ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「活字」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「活字」に関する情報が集まったページです。

司書みさきの同人誌レビューノート:
自分とまわりに向き合うエッセイ 同人誌『それが私にとってなんだというのでしょう』が向ける生き方へのまなざし
内容は友達との会話やネット観察などさまざま。(2022/6/12)

「緊張しました」 元NHK・登坂淳一アナ、第2女児誕生を報告 出産までのエピソードを汗をぬぐいながらトーク
始終ドキドキだった登坂パパ。(2022/5/24)

元NHK・登坂淳一アナ、妻の第2子妊娠を報告 「早く会いたい」「たっぷり愛情を注いで育てていきたい」
おめでとうございます!(2022/5/19)

「これ、なんでひっくりかえってるの?」 40年前の本で見つけた“すてきな印刷ミス” 活版印刷ならではの誤植が話題に
貴重な誤植。(2022/5/12)

音の世界:
ただ読み上げるだけじゃない! オーディオブック制作の舞台裏
プロのナレーターや声優が本を読み上げる配信サービス「オーディオブック」の人気が高まっている。国内市場を牽引してきた、オトバンクの制作現場を取材すると、単に演者が読み上げるだけでは作れない、豊かな音の世界が広がっていた。(2022/2/4)

震災で落下した大量の“活字” 落ちずに残った活字を「おみく字」にする取り組みに「素晴らしい」と反響
活版印刷の記憶と物語を感じさせるアイテムに。(2022/1/26)

年末に思い出す「プリントゴッコ」実演販売のバイト 温かいお客さんに出会った思い出漫画が心に染みる
プリントゴッコで年賀状を作っていたあの頃を思い出す。(2021/12/30)

“ラスボス”小林幸子、CV部にまさかの降臨 人生を思いっきり楽しむコツを本人に聞いてみた
小林「『まぁいいか』という気持ちが大事だと思います」(2021/12/24)

電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
また数十年したら今が信じられなくなってるのかも。(2021/12/6)

AWSチートシート:
初学者向け「Amazon Textract」(AIドキュメント分析サービス)をPythonで利用するには
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、AWSのAIドキュメント分析サービス「Amazon Textract」をPythonで利用する方法を紹介する。(2021/12/2)

【これポチ】新型「Kindle Paperwhite」は6.8インチの大画面 漫画が格段に読みやすくなっていいことづくし
ブラックフライデーで3000円オフ。(2021/11/30)

「ちょい曲げ」「くの字」スマホの使い心地 自腹で買った「Galaxy Z Fold 3 5G」でいろいろ考えた
西田宗千佳さんが自腹購入した「大きな画面の2つ折りスマホ」、1カ月が経過してのレビュー。(2021/11/25)

コロナ禍で3割が「オーディオブックの利用増えた」と回答 最もオススメしたい作品1位は?
オーディオブックで最もオススメしたい作品1位は?(2021/11/2)

リモート化に立ちはだかる「紙」業務にどう挑む?:
PR:これが究極の業務効率化! AI OCR×RPAで目指すバックオフィスの新戦略
いまだ根強く、職場にはびこる「紙」業務は、人的リソースが不可欠なアナログ作業の筆頭。リモートワークを阻害する要因でもあるため、ペーパーレス化を急ぐ企業も多い。そこで今、再注目されているのがOCRだ。リーズナブルかつ高精度で広く普及し始めた最新AI OCRの実力とは?ペーパーレス化を入り口としたバックオフィス変革、その糸口を探る。(2021/10/14)

技術スキル、ビジネススキル、もう1つは……?:
VUCA時代を生き抜くエンジニアに必要な3つのスキル
技術力だけでは生き残れない。ビジネススキルも必要だ。でも、本当に必要なスキルはもっと根源的なものだった――。(2021/9/21)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
「本がぁ! 本がぁ!」ムスカ大佐に学ぶビジネスパーソンが本を読む意義――俳優 寺田農氏
本を読めとよく耳にするが、どんな本を読めばいいのだろうか。本を読むことのメリットは、登場人物の多くの人の思いや考えを想像し感じること、知らなかったことを知るきっかけになること。(2021/8/18)

リクルート創業者の肖像【前編】:
ノンフィクションで5万部突破 『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』著者に聞くヒットの理由
リクルートの創業者、江副浩正氏の生涯をたどったノンフィクションが売れている。ジャーナリストの大西康之氏が1月に上梓した『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』(東洋経済新報社)はすでに5万部を突破した。ヒットの背景を、著者の大西康之氏に聞いた。(2021/8/12)

お母さんが書いたと思った! 濃縮飲料のキャップに手書き風の注意書き 原液で飲む悲劇を防ぐデザインが目からウロコ
デザインの意図をサントリーに聞きました。(2021/7/16)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

明石家さんまは劇場アニメに何をもたらしたのか 渡辺歩監督に聞く『漁港の肉子ちゃん』の化学反応
アニメに慣れたスタッフも驚いた明石家さんまの「サービス視点」(2021/6/14)

AIの開発会社やサービスをカテゴリー別に分類:
BizTechが「AI開発会社/AIサービス カオスマップ2021」を公開
BizTechは、AIの開発会社やサービスをカテゴリー別にまとめた「AI開発会社/AIサービス カオスマップ2021」と「カテゴリー別レポート」を公開した。(2021/5/14)

元NHK登坂淳一アナ、貴重な“男性目線の不妊治療”をつづる 「周りの視線への不安感」と婦人科訪問のハードル告白
男性側からの発信は貴重。(2021/4/23)

初版が予約のみで完売してしまった『水曜どうでしょう×地球の歩き方』の上巻が重版&2020年の最新作の記録も収録した下巻が発売
「情報が古すぎてガイドブックとしては使えない」という難点を補って余りあるファン必携の番組ガイドブック。(2021/4/20)

元NHK登坂淳一アナ、不妊治療経て妻の第1子妊娠を発表 “白髪のパパ”として子育て情報を発信予定
おめでとうございます!(2021/4/8)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【後編】:
40代で出版社からWebメディアにミドル転職 元週刊誌編集長がNewsPicksで追い求める新しいメディアの形
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/5)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者4倍のオンライン読書会「ペアドク」 サービス責任者に狙いを聞いた
オンライン読書会の「ペアドク」が参加者を伸ばしている。「ペアドク」とは、30分本を読んで、30分感想をシェアするペア読書という読書法に、著者から話を聞き、直接質問ができる機会を加えて発展させたイベントだ。企画やコーディネートを担当する松原嘉哉氏に狙いを聞いた。(2021/3/3)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
半導体の偉人が続々登場する「電子立国 日本の自叙伝」に感動
この年末年始は、例年の帰省を取りやめて“ステイホーム”を強いられたこともあり、有意義に休みを過ごすために、NHKの過去の番組をネット経由で見られる「NHKオンデマンド」に思い切って加入しました。(2021/1/28)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

仕事が忙しくて趣味の時間がなくなった結果…… 大人になっても「好きなこと」を持ち続ける大事さ描いた漫画に共感
好きなものの楽しみ方を忘れないようにしたい。(2021/1/7)

NHKの公式note開始は“成り行きの未来”との決別になるか
ネットの普及などで新聞・テレビの時代の岐路に立たされている中、NHKは12月、「note」に公式アカウントを開設。元NHK記者が内部文書や現役職員への取材から公共メディアの未来を読み解く。(2020/12/31)

CloseBox:
M1の異常な性能 または私は如何にしてiPhoneを毎年更新するのを止めてApple Silicon Mac miniを買うようになったか
M1搭載Mac miniがやってきたので早速感想文を書いた。(2020/11/18)

キヤノンMJ、クラウド型OCRサービス「CaptureBrain」新バージョンを発表
キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズは、クラウド型OCRサービス「CaptureBrain」の最新版を発表した。(2020/10/20)

非デザイナーも知っておきたいデザインの話(3):
デザインは文字の扱い方で決まる 感覚に頼らないフォント選びの基準とは
今日から使えるデザインに関する知識をあれこれ紹介する本連載。第3回は書体の歴史、特徴、選び方について。(2020/8/13)

ジャンク品のタイプライター、餃子屋さんが修理したら直った話に驚きの声 入手のきっかけは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
「ただの餃子屋」とは……?(2020/7/25)

ハロー、自作キーボードワールド 第6回:
自作キーボードのもう一つの沼、キー配列
「自作キーボード」と検索するといつも見慣れた形状のキーボードより、キーが極端に少なかったり左右に分かれていたりと珍妙なものが多く見つかることだろう。今回はそんなキーボードの「キー配列」に注目し、どんな分け方があり、どのような使われ方をしているかなどをお伝えしたい。(2020/7/16)

非デザイナーも知っておきたいデザインの話(1):
デザインは知識と理屈で設計できる 色、書体、字間・行間のポイント
今日から使えるデザインに関する知識をあれこれ紹介する本連載。初回はデザインやデザイナーとはどんな役割を持っているのか、最低限知っておくべき色、書体、字間・行間のポイントについて。(2020/6/9)

オンライン授業で“板書”を再現するスマートペンセット「SMART CLASS KIT」 元講師が試してみた
板書しながら喋る授業動画を作るツールを紹介。オンライン授業の対応に追われている教員の強い味方になるかもしれません。(2020/6/3)

メカ設計用語辞典:
ダイカスト
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ダイカスト」について解説する。(2020/5/29)

新型肺炎が教える中国ビジネスのリスク(3):
「マスク狂騒曲」が教える商魂たくましい調達能力 「買い占め・転売問題」から考える中国ビジネスのリスク
今回の感染拡大はさまざまな問題を引き起こしているが、その1つにマスクなどに見られる買い占め・品薄状態が挙げられる。商品がまだ欠品していなかったころ、すでに一部の中国人は今回の事態を見越して、買い占めていた。マスクの買い占め、行列の光景をテーマに、中国との付き合い方を考えていく。(2020/4/16)

構造解析、はじめの一歩(3):
構造解析、いろいろあれど……
「構造解析」を“設計をより良いものとするための道具”として捉え、実践活用に向けた第一歩を踏み出そう。第3回は、構造解析の種類について詳しく解説する。(2020/4/10)

「ゾクっとした」「読者の性癖を探ってる感好き」 オカルト好きが今すぐ読むべき漫画『怪異と乙女と神隠し』作者インタビュー
作者のぬじま先生と、帯コメントを書いた『日本現代怪異事典』の著者・朝里樹先生をインタビューしました。(2020/4/9)

「刀剣乱舞の力はすごい」 1939年刊行の解説書『日本刀』が読みやすくなって電子書籍化 岩波書店にこだわりを聞いた
全文章を活字で打ち直し。旧字体も新字体に。(2020/3/23)

「私、1番よね?」「いいえ、2番です」:
プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編02 #イベントレポート #完全版
「世界で唯一、個人情報を金で買える国」、ジャパン――リクナビ事件をきっかけに露呈した「日本の個人情報の考え方の問題点」を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が全方位で解説する。※本稿は、2019年12月2日時点の情報です(2020/3/10)

「調教済みのブタ共は声を上げろ」(イケボ) 元NHKアナ登坂淳一が歌詞を淡々と読み上げる動画に「拳銃突きつけられながら読んでそう」
曲のチョイスぅ……!!(2020/1/17)

手書き文字をAIが電子データ化、月額3.3万円のクラウドOCRサービス開始 NTT西
ディープラーニングAIによる画像認識技術と文章の前後関係を判定する自然言語処理の組み合わせに加えて、ゆがみや傾きの自動補正、訂正マーク部分の文字飛ばしにも対応。中堅中小企業向けのサブスクリプションサービスとして提供する。(2019/11/26)

Windows 10 The Latest:
【Windows Terminal開発動向】Cascadia codeフォント搭載とJSONスキーマ対応の意味とメリット
Windows 10の新しいコンソールウィンドウ「Windows Terminal」の開発状況を解説する。Windows Terminalは、2020年春提供の機能アップデート「20H1」と合わせて開発が進行しており、プレビュー版がMicrosoft Storeで公開されている。(2019/10/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
出版不況の中でヒットを連発――秘密は「編集思考」による新たな価値の創出
出版不況といわれる中で、ヒット作を続々輩出しているアスコム。どうしたら多くの人に読んでもらえるか、考えて、考えてたどり着いたのは……。(2019/8/14)

辞書マニアが語る“『新明解国語辞典』第4版を43冊持っている理由” 繰り返しますが「第4版だけで43冊」です
同じじゃないんだな、これが。(2019/9/7)

池澤夏樹インタビュー【後編】:
池澤夏樹が明かす作家哲学 「“飽きる”ことも仕事のうち」
作家・池澤夏樹の重要な作品テーマの1つ、「科学」。池澤氏は「科学」の視点から小説、日本社会、そして人類の未来をどう見通してきたのか。3回シリーズの最終回――。(2019/7/31)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第1回 浅田弘幸:
漫画を描いていない時も漫画家は漫画家
『I’ll〜アイル〜』『テガミバチ』などの浅田弘幸さんにインタビュー。(2019/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。