ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  7

  • 関連の記事

「730SC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「730SC」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクモバイル、基地局から時刻情報を配信――電源オン/オフで時刻を自動補正
ソフトバンクモバイルは4月4日より、ネットワーク設備から時刻情報の配信を開始する。端末の電源オン/オフ時に時刻の自動補正が可能になるが、「001SC」はソフト更新が必要。(2011/4/1)

開発陣に聞く「941SC」「AQUA STYLE 840SC」:
GALAXYともOMNIAとも違う――「941SC」で重視した“バランス感覚”
「なぜOMNIAじゃないのか」――Samsung電子のソフトバンク端末「941SC」についてそんな疑問を持った人も多いのではないだろうか。941SCは、前モデル「OMNIA VISION 940SC」から何が変わったのか。「AQUA STYLE 840SC」と合わせ、開発の舞台裏を聞いた。(2010/8/5)

ソフトバンク107機種のブラウザに不具合――個人情報詐取の恐れも
ソフトバンクケータイ107機種のブラウザ(JavaScript)に不具合があることが判明した。ソフトバンクモバイルはJavaScriptをオフにするよう呼びかけている。(2010/5/28)

ソフトバンクのプリペイド端末「730SC」に不具合――手動で一時的に回避
ソフトバンクモバイルはSamsung電子製の「730SC」のカレンダー機能に不具合があると発表。730SCはソフトウェア更新機能を備えていないため、ユーザーは手動で一時的に不具合を回避する必要がある。(2009/9/4)

パ・リーグの公式戦や交流戦全試合をYahoo!ケータイで無料配信
4月3日から開幕するパシフィック・リーグ全6球団の公式戦やセ・パ交流戦、パ・クライマックスシリーズの全試合がPCと携帯向けに映像配信される。(2009/4/2)

コンパクトなストレート端末「731SC」、3月6日発売
Samsung電子製の「731SC」が3月6日に発売される。131万画素カメラを搭載するほか、3Gハイスピードや5カ国語表示に対応する。(2009/3/4)

Mobile World Congress 2009:
日本にも“タッチ文化”は必ずやってくる──Samsung電子の日本戦略
2009年、Samsung電子は「タッチ」をキーワードに、タッチパネル搭載携帯電話を積極投入する。Mobile World Congress 2009では、3機種のタッチパネル端末を発表。世界で展開するという。同社のアジア、そして日本市場の戦略を聞いた。(2009/3/2)

写真で解説する「731SC」
ソフトバンクモバイルのSamsung電子製「731SC」は、昨年の秋冬モデルでプリペイドサービス専用として登場した730SCをベースに、通常契約(ポストペイ)用端末としてY!ケータイなどに対応させたシンプルなストレート端末だ。(2009/2/2)

基本機能を充実させたシンプルなストレートモデル――「731SC」
Samsung電子製の「731SC」は、HSPDA(3.6Mbps)に対応したシンプルなストレート端末。プリモバイル専用の「730SC」をベースに、Yahoo!ケータイやCPサイトブラウザ、デコレメールなどに対応した。(2009/1/29)

2009年春モデル:
ソフトバンクモバイル、2009年春モデル9機種発表──新サイクロイドAQUOS、VIERA、EXILIM、ダブルワンセグ……キティケータイも
ソフトバンクモバイルが2009年春モデルを発表。新サイクロイド機構+8M CCDカメラを採用した“全部入り”AQUOSケータイやカシオ計算機のEXILIMケータイ、キー表示が変化するVIERAケータイ、NECの薄型スライド、ハローキティ35周年記念モデルなど計9機種を用意する。1月30日から順次発売。【発表会と新機種動画、スペック表追加】(2009/1/29)

プリペイドサービス専用のシンプルストレート「730SC」、11月24日発売
ソフトバンクモバイルは、プリペイドサービス「プリモバイル」専用のストレートケータイ「730SC」を11月24日に発売する。メニューは日本語のほか、英語、韓国語、中国語、ポルトガル語の5カ国表示に対応した。(2008/11/19)

ソフトバンクモバイル2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ソフトバンクモバイルが10月30日に発表した2008年冬モデルは全16機種。3.8インチHXGA液晶搭載のフルタッチスライド「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」、OMNIA日本モデル「930SC OMNIA」、8M CCDカメラ搭載搭載の「930SH」から、HTCのTouchシリーズ、Nokia端末など多彩な機種が登場。このソフトバンク冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

写真で解説する「730SC」
ソフトバンクモバイルのプリペイド携帯電話サービス「プリモバイル」専用端末として登場したSamsung電子製の「730SC」。プリペイド用として、最低限の機能を備えたシンプルなストレート端末だ。(2008/11/4)

5カ国語のメニュー表示に対応、シンプルなプリペイド専用モデル――「730SC」
Samsung電子製の「730SC」は、プリペイドサービス専用の3G端末。機能は通話、SMS、カメラ、音楽プレーヤー程度とシンプルで、日・英・韓・中・ポルトガル語のメニュー表示に対応する。(2008/10/30)

Touch ProやNokia E71などスマートフォンも4機種登場:
ソフトバンクモバイル、2008年冬モデル16機種発表――3.8インチスライドAQUOSや8M CCDカメラ搭載、日本版「OMNIA」、初のカシオ端末など
ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。(2008/10/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。