ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「書店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「書店」に関する情報が集まったページです。

経産省も動き出した「書店危機」 10年で764社が倒産・休廃業
東京商工リサーチが書店運営会社を対象に実施した調査結果を発表し、ここ10年間で、764社が市場から退出したことが分かった。(2024/3/16)

KADOKAWA、ラノベのサブスク展開へ 「カクヨムネクスト」を3月から提供 「本屋に並ぶ前に読める」
KADOKAWAは、読書サブスクリプションサービス「カクヨムネクスト」を3月13日から提供すると発表した。KADOKAWAのライトノベルレーベルや、Web小説サイト「カクヨム」で連載を持つ作家のオリジナル小説が読めるサービスという。(2024/2/20)

購入するまで作品名が分からない「本音屋」、ハイブリッド書店「honto」などで
文藝春秋は2日、真っ黒なパッケージに本を包み、コピーのみを記した純文学作品の特設コーナー「本音屋」を始めた。(2024/2/2)

秋田書店「週刊少年チャンピオン」を無料公開 能登半島地震で発売できない地域が発生している状況を受け
被災された方々にも週刊少年チャンピオンを読んでほしい。(2024/1/25)

秋田書店、「週刊少年チャンピオン」5冊分をWebサイトで無料公開 能登半島地震を受け
秋田書店は25日、「週刊少年チャンピオン」の直近3号と2月1日発売号までの5冊を順次無料配信すると発表した。(2024/1/25)

1歳息子が書店で“まさかの1冊”を手に取る光景が429万件表示! 大人すぎるチョイスに「人生2周目の可能性ある笑」
惹かれるものがあったのね!(2024/1/25)

ヴィレバンの福袋は? 文豪グッズが詰まっている
複合型書店ヴィレッジヴァンガードを運営するヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、文豪グッズを詰め込んだ3種類の福袋をオンラインストアにて販売開始した。(2023/12/28)

Pontaポイントがたまる電子書店「Pontaマンガ」開始 「キングダム」「進撃の巨人」「SPY×FAMILY」など最大10万作を配信
最大10万作を楽しめる総合型電子マンガ書店「Pontaマンガ」がサービス開始。コイン購入時に1Pontaポイントを1円相当として利用でき、100円(税込み)または100Pontaポイントの利用につき1Pontaポイントたまる。(2023/12/21)

漫画「幽☆遊☆白書」153話まで順次無料公開、ゼブラックで 実写ドラマの配信を記念して
電子書店「ゼブラック」で、冨樫義博さんの漫画「幽☆遊☆白書」の1〜153話までを期間限定で順次無料公開する。(2023/12/16)

日記もPOPも自由すぎる八戸の本屋が閉店へ 創業から96年で幕
スイカ丸ごと素手で食べる担当者が描く「猫がかわいい書店ポップ」など書籍化もされていました。(2023/12/11)

「2023年に読んでよかったマンガ」 1位は『葬送のフリーレン』、2位以下は?
電子書籍販売サイト「ebookjapan」のユーザーを対象に実施した調査によると、2023年に読んでよかったマンガランキング1位は『葬送のフリーレン』だった。2位以下にはどんな作品がランクインしたのか?(2023/12/9)

総合書店「honto」、本の通販サービスを終了へ ネットサービス縮小 大日本印刷が発表
大日本印刷が運営する実店舗やネット書店をまとめた総合書店「honto」は、本の通信販売サービス「本の通販ストア」を終了すると発表した。(2023/12/1)

生成AIとヒトが制作した「ブラック・ジャック」掲載の週刊少年チャンピオン発売 制作過程も紹介
秋田書店は22日、生成AIを活用して制作した漫画「ブラック・ジャック」の新作を掲載した「週刊少年チャンピオン」52号を発売した。(2023/11/22)

honto調べ:
本を最も買う地域は「近畿」 全国で最も売れているジャンルは?
 ハイブリッド書店サービス「honto」は、hontoサイトとhontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂の販売情報をもとに「8地域別 本の購買状況調査」を実施した。(2023/11/22)

「フェイラー」のハンカチがブックカバーに! 代官山 蔦屋書店で「泣ける本」とセットで限定販売
11月6日〜19日開催のポップアップショップで販売。(2023/11/7)

2週間で会員3000人:
溜池山王の無人本屋「ほんたす」が好発進 オープンして分かったことは?
溜池山王駅にオープンした完全無人本屋「ほんたす ためいけ 溜池山王メトロピア店」が2週間で会員数3000人を突破し、反響を呼んでいる。オープンして、どのようなことが分かったのか。現地を取材した。(2023/10/27)

怪鳥の魅力を心ゆくまで! 毎年ネット書店で売り切れ続出の「ハシビロコウカレンダー2024」販売中
「意外と動く」と人気。(2023/10/25)

デザインが注目を集めた「牛乳石鹸」のブックカバーが全国の書店で無料配布へ 「かわいい」「めっちゃ欲しい」
11月1日から322店舗の書店で配布されます。(2023/10/24)

未来屋書店で配布中の「バーモントカレー」限定ブックカバーが話題に 「欲しい」「2度見しそうw」
バーモントカレーステッカーがもらえるクイズラリーも開催中です。(2023/9/9)

約3000冊の“本の集合体” Podcast人気番組「奇奇怪怪」、ポップアップ「圧と密」が異様な空気を代官山蔦屋書店で放っていることについて
こんな光景、本屋で見たことないぞ。(2023/8/25)

ほんたす ためいけ:
溜池山王駅構内に「完全無人書店」が登場、特徴は?
日本出版販売と丹青社は連携し、完全無人書店「ほんたす ためいけ 溜池山王メトロピア店」をオープンする。(2023/8/3)

地下鉄の駅構内に「完全無人書店」 日販、秋から実証実験 「書店経営の持続性向上に」
日販が完全無人書店「ほんたす ためいけ 溜池山王メトロピア店」を秋にオープンする。書店が減少する中、低コスト店舗のモデルを確立する考え。(2023/8/2)

素材/化学メルマガ 編集後記:
ペーパーレスの現在地について考える
ペーパーレスについてつらつら語っています。電子書籍などの販売数が増え、書店がなくなるのは悲しいと思う派です。(2023/7/24)

書籍『君たちはどう生きるか』がジブリ最新作の影響で品薄 岩波書店が増刷へ
宮崎駿監督の同名映画の影響で話題になっていました。(2023/7/19)

ミッフィー×studioCLIP、初のコラボブックをファミマと書店で発売 付録はワンポイント入りミニショルダーバッグ
ナチュラルな雰囲気がすてき。(2023/6/29)

葉っぱやコインチョコで本が買える!? “子どもが考えた通貨”を使える書店が期間限定オープン
書籍『こどもの夢中を推したい』(著者・佐藤ねじ)の出版記念として登場します。(2023/6/27)

楽天エンタメランキング23年上半期 1位を獲得したゲームソフトは?
楽天グループは、オンライン書店「楽天ブックス」、電子書籍ストア「楽天Kobo電子書籍ストア」、電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」、定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」、動画配信サービス「Rakuten TV」を対象に集計した「2023年 エンタメ上半期ランキング」を発表した。(2023/6/26)

「ブラック・ジャック」の新作、今秋公開 GPT-4活用 「ぱいどん」から3年
手塚プロダクションが“AI手塚治虫”を活用して漫画「ブラック・ジャック」の新作を制作する。今秋発行の「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に掲載される予定。(2023/6/12)

最上もが、元「でんぱ」夢眠ねむと再会「娘と初対面〜!」 ママ友の竹達彩奈&南明奈と「夢眠書店に行ったよ!」
すてきな再会になったようです。(2023/6/7)

freeeグループ、ECサイトでTシャツ発売
freee傘下の透明書店がシャツや靴下などの販売をECサイトで始めた。(2023/6/5)

ここに住みたい……! 本棚にも収納できる木製ミニチュア書店の手作りキットが「あみあみ」に登場
時間をかけてじっくり組み上げていきたい。(2023/5/22)

小寺信良のIT大作戦:
「書店ゼロ」の市町村増加 “動画全盛”で、子どもの国語力はどうなる?
筆者は1981年まで宮崎県宮崎市に住んでいたが、市内に本屋はかなり多かったように思う。上京後、2019年に宮崎市へ戻り、37年ぶりの変化を楽しみつつ暮らしているところだが、当時あった本屋はことごとく存在しない。4つあったデパートのうち3つが撤退しており、街の様相も相当変わってしまっている。(2023/5/18)

外で読書するなら何を読む? 丸善ジュンク堂書店の各店が選ぶ「屋外で読みたい本」が参考になる
“中の人”たちのおすすめポイントを見て選ぶのもいいかも。(2023/5/14)

何が新しいのか:
なぜfreeeが本屋を始めたのか 経営状況を”明け透け”にする「透明書店」
クラウド会計ソフトを展開するfreeeが子会社を設立し、書店経営に参入する。蔵前にオープンした「透明書店」は、月々の売り上げなどの経営状況から経営にまつわる施策や日々の出来事などを“明け透け”に公開する一風変わったコンセプトだ。どんな書店なのか。(2023/5/3)

freee初の書店「透明書店」を見てきた “副店長”はクラゲに扮したChatGPT
freee初の書店「透明書店」が4月21日、東京・蔵前にオープンする。同社子会社の「透明書店株式会社」が運営するもので、freeeがスモールビジネスを自ら理解することを目的としている。20日には同書店を報道陣に公開したので一足早く中を覗いてみた。(2023/4/20)

一棚一棚に店主がいる:
”推し本”を置く神保町の「共同書店」が話題、どんな場所なのか
一棚一棚に店主がいて、それぞれの推し本を販売する共同書店が、本好きの人の間で話題となっている。「週末は若者が集まりクラブのような雰囲気になる」とか。一体どんな場所なのか。(2023/4/20)

実証実験の手ごたえは:
世田谷の「無人書店」実験、深夜と早朝に意外なニーズ 購買単価を2倍近くに押し上げた工夫とは
トーハンはスタートアップ企業のNebraskaと提携し、3月20日から同社グループの書店で、有人・無人のハイブリッド24時間営業の実証実験を行っている。実証実験の開始から約3週間が経った現時点で、前年と比較して10〜20%増収しているという。ネットでは「治安がいいから成り立つのでは」という反応も上がっている。こうした反響はどう捉えている?(2023/4/14)

講談社、「ゲームの歴史」を販売中止に 「事実と異なる記述あった」と認める 修正販売は予定なし
講談社では4月7日までに、書籍「ゲームの歴史」について各書店へ販売中止の連絡をしていたことがITmedia NEWSの取材で明らかになった。(2023/4/7)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
〇〇の本はどこにありますか? 昔の書店員はどのような準備をしていたのか
書店の数が減っている中で、東京駅の近くにある「八重洲ブックセンター本店」も閉店することに。周辺エリアの再開発によるもので、5年後には再び営業するそうで。担当者に過去の話を聞いていると、興味深い話があって……。(2023/3/31)

「春の鈍器本まつり」を紀伊國屋書店が開催!? 京極夏彦の本など“超重量級文庫”が集結 「製本技術の高さを見て欲しい」と担当者
“鈍器本”を取り上げたフェア開催。(2023/3/28)

批判相次ぐ書籍「ゲームの歴史」、オンラインストアから姿を消す Amazon、紀伊国屋書店などで
「内容が事実と異なる」との指摘が相次いだ書籍「ゲームの歴史」(講談社)が、Amazon.co.jpや紀伊国屋書店など各種販売サイトから姿を消している。(2023/3/22)

『うちのメイドがウザすぎる!』コミックス最終巻発売 書店特典がぎゅっと詰まった電子版限定イラスト集も登場
ありがとうそしてありがとう。(2023/3/9)

freeeが書店経営に参入
freeeが書店経営を始める。新子会社として透明書店を設立。4月下旬をめどに、台東区蔵前に書店を開くという。(2023/3/9)

東京・蔵前に:
freee、本屋をオープン 経営状況や経費不足など「明け透け」に公開、どんな店?
freeeは4月下旬を目途に、東京都台東区・蔵前に書店「透明書店」を出店する。どのような店舗なのかというと……(2023/3/9)

ドイツで伸びる日本のマンガ売り上げ 書店大手がマンガ専門店、マンガ風似顔絵イベントには長蛇の列が
(2023/3/4)

創業100周年に向け:
紀伊国屋書店、リニューアル後「新宿本店2階」をバーチャル空間に完全再現
紀伊國屋書店は、2027年1月に迎える創業100周年に向け、「バーチャル新宿本店」をオープンする。今後は新宿本店の全フロアおよび、海外店を含む主要店舗のバーチャル化を順次行い、新たな顧客獲得を狙う。(2023/2/22)

廃業予定だった書店、覆したのは子どもの「やめないで」 営業継続を伝える貼り紙話題に、店主に思いを聞く
(2023/2/19)

生きづらさの正体:
コミュ力、センス、アート思考……ビジネスパーソンを追い詰める「能力主義」の罠とは
書店を見渡すと「〇〇力」とタイトルに付く本の多さに驚かされる。社会人が学ぶべき「コミュニケーション力」「人間力」「リーダーシップ力」――。“能力本”であふれるほどの状況の中、異彩を放つ本が昨年末、全国の書店に並んだ。タイトルは『「能力」の生きづらさをほぐす』(どく社)。仕事ができないのは能力が低いから。センスがないのは自己研鑽が足りないから――。著者で組織開発コンサルタントの勅使川原真衣(てしがわら・まい)さんは、そんな個人の能力に責任を負わせる「能力主義」の広がりに疑問を投げかける。(2023/2/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
本に、オトナにしてもらった。〜人生の分岐点は、本屋さんにある。〜
本屋さんでは、本を選んでいるのではなく、本に選んでもらっている。その本に目がいくのは、「ちょっとそこ行くあなた、大丈夫ですか」と、本に声をかけてもらったから。あなたは気付いていますか。(2023/2/16)

オリジナルの手帳を:
「4月始まり手帳」高橋書店が発売 新シリーズの特徴は?
高橋書店は2月より、「2023年度版4月始まり手帳・ダイアリー」を販売している。新シリーズの特徴は……。(2023/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。