ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「活字」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「活字」に関する情報が集まったページです。

芸人とゴミ清掃員の二足のわらじで学んだ“1本道じゃない生き方” 漫画「ゴミ清掃員の日常」インタビュー(4)
「3年以内にやめろよ」といわれた仕事がアイデンティティーに。(2019/5/30)

映画「バースデー・ワンダーランド」は“号泣不可避”、声優初主演・松岡茉優のワンダーランド体験を聞く
“大人が泣けるアニメーション”の巨匠、原恵一監督新作映画はやっぱり泣ける。(2019/4/26)

令和の“正しい書き方”から発展した神経衰弱ゲーム「令和衰弱」が登場 ニコニコ超会議2019で無料配布
「平成」から「令和」への移り変わりを感じる神経衰弱です。(2019/4/10)

言葉による内省:
難病と生きる「孤高の書道家」――スマホ時代に問う「手書きの意味」
スマートフォンが普及し、手で文字を書く機会を失いかけている時代に、組織や団体に属すことなく書の根源的な意味を探り続ける研究者がいる――。(2019/3/28)

「ゆっくりしていってね!!!」の声はどうやって生まれたのか 開発者が語る“起業エンジニアの生存戦略”
いわゆる「ゆっくりボイス」のエンジン開発者に取材しました。(2019/1/26)

4歳の頃、私は洗濯機の説明書をひたすら読んでいた
これはひとりの人間の読書体験の目覚めの話。(2018/12/21)

その発想はなかった! 文章入りのしおりで活字本に“CMをはさむ”アイデアがうまい
“はさむ”のダブルミーニングもCMの文面も秀逸。(2018/11/19)

帳票処理の自動化が可能に
AIを搭載した帳票設計不要のOCRサービス トーマツが提供開始
トーマツは人工知能(AI)モデルを搭載した財務・経理部門向けOCRサービスを提供開始した。見積書や請求書を読み取り、入力処理を自動化する。サービス導入後も使用履歴を通して学習し、識字精度を向上できる。(2018/11/16)

最近になって“ドイツ語の大文字が1つ増えた”理由
小文字は変わらず。(2018/10/31)

長期的に考える:
社長がフルコミットする必要はない――ポストミレニアル世代の経営戦略
働き方が多様化する中で、「ポストミレニアル世代」と呼ばれる若者は、「働く」ということをどう捉えているのか。17歳の時にYokiを起業した東出風馬さんに話を聞き、その仕事観を探った。(2018/10/18)

明朝体ソムリエになりたい人へ 『月刊MdN』2018年11月号で特集「明朝体を味わう。」が掲載
明朝体の違いがわかる大人への道。(2018/10/6)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

沈黙を不安に感じてはいけない:
ガチャ切りされない電話術、勝負は最初の15秒
「仕事で電話をするのは苦手」という人も多いのでは。では“ガチャ切り”されないためには、どうすればいいのだろうか。勝負は最初の15秒であって……(2018/9/13)

「昭和の人、尊敬」「活字だと信頼度が上がる」 昭和サラリーマンの企画書作成あるある漫画に共感と驚き集まる
昭和サラリーマンの仕事術。(2018/9/14)

必要なのは機能追加ではない
ハリケーン直撃を受けた「ひとり情シス」、HCIでどう事業継続計画を構築したか
ストレージ環境や本番環境を構築する場合は、災害からの復旧要件や災害の回避要件を設計目標に含めて、事業継続が確実にできるようにしよう。(2018/8/24)

“耳で聴く本”きっかけで読書機会増えた 利用者の5割
“耳で聴く本”オーディオブックの利用者の約半分が「読書する機会が増えた」と答えた――そんな調査結果を、オトバンクが発表した。(2018/8/2)

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは
いまでも戸籍や司法書士の関係者には現役で使われています。(2018/7/8)

漢字の「令」の書き方、どっちが正しい?
下をちょんって書く人いるよね。(2018/7/2)

【マンガ】宝石の「ルビー」が振り仮名の「ルビ」になった理由
ちゃんと歴史的な理由があるそうです。(2018/6/29)

図書館の本に付箋はNG! ページが剥がれる原因に、図書館が注意喚起
知らずに使っていた人も意外に多いようです。(2018/6/24)

英語の筆記体、「学校で習った」世代はいつまで? 近年は「リットルにも使わない世代」が登場
ますます学校で使う機会がなくなっています。(2018/6/23)

ドラクエやモンハンの世界をどう訳す? 「教会の十字架の形まで変える」ゲーム翻訳の奥深き世界
「最初の1カ月はまずゲームをしてくださいって言われました」(2018/6/17)

「本気の読書感想文、十万円で買います」 感想文を買い取って載せる実験的なメディアはなぜ生まれたのか
サイト管理人が「どれだけ心をゆさぶられたか」に応じて、5000円〜10万円で感想文を買い取り。(2018/5/28)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(40):
福井編:東京生まれ東京育ちのめがね男子、鯖江でアジャイル開発しつつ都会と地方のいいとこどりを目指す
めがね産業で有名な鯖江市にIT企業メンバーズエッジがオフィスを開設した。鯖江市は地方自治体では珍しく、オープンデータ活用や起業が盛んで、福井県で唯一人口が増加している市でもある。鯖江市の熱意とメンバーズエッジの思いが合致して生まれたオフィスに、東京生まれ東京育ちのエンジニアが着任した。(2018/4/24)

「モリサワ、グッズ売るってよ」
モリサワの書体をモチーフにしたオリジナルグッズ「MORISAWA TYPE PRODUCT」が登場(2018/4/12)

どうして本を読むとほめられて、マンガを読むと怒られたんだろう?
あの差はなんだったんだろう。(2018/2/24)

町の本屋にしかない“紙の本との出会い”を描いたマンガ『ぶっきんぐ!!』と『書店員 波山個間子』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第89回は、廃業に追い込まれている町の本屋さんの魅力を捉えたマンガ2冊を紹介。(2018/2/12)

水曜インタビュー劇場(開発公演):
プリンターがあるのに、なぜ「活版印刷機」が人気なのか
学研プラスの科学系ムック『大人の科学マガジン』が売れている。最新刊の付録は「小さな活版印刷機」。活版印刷の技術は15世紀に発明されたと言われているのに、なぜいま人気を集めているのか。その背景に迫ってみると……。(2018/2/7)

もう二度と購入できない貴重な「活版印刷機」と「活字一式」がスクラップの危機 Twitterで引き継げる人を募集
場所が確保できてすぐに受け入れられる人を募っています。(2018/2/4)

バーチャルYouTuber「輝夜月」1万字インタビュー 「それは竹www」誕生秘話、好きな食べ物は「チーズ」
「首絞めハム太郎」「動く抗うつ剤」などとも呼ばれる彼女の意外な一面が明らかに。(2018/1/30)

「部首」や「つくり」などを認識:
EduLab、AIを活用した手書き文字のテキストデータ化サービス「DEEP READ」を発表
EduLabは、手書き文字のテキストデータ化サービス「DEEP READ」を販売開始した。ディープラーニングに基づく同社独自のAI(人工知能)技術を活用し、9割以上の認識精度を実現した。(2018/1/19)

商流が変わるのは当然:
紙の書籍は、このまま存在することができるのか
先日発表された、日販による『出版物販売額の実態』によれば、出版物の売り上げの低下が止まらないようだ。ここ20年間で約半減。業界としてはひん死の状態だ。(2018/1/18)

新しい出版モデルの構築目指す:
幻冬舎とCAMPFIREが新会社 出版資金をネットで調達
幻冬舎とCAMPFIREが、クラウドファンディングを活用した出版事業を手掛ける共同出資会社「エクソダス」を2018年1月末に設立する。(2017/12/27)

コンピュータで“錯視”の謎に迫る:
真っすぐなのに斜めに見える“不思議な図形”の正体 「歴史から消えた錯視の発見者」とは
東大・新井仁之教授が解説する錯視の世界。第7回では、直線でありながら斜めに見える不思議な図形が登場。錯視にまつわる歴史もご紹介します。(2017/12/9)

『大人の科学マガジン』最新号の付録「小さな活版印刷機」がすごいと話題に 「見た目がかわいい」「これは欲しい」
動きも大変かわいらしいです。(2017/11/19)

どうして「10.5ポイント」? Wordのデフォルトフォントサイズが半端な数値になった理由
Microsoftのミスではありません。(2017/11/11)

『ビブリア古書堂の事件手帖』が黒木華&野村周平で映画化! 「原作を安心してお任せできる」と原作者も太鼓判
2013年には、剛力彩芽さん主演でテレビドラマ化されています。(2017/11/8)

15年には“ジョコビッチ本”が人気:
三五館が事業停止 「一流アスリートの食事」など発行
東京商工リサーチによると、「一流アスリートの食事」「ジョコビッチの生まれ変わる食事」などのノンフィクション書籍を発行していた三五館が事業を停止した。(2017/10/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
滑舌練習、腹式呼吸は棚上げ! 「心に届く」話し方のために必要なこと
あなたの話は一度聞いただけで、相手の頭にスムーズに入っているか?(2017/10/4)

76歳の編集者挑む“科学古典のデジタル文書化”――現役時代に夢見た「科学知識を万人へ」
科学古典が無料で公開されているサイト「科学図書館」の管理人は、かつて出版社で編集をしていたおじいちゃんだった――。13年間デジタル文書化に取り組み続ける、1人の「編集者」を取り上げる。(2017/8/11)

山浦恒央の“くみこみ”な話(MONOist10周年特別寄稿):
組み込みソフトがこの10年で変わったこと、変わらないこと
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載していきます。第1弾は、間もなく連載100回を迎える「“くみこみ”な話」を執筆していただいている山浦恒央氏の寄稿です。(2017/8/9)

弘法大師の貴重な文化財をデジタルデータで 「高野山アーカイブ」がスタート
高野山大学は、NTTデータグループと共同で、仏教や密教に関する歴史的貴重資料を一般公開するデジタルアーカイブシステムを構築した。(2017/8/2)

キングジムのボツになっていた「円周率ノート」が商品化決定! 数量限定販売で先着314冊分は314円で販売
罫線が円周率になっている斬新すぎるノートとして以前話題になりました。(2017/6/19)

なぜWordのデフォルトフォントサイズは「10.5」なのか?
「ルビ」の謎についても解説。(2017/5/29)

ディルバート(501):
長文メール、恐縮です
梅雨とメールって、長くなるほど“実入り”が少ないものですよね……。(2017/5/23)

日本初、遊郭専門の本屋さん「カストリ書房」が吉原にオープン 利用者の6割は若い女性、その理由は?
あの「突撃一番」のレプリカが付録で付いた書籍なども販売。(2016/11/3)

漢検、本気の公式アニメ再び……! 田中孝弘監督による和風スチームパンクなアクションアニメ「知力丸」が公開
漢字の力をチャージ!(2016/11/1)

ドラッカーに学ぶ、成功する経営チームの作り方:
経営チームはこうつくる
繁栄している企業のトップは、必ず誰かの力を借りて成功している。ドラッカーが残した5つの質問に対する答えを経営チームで出し合い、議論を通じて、共通の考えを作り出してほしい。(2016/8/31)

リアルとイメージの絶妙なバランス:
タイプライター風キーボード「Qwerkywriter」でレトロメカニカルの雰囲気にひたる
デザインは? 使用感は? 細部までねっとりと評価する。(2016/6/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。