ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「疲労」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「疲労」に関する情報が集まったページです。

PC作業中の腕の負担を軽減できる可動式アームレスト
イー・エム・エーは、腕や手首の疲労を軽減できるデスク据付け型の可動式アームレスト「マウスアームスタンド SR-AM010」を発売した。(2020/7/6)

テレワーク中のコラボレーション【前編】
「Zoom疲れ」の克服とコラボレーションツール導入成功事例
テレワークによりコミュニケーションやコラボレーションのツールが急速に普及した。それは「Zoom疲れ」を引き起こしている。何がいけなかったのか。(2020/7/3)

「号泣で目がパンパン」 鈴木紗理奈、イギリス留学中の息子が終業式を迎え涙止まらず
ママもお疲れさまです。(2020/6/30)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
スマホが壊れただけなのに
本当に疲れました……。(2020/6/29)

どんな投稿にもポジティブ返答、全員AIの“平和な”SNS バンナムが公開 「SNS疲れを癒やす」
バンダイナムコエンターテインメントが、投稿者以外の全員がAIで、どんな投稿にもポジティブな返答をするSNS風のWebサイト「Under World」を公開した。(2020/6/26)

コロナと世論の関係:
Twitterユーザーは自粛にいつ“飽き始めた”のか――データ分析で判明
コロナ対策でずっと叫ばれていた「自粛」。一方で自粛疲れ・飽きが早めに発生していた可能性も。Twitterデータ分析からその「世論」の動きを解明。(2020/6/24)

PoCで疲れている場合ではない:
ITベンダー丸投げ=経営戦略の丸投げ、「ITが苦手な経営者」の率いる企業が市場から消える日
DXとは本来、デジタルテクノロジーによってビジネスそのものを大きく変革する取り組みのことを指す。華やかな成果の事例が目立つ一方で、コスト削減や業務効率化だけで「DXを実現した」と述べたり、ビジネス成果につながらないPoCを繰り返して「PoC疲れ」を起こしたりしている組織も存在する。各社の違いはどこにあり、今後何が変わっていくのか。(2020/6/24)

医療技術ニュース:
室温28℃でも湿度を下げれば快適に、湿度40%では疲労も軽減
ダイキン工業と理化学研究所は、夏季オフィス環境における快適性や疲労改善に有効な温度と湿度を検証した。実験の結果、室温28℃でも湿度を55%以下に保てば快適性が向上し、40%では疲労も軽減できることが示された。(2020/6/17)

疲れ切って帰った実家で感じた母の優しさ 忘れられない帰省の思い出描く漫画に実家に帰りたくなる
だたそこに居させてくれる場所がある幸せ。(2020/6/11)

「お前をモフる前に私にはやるべき事が…」 殺伐とした状況をネコと一緒に楽しく乗り切る飼い主の漫画に共感
疲れがふっとぶ癒やしの存在ですね。(2020/6/5)

偏食&食べ歩きがやめられない1歳児のお世話にへとへと…… 疲れたママへのサプライズプレゼントを描いた漫画に心温まる
1歳児は……本当に大変ッ……!(2020/5/30)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
そしてVTuberマシーナリーとも子は星野源を目指す 選挙疲れで毎週死にかけていた、あるアイマスPがVTuberになって救われた話
マシーナリーともコラム、今回は番外編として、マシーナリーとも子がインタビューされる回をお届けします。(2020/5/12)

「ネコキックをされております」 叶姉妹、ファビュラスなボディーを子猫のなすがままにされる動画が疲れた心を穏やかにする
来世は叶姉妹の猫になる。(2020/5/8)

3Dプリンタニュース:
足の写真を送るだけで自宅に届く、3Dプリンタ製オーダーメイドインソール
ジャパンヘルスケアは、3Dプリンタで作るオーダーメイドインソール「HOCOH」の販売を開始した。足腰の痛みや疲れの原因となる足のゆがみを矯正するインソールが、足の写真を送るだけで自宅に届く。(2020/5/8)

テレビやネットに疲れた人にラジオをオススメする漫画 「聴いてるだけでいいよという懐の深さがある」
ラジオは文化。(2020/5/4)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
VR博物館にVR有馬温泉巡り……外出自粛のゴールデンウイークをどう過ごす?
『自粛疲れ』の解消に。(2020/4/30)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
たとえ“いらち”な関西人上司に「ポジハラ」と言われようとも
在宅勤務に疲れ始めた上司を何とか励ましたいのですが、また「ポジハラや!」って言われるかなあ……。(2020/4/20)

材料技術:
構造材料のデータシートの2019年度分を公開
物質・材料研究機構は、「構造材料データシート」2019年度分を5冊のデータシートとして2020年3月31日付けで発行した。ステンレス鋼、アルミニウム合金の疲労試験結果を収めた疲労データシートなどを公開している。(2020/4/17)

20年経ってもUSBの方向を毎日間違えるし闘いに疲れた…… → シンプルだけどひと目でわかるアイデアに反響
長い戦いに終止符か……!?(2020/4/7)

「疲れた時に見たら笑った」「ねこ長いと助かる」 モフモフでとっても長い猫ちゃんが見た人を元気にする
猫ちゃん長い!(2020/4/4)

席への案内はお姫様抱っこ マッチョバーに行ったレポ漫画が疲れた心に元気をくれそう
濃くて楽しいカオスな夜が過ごせそう。(2020/4/4)

何があった!? 人生に疲れたのか完全にやる気がなくなった猫さま
まるで二日酔いのおじさんのよう……。(2020/3/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(63):
「コロナ疲れ」「コロナ鬱(うつ)」に陥らないために
新型コロナウイルス感染症で、日本中が大変なことになっています。非常時はネガティブ情報が多く、気持ちも沈んでしまいがちです。こんなときこそ触れる情報を意識的に選択していくことで、平常心を保ちつつ、今取るべき行動が見えてきます。(2020/3/18)

“初めての散歩は15分で力尽きた” 体力ゼロのインドアOLがハスキー犬&猫と暮らす日常漫画がにぎやかで楽しい
ワンコもすぐ疲れちゃう。(2020/3/15)

ネガティブな社畜OLの日常を描く漫画 帰宅後はわずかな気力でスマホ→もっと疲れがたまる→スマホ……という負のループに「なんだこの人生」
まるで自分の人生が漫画化されているようだ……。(2020/3/2)

ウェアラブルEXPO:
長時間付けても疲れないスマートグラス、カメラ部を胸に分離した新形態も
山本光学は「第6回ウェアラブルEXPO」(2020年2月12〜14日、東京ビッグサイト)に出展し、同社が展開するスマートグラス「Versatile(バーサタイル)」と同グラスを活用したアプリケーション群を紹介した。(2020/2/20)

手帳ブランドによるデジタル革命
モレスキンのツール&アプリが提案する「PowerPoint文化からの脱却」
手帳ブランドとして知られるMoleskineが今、紙とデジタルの融合による新たな文化を提案している。同社の製品は“PowerPoint疲れ”している企業文化に一石を投じる。(2020/2/10)

高橋克典、過労ダウンの原因が“大河撮り直し”との報道を否定 沢尻エリカ容疑者には「当てつけがましく何か言う気持ちは微塵もありません」
報道に対して言及した高橋さん。(2020/1/9)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

伸びをして「ふぁあ〜」 うさぎの小さなあくびに日々の疲れが癒やされた人々「ありがとう」「完璧にかわいい」
リピート再生していっぱい癒やされたい。(2020/1/5)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「また違法残業」の電通 過労死のリアルを理解しないトップに問う“責任”
長時間労働削減に取り組んでいたはずの電通が、また違法残業で是正勧告を受けていたと報じられた。長時間労働が死に直結するというリアリティーを社員が持てないのはトップの認識の甘さ。「過労死」という言葉の歴史と重みを考えれば、「また違反」はありえない。(2019/12/13)

【漫画】人生に疲れたお姉さんが拾ったのは「馬タクシー」 不思議で尊いハッピーエンドに「好き」「優しい世界」
4ページに人生と癒やしと尊さが詰まってる……。(2019/12/11)

ワンコ「なんやこいつら……?」 飼い主との自撮りに困惑するコーギー ジワジワくる表情がかわいい
疲れたときに何度も見たい。(2019/12/5)

新米ママおつかれさまです! 吉木りさ、夫・和田正人が撮影した“気絶ショット”がリアルなママの顔
そりゃ疲れるよな……。(2019/12/1)

平日は「仕事で疲れて絵が描けない」→そして土日は…… 創作活動する人の1週間を描いた漫画があるあるすぎる
身に覚えがありすぎる……。(2019/11/11)

今日のリサーチ:
若者の「ハロウィーン疲れ」が始まっている?――BookLive調べ
令和最初のハロウィーンをどう過ごすのか。総合電子書籍ストア「BookLive!」で過去半年以内にマンガジャンルの作品を購入した20〜30代の男女1099人を対象にした調査です。(2019/10/30)

国内企業の2割で“DX疲れ”か その最大の要因とは――IDC
IDCによると、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業の2割で推進意欲が減退していると判明した。その最大の要因とは。(2019/10/16)

「ナニコレ?」「きっと作者が一番疲れてる」 単調な毎日に疲れたOLがカフェで生気を取り戻す漫画に困惑する読者が続出
そう、彼女は刺激を求めていたのだ……?(2019/10/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
休日も“心”は疲弊 働きがいに影を落とす「休み方」の落とし穴
2019年版の労働経済白書では「働きがい」を数値化して分析。「休み方」と働きがいの関係も調査された。ただ休むだけでなく、仕事から心理的距離を置いたり、仕事以外の時間をチャレンジのきっかけにしたりできる休み方をしないと、“心の疲れ”は癒やせない。(2019/10/11)

ドライバーの疲れを検知、空調など自動調節 近未来のクルマの運転席、三菱電機が開発
三菱電機が近未来の自動運転車の運転席を想定したコンセプトキャビン「EMIRAI S」を発表。最新のヒューマンセンシング技術と音声認識技術に対応し、ドライバーの体調に応じて車内環境を自動調整する機能などを持つ。デモを体験できるブースを東京モーターショーに出展する。(2019/10/9)

関智一が生放送中に熟睡し放送終了まで目覚めなかったハプニングが逆に癒やしと話題に 「お疲れだったんだろうなぁ」「ほっこりする」
お休みなさい関さん。zzz……。(2019/10/8)

半径300メートルのIT:
国際会議や取材で大活躍の文字起こしツール、Otterの機能と注意点は?
多くの日本人エンジニアを悩ませる「英語」。筆者も例にもれず、同時通訳なしの講演や英語でのテレカンに参加する際の緊張感と疲労といったら相当なものです。今回は心強いツールに助けられたものの、注意すべき点も忘れてはいけません。(2019/10/8)

疲れているときシャワーを浴びるとどこまで洗ったかわからなくなる実録漫画に「私も」と共感の声集まる
リンスしてそのまま出てしまうこともあるある。(2019/10/7)

データをスムーズに収集してAIを導入する方法
日本企業の「PoC疲れ」解消に必要な3つのポイント
日本企業のAI活用は、一部の先進的な企業を除いてなかなか進展しない。AI向けのデータ整備や判定ロジックのチューニングなど、高度な技術が必要に見えるが、いまはその状況も変わりつつある。(2019/10/2)

ずーっと見ていたい 睡魔に勝てずウトウトする子猫がかわいい
疲れた子猫がお船をこいでいます。(2019/9/13)

「星屑ブレンド」「満月バターのホットケーキ」……疲れた人だけがたどり着ける架空のコーヒースタンド「満月珈琲店」がステキ
マスターは大きなにゃんこ。(2019/9/7)

制振:
耐久性を10倍高めた制振ダンパーを開発、「Aichi Sky Expo」に16本を初適用
竹中工務店ら3者は、一般的に使われている鋼材に比べ、疲労耐久性を約10倍に高めた「Fe-Mn-Si系耐疲労合金」を用いたブレース型の制振ダンパーを開発した。同社が設計・施工を手掛けた愛知県国際展示場の西棟に、制振ダンパー16本を初採用したという。(2019/9/4)

遊び疲れたニャ ソファから落ちそうになっても起きない大爆睡中のネコ兄妹
ぐ〜すかぴ〜。(2019/9/1)

「もう、疲れました」「さようなら」 “夜回り先生”水谷修の嘆きに心配の声、数日前には「一番怖い1カ月が始まります」
多忙な中で多くの子どもや親たちの相談に乗り続けていました。(2019/8/22)

プレミアムコンテンツ:
医師や看護師の「燃え尽き症候群」を減らす、医療ITベンダーの挑戦
米国の医療業界では「電子カルテ疲れ」が医療従事者の燃え尽き症候群の原因になっていると考えられている。医療ITベンダーは、簡便で使いやすいUIの開発や仮想アシスタント技術の活用によって、この問題の解決を目指している。(2019/8/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。