ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  4

  • 関連の記事

「4th MEDIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「4th MEDIA」に関する情報が集まったページです。

録画機能付きSTBも提供:
ひかりTV、4月にハイビジョンチャンネルを拡充
NTTぷららが事業戦略説明会を行い、今後のサービス拡充計画を明らかにした。ハイビジョンチャンネルの拡充に加え、BSデジタル放送や録画機能付きSTBの提供などを計画しているという。(2009/3/23)

ぷららの「ひかりTV」、50万会員突破 計画上回るペース
NTT東西のNGNや光回線を通じて提供するテレビ向け映像配信サービス「ひかりTV」の契約数が50万を突破した。(2009/3/23)

小寺信良の現象試考:
ネット視聴にもう1度「テレビ」を持ち込むbranco
PCで見る映像配信サービスといえば、ほとんどが見たい内容を利用者がリクエストするVOD型だが、ソニーの「branco」はあえて“流しっぱなし”のスタイルだ。(2008/5/26)

NGN活用の「ひかりTV」は3月31日から 地デジ再送信も
NTT東西のNGNや光回線を通じて提供するテレビ向け映像配信サービス「ひかりTV」が3月31日に始まる。NGN向けには、地デジ放送のIP再送信も行う。(2008/3/7)

NTT東西の映像受信端末が復旧 原因はうるう年設定
NTT東西は、映像配信サービス「4th MEDIA」の映像受信端末「Picture Mate300」が復旧したと発表した。(2008/3/3)

うるう年でエラー NTT東西の動画配信STBに不具合
NTT東西のブロードバンド動画配信用STBが正常に起動しない不具合。29日以降に電源を入れた場合に発生しており、うるう年の設定にエラーがあったとみている。(2008/2/29)

NTT東西、約8万500台の映像受信端末に不具合
NTT東日本とNTT西日本は、映像配信サービス「4th MEDIA」を視聴するためのブロードバンド映像受信端末に不具合が生じたと発表した。(2008/2/29)

ぷららが「NTTぷらら」に NGNに向け映像サービス集約
ぷららネットワークスが社名を「NTTぷらら」に変更。NTT東西のNGNサービス開始に合わせ、NTTグループが提供するテレビ向け映像配信サービスを統合した新サービスも始める。(2008/2/26)

今度はUSBハードディスクにも録画可能:
“全部入り”の新型REGZA「Z3500シリーズ」登場
東芝が、液晶テレビ「REGZA」のハイエンドシリーズ「Z3500」5機種を発表した。全モデルに倍速駆動の10bitフルハイビジョンパネルを搭載したほか、「レグザリンク」や外付けUSBハードディスクへの録画を新たにサポート。“全部入り”状態だという。(2007/8/20)

小さな本格派、画質重視の20V型“REGZA”「20C2000」
東芝“REGZA”の「20C2000」は、上位機種に匹敵する画質を備えた小型液晶テレビだ。IPS液晶パネルに上位モデルと同じ映像エンジン。20インチクラスでは、ほかに例がないほど画質を優先している。(2007/2/9)

ハイビジョンVoD、本格展開は“順番まち”?
先週、東芝が発表した液晶テレビ「REGZA」には、4th mediaのIP VoD機能が標準搭載されている。従来モデルにも同様の機能はあったが、今回の目玉はハイビジョン対応だ。詳しい話を聞いた。(2006/8/29)

ファーストルック:
新「メタブレイン・プロ」にみる画質アプローチの変化
先日、東芝が発表した新しいREGZAには、同シリーズ最大の特徴である映像エンジン「メタブレイン・プロ」の最新バージョンが搭載されている。今回は、製品版相当という「Z2000」の37インチモデルで、その効果を検証してみた。(2006/8/24)

アイ・オー、IPv6サービス対応の11b/g無線LANルータ
アイ・オー・データ機器は、各種IPv6サービスに対応するIEEE802.11b/g無線LANルータ「WN-G54/R3」を発売する。(2006/8/23)

テーマは“硯”と“ピストン”? 東芝が液晶テレビ「REGZA」3シリーズを一新
東芝は液晶テレビ「REGZA」3シリーズ計12モデルを一気に発表した。とくにハイエンドの「Z2000」シリーズは、外観を一新したほか、3系統のHDMI端子、新「メタブレイン・プロ」、HD DVDを意識した画作りなど注目点が多い。(2006/8/23)

4th MEDIA、J1/J2 620試合の定額制見放題サービス
サッカー J1/J2の620試合が月額525円で見放題(2006/7/6)

4th MEDIA、映画が100本見放題の期間限定パックを無料提供
ブロードバンド映像配信サービス「4th MEDIA」が開始2周年を記念して、映画など100本が追加料金なしで見放題の「映画100本無料パック」を提供する。(2006/6/21)

1年で会員5倍目標に アクセル踏む「4th MEDIA」
ぷららの光向け動画配信「4th MEDIA」が、新STBの投入を機に会員獲得を本格化。1年で会員数を5倍に引き上げるのが目標だ。(2006/4/14)

西正:
IPTVという概念の整理と形態
IP方式でテレビ番組などの動画を配信できるようにするための検討が続いているが、IPTVという広義の概念を整理して議論しないと、せっかくの検討も論点が分散して、まとまるものもまとまらなくなるように思えてならない。(2006/4/6)

コラム:
IPマルチキャストが「放送」になる日
放送のデジタル化が進むに伴い、「テレビ」ではない「テレビ」もその居場所を明確にしなければならない時期が近づいてきた。地デジ難視聴対策としての側面を持つ、IPマルチキャスト放送は「放送」になれるのだろうか。(2006/4/5)

西正:
Yahoo!動画配信サービスの先見性
「放送とネットの連携」がなかなか進まないと指摘される中、ポータルサイトで最大数の顧客を持つヤフーが「Yahoo!動画配信サービス」を開始した。ポータルサイトでの展開、簡易な課金システムなど、非常に先見性の高い試みとして評価できる。(2006/2/2)

ものになるモノ、ならないモノ(5):
月額1000万円が300万になる新・映像配信って?
本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」に続き、今回はIPv6を1年前にはじめて知ったという経営者が実用化したブロードキャスト映像配信にスポットをあてる。(編集部)(2006/1/14)

インタビュー:
自由奔放な社風が生んだ“絵心を伝えるエンジン”――東芝「メタブレイン・プロ」
東芝の液晶テレビ「Z1000シリーズ」は、他製品にはない上手な階調の見せ方が特徴。その高画質に欠かせない同社独自の映像エンジン「メタブレイン・プロ」について、東芝デジタルメディアネットワーク社に話を聞いた。(2005/12/17)

TBSも有料VODに参入 11月スタート
フジ、日テレに続き、TBSも有料VOD参入を発表した。(2005/10/12)

フルHDもVoDもこれ一台――東芝の新「beautiful face」
東芝は、フルHD対応のISP方式液晶パネルを搭載したデジタルテレビ“beautiful face”「Z1000シリーズ」を発表した。高解像度化に伴い、高画質回路は「メタブレイン・プロ」に進化。また「4th Media」のSTB機能を内蔵するなど、画質とネットワーク機能の両面を強化した。(2005/9/28)

小寺信良:
急速に拡大するVOD事業の夢と現実(後編)
前回はVODが抱える問題として3つの縛り(ISP/回線網/PC)を説明したが、今回は実際にVOD導入から視聴までをテストしてみた。加入したオンデマンドTVへのインタビューも紹介。(2005/8/8)

4th MEDIA、ISPフリーのコースを新設
ぷららネットワークスとオンラインティーヴィは、多チャンネル放送&VoDサービス「4th MEDIA」にISP不問のコースを追加、8月15日から申し込みを受け付ける。(2005/8/1)

小寺信良:
急速に拡大するVOD事業の夢と現実(前編)
VODサービスが急速に拡大しつつある。中でも最近は、テレビ局の積極的な参加が目を引く。こうしたテレビ局の動きの背景と課題、そしてVODが普及するための条件を考えてみた。(2005/8/1)

フジテレビが有料VOD開始 複数ISPと提携
フジテレビは、テレビ番組の有料オンデマンド配信を7月下旬から始める。当初は1番組210〜525円。(2005/7/12)

“通信ならでは”のワンソース・マルチユース――4th MEDIAの事業戦略
ぷららネットワークスとオンラインティーヴィは7月1日、IPベースの多チャンネル放送&VoDサービス「4th MEDIA」の事業戦略と次世代STB(セットトップボックス)の概要を明らかにした。また同時にイタリア「セリエA」の7チームの独占放送権を獲得したことを発表している。(2005/7/1)

リアルタイム放送でつながる愛・地球博とInterop会場
Interop会場では、「愛・地球博」会場と、Interopを支えるShowNetとをつなぎ、「非圧縮HDTV映像」を双方向にリアルタイムで流すという実証実験を行っている。(2005/6/9)

4th MEDIA に期待される「4番目の何か」
放送には放送の、通信には通信の、それぞれ独自の文化があり、それを融合させることは簡単ではない。それぞれの独自性を維持したまま、新たな融合型サービスを生み出すとすれば、それはどんなものになるのだろうか?(2005/3/24)

6Mbpsで映画のプレミア試写会〜4th MEDIA
ぷららが運営する「4th MEDIA」は、1月29日から拡大ロードショーする映画「スパイ・バウンド」の特別試写会を実施する。会員から200人を抽選。(2005/1/11)

ハリウッドの名作を集めた「HOLLYWOODPARTY4」〜4th MEDIAに登場
NTT東のBフレッツ/フレッツ・ADSLユーザを対象にしたテレビで見る映像配信サービス「4th MEDIA」で、ハリウッドの名作映画を集めた「HOLLYWOODPARTY4」の提供が開始された。(2004/12/2)

4th MEDIA、「ウルトラマン」の配信をスタート
テレビで見るブロードバンド映像配信サービス「4th MEDIAビデオサービス」で、円谷チャンネル第1弾として「ウルトラマン」(全39話)の配信がスタートした。(2004/11/11)

ペ・ヨンジュン「ホテリアー」をいつでもTVで〜4th MEDIAで配信開始
テレビで見るブロードバンド映像配信サービス「4th MEDIAビデオサービス」で11月1日、ペ・ヨンジュン主演「ホテリアー」の配信がスタートした。(2004/11/1)

ぷらら、Plala. 4th MEDIAのSTBが無料で提供されるなどのBフレッツのキャンペーンを実施
ぷららは、映像配信サービス「Plala. 4th MEDIA」のSTB(セットトップボックス)などが無料で提供されるキャンペーン「Bフレッツ スイッチ キャンペーン」を開始した。(2004/8/3)

トレソーラ、「ブラックジャックによろしく」など人気作品を4th MEDIAで配信
TBS・フジテレビ・テレビ朝日らの運営するトレソーラは、VoDサービス「4th MEDIA」での配信実験を開始、「トリック」「ブラックジャックによろしく」「料理の鉄人」など人気番組がVoDで楽しめる。(2004/7/30)

NHK、「CoDen」「4th MEDIA」にもVODコンテンツ提供
コンテンツ提供積極的に進めるNHKが、「CoDen」「4th MEDIA」にも参入した。(2004/7/29)

多チャンネル放送&VoDの「4th MEDIA」、IPv6で本格展開
ぷららネットワークスとオンラインティーヴィは7月8日、NTT東日本のサービスエリアを対象として、IPv6を利用したブロードバンド映像配信サービスを開始すると発表した。提携ISPのユーザーは、専用のSTB(セットトップボックス)を使い、専門チャンネルや映画をテレビで楽しむことができる。(2004/7/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。