ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「疲労」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「疲労」に関する情報が集まったページです。

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

圧倒的感謝っ……! 藤原竜也主演の映画「カイジ」最新作が9年ぶりに公開、原作には無い新たな4つのゲームも
カイジの熱演に藤原さん「脳みそが疲れて大変でした」(2019/5/31)

「激辛の奥の旨味に気がついて欲しかった15年」 『闇金ウシジマくん』最終巻に向け作者が思いをつづる
本当にお疲れさまでした……!(2019/5/29)

医療技術ニュース:
骨格筋細胞のマイクロ構造をMRIで可視化する技術を開発
慶應義塾大学は、MRIを用いて骨格筋細胞のマイクロ構造を可視化する技術を開発した。この手法が確立されれば、運動器の機能、疲労、トレーニング、疾患などの定量評価が可能になると期待される。(2019/5/28)

疲れたら猫に顔面を置くだけ充電! 猫を連れて出社したい漫画が夢のようなお仕事ライフ
会社に猫がいることを想像してみてください……是非ご検討頂きたく……。(2019/5/27)

「わたし、定時で帰ります。」“帰れない”ではなく“帰らない”柄本時生の「もういいや、なんか疲れた」に共感 吉高由里子の「私たちには給料日がある」がしみる
「夢や希望はあるんですよね?」の質問に答えられない吾妻がつぶやきに胸が締め付けられた。(2019/5/14)

きちょうめん、完璧主義者:
サラリーマンはご注意! 「五月病」より怖い「六月病」
新入社員や学生を中心に、大型連休明けに倦怠(けんたい)感や疲労感などの症状が出る「五月病」は有名だが、サラリーマンにとってより要注意なのが「六月病」だというから安心はできない。どんな症状なのか。(2019/5/13)

「人と会うと疲れる」「拒絶されると心が死ぬ」 現代のモヤモヤと向き合うエッセイ漫画『生きやすい』
生きづらくても生きていく。(2019/5/11)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

これが“ネコチャン”に見えたら疲れているので寝ましょう 道端の石を猫と見間違える人続出
もうあかん、寝よ。(2019/5/4)

GWの人ごみに疲れたパパを癒す「お父さん預かりサービス」が大阪・なんばに登場 ビール片手にマットでごろごろ
子どもと一緒に利用可能。(2019/4/25)

疲れにくくて乗りやすい マツダが考えた最強の教習車、その名も「マツダ教習車」新型誕生
ペダルレイアウトや各種調整機能を盛り込んだ親切設計。(2019/4/25)

「疲れ吹っ飛んだ」「犬かな。私は」 木村カエラ、子どもが描いたハイセンスな“ママの絵”に癒やされる
これぞ癒やし……。(2019/4/24)

材料技術:
強度設計や材料選択の基盤となる、データシート5冊を発行
物質・材料研究機構は、2018年度分の構造材料データシートとして、「長時間クリープ試験材の微細組織写真集」「アルミニウム合金の疲労データシート」など、新たに5冊を発行した。(2019/4/23)

PR:社内の“Excel疲れ”で仕事がうまく回らない……を解決する方法
(2019/4/22)

Gartner Insights Pickup(103):
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に打ち勝つ
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に陥る組織が増えている。従業員への働き掛けのハック、ナッジ、プロッドにより、目標を見失って迷走しているデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを立て直すべきだ。(2019/4/5)

手軽に疲れを癒せる:
都会に天然温泉施設が次々登場 女性や訪日客がターゲット
ビルに囲まれた都会で天然温泉が楽しめる入浴施設やホテルが次々とオープンしている。2月には大阪のベイエリアに若い女性や訪日客をターゲットにした入浴施設が完成した。手軽に疲れを癒やせ、リフレッシュできるほか、施設側も訪日客らを取り込むセールスポイントになっている。(地主明世)(2019/3/5)

関西の女子アナも夢中:
飼い主の心を癒やすペットたち 仕事の疲れも吹っ飛ぶ?
家族の一員として、飼い主の心を癒やしてくれるペットたち。仕事に追われ疲れたとき、悲しいことがあったとき…。言葉は通じなくても、逆に、言葉が通じないからこそ、じっとそばにいてくれるペットは、人の心に安らぎを与えてくれる。関西のテレビ番組で活躍し、視聴者から愛され続けている女性アナウンサー2人に、ペットとの心のふれあいについて聞いた。(加納裕子、木村郁子)(2019/3/4)

鉄鋼分野で世界最大級の“大型破壊・疲労評価センター”を開設、JFEスチール
JFEスチールは、鉄鋼分野で国内最大規模の開発拠点「大型破壊・疲労評価センター(JWI-CIF2)」を千葉市に開設した。同センターでは、建築用の鋼板や鋼管も含め、船舶、ラインパイプなどの破壊・疲労の評価に関して研究開発を加速させる。(2019/2/26)

疲れた腕をニャンコで癒やそう フェリシモからじゃれつく子猫のアームレストが登場
あの憧れのじゃれつきがいつでも味わえます……!(2019/2/26)

スマホ疲れ年代1位は10代、理由の上位は「SNSや返事が面倒」「バッテリー消耗」――携帯市場のスマホ利用実態調査
携帯市場がスマートフォンの利用実態アンケート結果について発表。脱スマホを考えたことがあるユーザーは33%と前回調査より微増し、年代別では10代が約半数に。理由1位は「SNSの返信が面倒」、2位は「バッテリーの消耗」で、「個人情報漏洩」は4位となっている。(2019/2/19)

副業をしている正社員は10%:
副業のしすぎに要注意!? 「過労で体調崩した」「本業がおろそかに」などの失敗談
副業をしている正社員が10.9%にとどまっていることがパーソル総合研究所の調査で判明。「今後やってみたい」という層は多かったが、「過重労働になり、本業に支障をきたした」「本業がおろそかになった」といった失敗談も挙がった。(2019/2/12)

手ごねパン職人の朝は早いニャ パンのクッションをモミモミする猫ちゃんがイヤなことも吹き飛ぶかわいさ!
疲れたら職人猫ちゃんを見て癒やされよう……。(2019/2/5)

「人に甘えるってどうやるんだっけ……」 疲れたOLを猫耳ちゃんが癒やそうとする不思議な漫画に癒される人続出
キミと一緒だと笑顔になれる。(2019/1/30)

「今日は外ロケで疲れたろ? こっちおいで」 城田優、誰もいないオフィスでの“ご褒美ハグ”直前ショットにときめきが止まらない
お言葉に甘えて!(2019/1/20)

「睡眠は短時間で十分」は本当?:
「仕事中ずっと眠い」「寝ても疲れがとれない」――こんな悩みを捨て去る“眠り方改革”
ビジネスパーソンはどうすれば、睡眠の質を高め、すっきりとした状態で翌日の仕事に臨めるのか。「仕事中ずっと眠い」といった状況を防ぐ方法を、作業療法士の菅原洋平氏に聞いた。ベッド内でのスマホ操作をやめることや、起きる時間をそろえることがカギになってくるという。(2019/1/12)

「市民投票賞」はセクハラ問題の財務省:
18年版「ブラック企業大賞」発表 大賞は三菱電機 長時間労働が常態化、過労自殺が2件発生
ブラック企業大賞企画委員会が「ブラック企業大賞2018」を発表。大賞は、過労自殺が相次いで発生した三菱電機が受賞した。「特別賞」は日立製作所と日立プラントサービス、「市民投票賞」は財務省、「有給ちゃんと取らせま賞」はジャパンビバレッジ東京だった。(2018/12/23)

社会に疲れたらGO! 巨大な動物たちを全身でもふもふできる漫画「もふもふ屋」に「年パス買います」の声
実現化を心から願う……!(2018/12/18)

運用の負荷軽減へ
生産性低下を招く「ファイルサーバ運用疲れ」にどう対処するか
ファイルサーバを適切に運用するのは意外と難しい。管理を厳しくすればユーザーに負荷がかかり、自由にし過ぎると管理する側のメンテナンス負荷が増えてしまう。どうすればいいのか。(2018/12/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
医師の命は軽い? 過労自殺を生み続ける“加害者”の正体
「過労死」「過労自殺」は何度も問題になっているが、2018年版「過労死白書」では働く人たちの苦悩が続いている現状が浮き彫りになった。過労自殺は長時間労働だけが問題なのではない。教職員や医師・看護師の働き方の分析から、私たちが考えるべきこととは?(2018/11/9)

「突然のデレ」に「キュン」の嵐 おっさん型家事ロボットが疲れたOLを癒してくれる漫画にトキメキが止まらない
いちいち「キュゥゥゥゥゥゥゥン」な日々。(2018/10/31)

医療機器ニュース:
酔いや疲労を軽減し、長時間使用できるヘッドマウントディスプレイ
凸版印刷は、長時間使用に適したヘッドマウントディスプレイ「TransRay」と描画エンジンを発表した。特殊ディスプレイで自然な見え方に近くなるため、ヘッドマウントディスプレイ特有の酔いや疲労を軽減する。(2018/10/30)

桐谷美玲、爆睡後の姿に「疲れ果てた人みたい」 ファンからは「大人っぽくてきれい」と反響
目の下のシャドーって難しい。(2018/10/26)

CEATEC JAPAN 2018:
見えない疲労やストレス度を1分で可視化、村田製作所
村田製作所は、「CEATEC JAPAN 2018」で「疲労ストレス計」を用いて疲労とストレスの度合いを「見える化」するシステムのデモ展示などを行った。(2018/10/19)

Mobile Weekly Top10:
Googleのスマホ「Pixel 3」はおサイフケータイ対応/「スマホ疲れ」が多い?
今回のランキングでは、ついに日本上陸を果たす「Pixel 3」「Pixel 3 XL」に関する記事が多く読まれました。(2018/10/17)

働き方の習慣を変えよう:
あなたの残業、本当に必要ですか?
かつてメーカーに勤務していた筆者は、残業と休日出勤が定常化していた。疲労感を抱えながら仕事をすると、集中力は低下し、生産性は落ちていく。その結果、さらなる長時間残業に発展していくという悪循環だった。全ての原因は「働き方の悪い習慣」の積み重ねだったという……。(2018/9/28)

“疲れにくいイラストSNS”ポイピクがサービス開始 らくがきでも描きかけでも練習絵でもポイッと投稿
シンプルながらも「ミュート」「ブロック」機能もあるので安心。(2018/9/27)

インパクトすごすぎた お風呂のお湯が黒くなる入浴剤がキティコラボパッケージで登場
インパクトすごいけど、体の疲れが取れそうな成分もいっぱい入ってます。(2018/9/26)

疲れ目対策、ノートPCへの給電、フレームレス採用:
PR:機能性と美しさを兼備 EIZOの「白いモニター」でスタイリッシュに生産性向上
ノートPCを活用した働き方が定着しつつある現代だが、「表示領域の狭さ」という課題が残されたままだ。EIZOのモニターFlexScanシリーズは、ノートPCに接続することで画面を拡張し、作業を効率化するだけでなく、疲れ目対策やUSB Type-C給電などの機能が充実している。カラーに「ホワイト」を設定しており、オフィスの見栄えを美しく変えられる点も特徴だ。(2018/9/21)

東京ゲームショウ2018:
仕事疲れを「VRカレシ」に癒やしてもらってきた 喫茶店で「遅かったな」と迎えてくれる
VRコンテンツを提供するIVRが「東京ゲームショウ2018」にゲームアプリ「VRカレシ」を出展した。(2018/9/20)

歴史も目の疲れもしっかり守ります! 「刀剣乱舞-ONLINE-×BANDAI×JINS」コラボ第3弾出陣
刀剣男士が守るのは歴史だけではない……!(2018/9/6)

医師の54%が仕事をつらいと感じている
電子カルテで疲弊する医師の燃え尽き症候群をいかに減らすか、医療ITベンダーの挑戦
米国の医療業界では、医療の質に関する報告義務、過剰な仕事量、そして「EHR(電子カルテ)疲れ」が、医療従事者の「燃え尽き症候群」の原因になっている、と専門家は考えている。(2018/9/6)

「疲れてきたのは事実」 石田ゆり子がインスタ休止を視野に、ファンから温かい声「のんびりで良いですよ」
無理なさらずに……。(2018/8/30)

「正直疲れてしまった」 五輪ボランティアを巡る「ネット工作説」はいかにして広がったか “診断メーカー”作者が明かした苦悩
現在は「工作ではなかった」説が優勢に。編集部でも検証しましたが、工作を裏付ける証拠は見つかりませんでした。(2018/8/31)

ディルバート(568):
Twitter中毒者が生まれる瞬間
最近では「SNS疲れ」なんて言葉もありますが、人によってはTwitterは刺激が強すぎる場所なのかもしれません。依存症にはくれぐれもご注意を(?)。(2018/8/23)

ぶっ飛んだ発想と謎の感動 残業疲れで“布団を身にまとう”ようになった会社員の話がハッピーエンド
ツッコミはないけど車に突っ込まれるのはよくある漫画です。(2018/8/16)

疲れた社会人を元気づけるのは……しゃべるカキ!? 癒やし系オイスター「生ガキちゃん」漫画で今日も一日がんばれそう
「意識のある生ガキ」という得体の知れない存在ながら、不思議な魅力が。(2018/8/10)

「疲れた」「眠い」は危険のサインだった――子どもの熱中症体験漫画が話題に 「湿度にも気をつけて」
湿度が高いと汗が蒸発しにくく、身体に熱がこもりやすくなってしまいます。(2018/7/19)

NMR ねとらぼミステリー調査班:
「X-ファイル」は景気が「疲れている」ときに流行るドラマ オカルト研究家・山口敏太郎が語る新「X-ファイル2018」の魅力
山口さんの考える“宇宙人の真の正体”や、自身が幼少期に遭遇したという“銀色の巨人”についても聞きました。(2018/7/13)

24時間営業は止められる:
コンビニオーナー残酷物語 働き方改革のカギは「京都」にあり
「働き方改革」の時流に逆らうかのように「24時間営業」を止めないコンビニ。その裏では、オーナーに「過労死ライン」の労働を強いている実態がある。そんな中、24時間を止めても純利益を8%増やした京都のオーナーが、メディアの取材に初めて実名で応じた。(2018/7/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。