ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「映画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!映画→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で映画関連の質問をチェック

関連キーワード

映画「銀河鉄道999」のUHD BDボックス、特典が4:3の本編映像になった理由
東映ビデオは5月に発売する「銀河鉄道999 THE MOVIE 4KリマスターBOX」にアスペクト比が4:3の本編Blu-ray Discを同梱すると発表した。なぜあえて4:3の映像を収録するのか。(2022/1/22)

スーツ姿の志摩リンだ! 映画「ゆるキャン△」“オフショットビジュアル”第2弾、夜道を歩くリンが登場
髪形もショートに。(2022/1/20)

白石麻衣、人生で一番大きな賭けは“オーディション”「良い道にこれてよかった」 映画「嘘喰い」ジャパンプレミア
「違う道に進んでいたら全く別の人生を歩んでいたと思う」。(2022/1/19)

2ちゃんねる発の都市伝説を映画化 「きさらぎ駅」初夏公開
2004年にネット掲示板「2ちゃんねる」で話題になった都市伝説「きさらぎ駅」が映画に。初夏公開。(2022/1/19)

ちっさな子ザメが映画館やお祭りにお出かけ 漫画『おでかけ子ザメ』が心がキュッとなるかわいさ
抱きしめたい……!(2022/1/19)

岩城滉一の「70歳ソロキャン」がかっこよすぎの世界 焚火を眺めて映画館まで設けてのんびり「最高だね」
これが岩城流のイケおじ「新しいお手軽キャンプ」。楽しそうすぎます〜。(2022/1/17)

クマが“数の暴力”より“知恵”で統治する 奇妙なフランス・イタリア合作のアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー
クマさん版ベルセルクだった。(2022/1/16)

マーベル作品だけど実は親しみやすい「学園もの」 “男らしさ”を超えるヒーロー映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」を漫画でレビュー
自称「マーベルにあまり詳しくない」ライターが漫画でレビューします!(2022/1/16)

「商品売買」名ばかり:
コロナ禍に蔓延! 違法高利の「買い取り金融」
こわもてが登場する映画やドラマでおなじみのヤミ金業者が、新型コロナウイルス禍で収入が減ったサラリーマンらをターゲットにして、高金利の融資をチラつかせている。(2022/1/15)

ピクサー最新作の劇場公開を中止、日本でも ディズニープラスで配信
ウォルト・ディズニー・ジャパンは13日、劇場公開する予定だったピクサーの新作映画「私ときどきレッサーパンダ」を「Disney+」での配信に切り替えると発表した。(2022/1/13)

サイバーエージェント、映画スタジオ買収 「日本発コンテンツを世界へ」
サイバーエージェントが映画・ドラマスタジオのBABEL LABELを子会社化。制作費などを支援し、国内外のプラットフォーム向けに映像コンテンツを配信する。(2022/1/13)

藤原竜也、コロナ禍の状況に「力をあわせて頑張っていきましょう」 松山ケンイチ&神木隆之介も“2022年の抱負”を宣言
映画「ノイズ」のジャパンプレミア。(2022/1/12)

「呪術廻戦0」興収77億円超え 公開から18日間で 100億“大台”に現実味
映画「劇場版 呪術廻戦0」の興行収入が公開から18日間で77億円を突破し、100億円の大台も視野に。初速で上回った「アナと雪の女王2」は45日間で100億を超えた。(2022/1/11)

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ネタバレなしレビュー 史上最高の“「子ども時代の終わり」映画”
青天井な期待値のハードルを飛び超えた。(2022/1/7)

やっぱり大人っぽくなってるよね? 映画「ゆるキャン△」新ビジュアル、キャンプ道具を干すなでしこの姿が解禁
映画の告知CMも放送開始。(2022/1/6)

映画館のどの席が好み? 「迫力の前列」「意外と快適な端っこ」など特色まとめたマニュアルが参考になる
長い映画だと、「トイレの近く」とかも大事。(2022/1/6)

タイムアウト東京のオススメ:
2022年に注目したい日本映画
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/1/5)

映画「シン・エヴァ」21年の興行収入1位に コロナに負けなかった1年の軌跡
21年公開の映画で興行収入1位になった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。コロナ禍で2度の延期、思うようにイベントなども行えない中で発揮した強さとは? 興行収入102億8000万円に至る軌跡を振り返る。(2021/12/31)

「Fate」聖地の写真がアニメそのままの雰囲気で人気 「映画で見たやつ」「まんま冬木市」
これは聖杯戦争始まってますね……!(2021/12/31)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2021年アニメ”ランキングTOP20! 『バック・アロウ』『ゲキドル』ら快作を抑えた1位は?
映画部門には意外な作品もランクイン。(2021/12/29)

「間違ってもヤバい敵となんて戦いたくない」 映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」ピーター・パーカー役、榎木淳弥インタビュー
「作品にはあえて思い入れを持たないようにしている」と榎木さん。(2022/1/7)

映画「呪術廻戦0」公開3日で興収26億円超え “鬼滅”に次ぐスタートダッシュ
24日公開の映画「呪術廻戦0」が、週末だけで190万人以上を動員し、興行収入26億円を超えた。「アナと雪の女王2」(2019年公開)の約19億円を超えた。(2021/12/27)

衝撃ラストの“その後”描いた『映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ』、2022年4月に全国公開 小戸川の未来へ「助かるとは言ってない」
主人公・小戸川役の花江夏樹さんはじめ、制作スタッフはテレビアニメ版から続投。(2021/12/25)

「呪術廻戦」8巻まで無料配信 各電子書籍販売サイトで期間限定
集英社は25日、映画「劇場版 呪術廻戦0」の公開を記念して、原作まんが「呪術廻戦」のコミックス1巻から8巻までの無料配信を始めた。(2021/12/25)

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」が見放題配信スタート! Amazonプライム・ビデオやNetflixなど15サイトで
新作映画「〈ワルプルギスの廻天〉」の前にぜひ!(2021/12/24)

40年前の映画「銀河鉄道999」再び劇場に ドルビーシネマ版22年1月公開 舞台挨拶にりんたろう監督
1979年の映画「銀河鉄道999」と1981年の「さよなら銀河鉄道999」がドルビーシネマ版に。22年1月14日から全国7館で公開。(2021/12/24)

映画「AKIRA」YouTubeで無料公開中! 28日までの5日間限定で
『大友克洋全集』刊行を記念したもの。(2021/12/24)

映画「AKIRA」YouTubeで無料公開、28日まで 講談社「大友克洋全集」発売記念で
YouTubeのアニメ専門チャンネル「フル☆アニメTV」は、1988年公開のアニメ映画「AKIRA」を無料公開している。(2021/12/24)

ケロロ軍曹とNO MORE 映画泥棒が「STOP!海賊版」呼びかけ 「フルパワーでアニメ制作しました!」と啓発動画公開
コンテンツ海外流通促進機構「CODA」のYouTubeチャンネル」でも動画を公開(2021/12/24)

映画「ククルス・ドアンの島」22年初夏公開 「機動戦士ガンダム」の名エピソードを安彦良和監督が映画化
松竹は21日、映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」を2022年初夏に公開すると発表した。テレビシリーズの映画化は40年ぶり。(2021/12/21)

NVIDIA、映画「マトリックス レザレクションズ」コラボのゲーミングPCを懸賞に
NVIDIAがWarner Bros. Picturesとのコラボで映画「マトリックス レザレクションズ」の世界に登場しそうなゲーミングPCを3台プレゼントするキャンペーンを開始した。いずれも最新の「GeForce RTX」を搭載する。(2021/12/16)

新海誠監督の最新作「すずめの戸締まり」22年秋公開 「楽しい映画になるはず」
東宝は12月15日、映画「君の名は。」などで知られる新海誠監督の新作映画「すずめの戸締まり」を2022年秋に公開すると発表した。「天気の子」以来3年ぶり。(2021/12/15)

映画「ドラゴンボール」最新作 “新生レッドリボン軍”や新キャラクターも描かれたビジュアルが公開
「ジャンプフェスタ2022」のステージにはキャストが登壇。(2021/12/15)

映画「シン・ウルトラマン」は22年5月13日公開
円谷プロダクションは映画「シン・ウルトラマン」を22年5月13日から全国の劇場で公開すると発表した。同時に最新の予告映像も公開している。(2021/12/13)

「君の名は。」の新海誠監督最新作、15日にYouTubeで発表 「監督本人がお伝えします」
映画「君の名は。」などで知られる新海誠監督の新作発表会見が15日の午後11時からYouTubeでプレミア公開。「新海監督本人がお伝えします」という。(2021/12/13)

「かつみ・さゆり」さゆり、現役JKに“脚”で拮抗してしまう 母親との“同い年”判明も「仲良し姉妹に見える」
映画「ベンジャミンバトン」のごとく年齢の概念を覆すさゆりさん。(2021/12/11)

Epic、映画「マトリックス」の世界が舞台の「Unreal Engine 5」の仮想都市デモをPS5とXboxで無料提供
Epic Gamesがゲームエンジン「Unreal Engine 5」(UE5)の技術デモ「The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」をリリース。「PlayStation 5」と「Xbox Series X/S」で無料でダウンロードできる。広大な仮想都市を車やデジタルキャラクターが動いており、カーチェイスも体験できる。(2021/12/11)

ブタさんがブヒブヒする日常ドキュメンタリー映画「GUNDA/グンダ」が新しい形の脳トレだった
「ミッドサマー」の監督が絶賛する理由もよくわかる。(2021/12/10)

「大谷石の地下採掘場跡」でドライブインシアター開催 何これ楽しそう!
12月18日開催、採掘場跡がわくわくな映画館になります。(2021/12/9)

「鬼滅の刃」がGoogle検索ランキングに入らなかった理由
Google Japanが「2021年Google検索ランキング」を発表した。しかし「鬼滅の刃」は「映画」カテゴリーにすらランクインしていない。なぜか。(2021/12/8)

映画配給会社の売上ランキング 3位「ウォルト・ディズニー・ジャパン」、2位「東宝」、1位は?
QuickWorkが、映画配給会社売上ランキングを発表した。1位は「KADOKAWA」(2099億円)、2位は「東宝」(1919億円)、3位は「ウォルト・ディズニー・ジャパン」(1054億円)だった。(2021/12/6)

映画製作会社売上ランキング 3位「東北新社」、2位「東映」、1位は?
日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWork(東京都渋谷区)は、映画製作会社売上ランキングを発表した。1位は「東宝」(1919億円)、2位は「東映」(1076億円)、3位は「東北新社」(528億円)だった。(2021/12/6)

ディズニーの「トイ・ストーリーホテル」、来年4月開業
ディズニー&ピクサーのアニメ映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにした新しいディズニーホテルが来年4月5日、千葉県浦安市舞浜の東京ディズニーリゾート内に開業する。(2021/12/6)

アーカイブビジネスで収益化:
『AKIRA』大友克洋の初監督作品も上映 「角川映画祭」が新たなファンを獲得する理由
角川映画45周年を記念した「角川映画祭」が開催中だ。過去の作品をリバイバル上映する映画祭は、ビジネスとして収益をあげているだけでなく、名作を次世代に継承する意義もあるという。(2021/12/3)

Innovative Tech:
「ベイマックス」のように空気で膨らむ義手 装着者のイメージ通りの動きを実現
中国の上海交通大学と米マサチューセッツ工科大学の研究チームは、ディズニー映画に出る「ベイマックス」のような空気で膨らむソフトな義肢を開発。空気圧で指が動き、軽くて柔らかい、かつ低コストであるという。(2021/12/3)

【漫画】猫を飼ってから変わってしまった…… 映画を観る前に必ずすることに「分かる」「R猫指定重要」の声
全ての猫ちゃんに幸あれ。(2021/12/3)

映画「ホリック xxxHOLiC」に松村北斗の出演決定 濡れ髪ビジュアルと「カムカム」“稔さん”のギャップに悲鳴が続出
玉城ティナさんも出演。それぞれのキャラクタービジュアルが発表。(2021/12/2)

映画やドラマで見たことある! “今まで5億回ぐらい使われてきた”鉄板演出の解説動画が分かりやすくてタメになる
わかりやすくて最高。(2021/12/2)

伊藤健太郎、1年7カ月ぶりの映画主演が決定 「“ロクデナシ”という言葉がよく似合う中途半端な男」演じる
「傷だらけの天使」シリーズの阪本順治監督とタッグ。(2021/11/29)

“チェリまほ”が映画化決定! 町田啓太は「魔法のようなことが起きました」「圧倒的感謝です!」
また安達と黒沢に会える!(2021/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。