楽しくなる、ダイヤグラムが簡単に使えるシステム。(2020/8/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Kumar Karvepaku編(前):
インドのエンジニアは、チャレンジがない仕事を我慢できない
CACHATTO INDIAの社長を務めるKumar Karvepaku(クマール・カルベパク)氏。読書とクリケットが好きなインドの少年は「いつか故郷に自分の会社を」という夢をかなえるため貪欲に勉強し、アジア、米国、日本を飛び回った。そんなカルベパク氏に訪れた出会いとは。(2020/8/17)

全部分かると気持ちいい! 読書好きほど正解に近づく「分かる人には分かる画像」
どれがどこのアレかな?(2020/7/22)

Kindleストアで「夏の読書フェア」開催中。 『ダンまち』『ゴブリンスレイヤー』など人気ラノベが50%OFFに(7月30日まで)
人気作品がたくさん。(2020/7/22)

速く読めるようにレイアウト変換してくれるツール「読書アシスト」 日本ユニシスが期間限定で無償提供
走れメロスを10分で。(2020/7/16)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
チャットや読書も可能 世界初の“点字タブレット”に期待
視覚障害の方々は録音図書や点字印刷による書籍を利用されていますが、その数は書店に並んでいる書籍ほど多くはありません。誰もが手軽にどこでも点字を利用できれば、視覚障害者の方々も情報収集やコミュニケーションがより円滑に行えるようになります。そこで韓国のPCTが開発しているのが、ピンを使って点字を上下に動かして表示できる“点字タブレット”です。(2020/5/6)

早川書房のkindle書籍が4月13日まで大セール中! 外出できずに暇しているあなたへ、おすすめをピックアップしました
今こそ読書……!(2020/4/9)

ほろ酔い気分で読書を楽しむ 「本と過ごすためのビール」を作るプロジェクトがスタート 支援者を募集
どんなビールになるのか気になる。(2020/3/2)

「朝の読書時間を使って歌詞の穴埋めテスト」をする先生も 中学教員たちも競う“合唱コンクールのリアル”
「『合唱の良しあしには担任としての実力が現れる』と考えられていて」(2020/5/4)

書籍購入で総額500万円分の「QUOカードPay」が当たるキャンペーン
クオカードが書籍を購入するとQUOカードPayが当たる「総額500万円がもらえるキャンペーン」を実施。キャンペーン実施店舗では、QUOカードPay公式キャラクターが読書をしているデザインの限定ブックカバーとしおりも配布する。(2019/11/15)

うつぶせ読書派に朗報 うつぶせのままゲームも本もスマホも楽しめるクッション
これでうつぶせ読書がはかどりそう。(2019/10/30)

半径300メートルのIT:
豊かな学びは「サブスク読み放題」から?  読書で伸びる子どもたち
ペーパーレス世代のビジネスパーソンにも「本は紙じゃないと」という意識は根強いもの。それでは、電子書籍世代の子どもたちにとってはどうでしょうか? 統計から見える興味深い傾向から、技術が広げる可能性と大人の責務を思います。(2019/10/29)

Amazon、子供向けKindleを発表 「子供に読書習慣つけたい」親がターゲット
(2019/10/8)

「観葉植物を世話しておいて」→同居人が植物と読書やカードゲームで遊ぶ様子が送られてくる
“お世話”のクセが強い。(2019/7/14)

読書好きが選ぶ“夏のメディア化作品” 期待度1位は「ダンまち」満足度1位は「進撃の巨人」に
鬼滅の刃も良かった。(2019/6/27)

新型Kindle Oasisが発表 色調調整と防水で場所を選ばず読書ができる
価格は2万9880円から。(2019/6/20)

「私をなでてからにしなさい」 読書をはばむネコさんはけわしい顔つきでナデを求める
ネコさんの前で本を読む前にすることがある。(2019/6/1)

英語になると突然できなくなる“隠れ識字障害”とは モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(番外編)
読書が大好きな子が英語でつまづいてしまうこともあるとか。(2019/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。