ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOSケータイ 911SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOSケータイ 911SH」に関する情報が集まったページです。

Webアクセスが多いのは、どの端末? ビートレンドがアクセス実勢調査
ビートレンドが、10月に実施した携帯Webへのアクセス実勢調査の結果を発表。Webアクセスが最も多かったのは、ドコモが「P905i」、auが「W53CA」、ソフトバンクモバイルが「911SH」となった。(2008/11/11)

写真で解説する「912SH」
ソフトバンクモバイルの「912SH」は、AQUOSケータイの第3弾として投入される「911SH」の進化モデル。サイクロイドスタイルを生かすため、横画面での使い勝手を向上させているのもポイントだ。(2007/5/23)

シード・プランニング調査:
秋冬モデルの人気端末、ドコモは「SH903i」、auは「W43H」、ソフトバンクは「911SH」
シード・プランニングの調査によると、秋冬モデルで高いシェアを獲得した端末は、ドコモが「SH903i」、auが「W43H」、ソフトバンクが「911SH」だという。(2007/2/26)

携帯販売ランキング(11月20日〜11月26日):
注目の“巨頭対決”、制したのは?
冬商戦を目前にした先週末、注目の新端末が多数発売された。初登場の「SO903i」「W44K」「911SH」「910SH」らは何位にランクインしただろうか。(2006/12/1)

jigブラウザが、ドコモ「SO903i」ソフトバンク「910SH」「911SH」に対応
jig.jpは同社のjigブラウザが、ドコモの「SO903i」、ソフトバンクの「910SH」「911SH」に対応したと発表した。(2006/12/1)

開発者に聞く「911SH」:
あらゆる面で「905SH」を凌駕する──アクオスケータイ“2nd Model”への進化
ソフトバンクモバイルの“隠し球”の1つは、人気のアクオスケータイ「905SH」の後継モデルだった。もともと完成度の高かった905SHを超えるため、開発者たちはどんな思いで「911SH」を開発したのだろうか。(2006/11/28)

アクオスケータイ 2nd Modelの価格は?――「911SH」販売開始
ソフトバンクモバイルのワンセグケータイ、シャープ製の「911SH」が店頭に並んだ。新スーパーボーナスに加入し新規契約した場合の月額負担は740円となっている。(2006/11/27)

「911SH」によるワンセグ体感イベントを開催―ビックカメラ有楽町店
ビックカメラは、シャープ製ワンセグ対応端末“AQUOSケータイ 2nd Model”「911SH」の実機体験イベントを、11月25・26日に有楽町店本館にて実施する。(2006/11/24)

ドコモの「SO903i」、ソフトバンク「911SH」「910SH」「811SH」「810SH」がモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「SO903i」と、ソフトバンクモバイルの「911SH」「910SH」「811SH」「810SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2006/11/24)

+D Voice:
“SH”がダントツ人気、ソフトバンクの秋冬モデル――80xシリーズ以上編
13機種54色の新モデルを発表したソフトバンクモバイルの秋冬モデル。「911SH」「XS 707SC」が追加発表され、15機種65色となったが、13機種の時点ではどの端末の人気が高かったのだろうか。(2006/11/22)

写真で解説する「911SH」
“AQUOSケータイ 2nd Model”「911SH」は、その名の通りワンセグ対応の“AQUOSケータイ”「905SH」後継モデル。厚さ22ミリのボディに3インチワイドQVGAディスプレイを搭載する。(2006/11/20)

新機種投入で“スリム、ワンセグ=ソフトバンク”を目指す──ソフトバンクモバイルの太田氏
ソフトバンクモバイルが、年内に投入するとしていた“隠し玉”の2機種を披露。AQUOS携帯「911SH」と11.9ミリの薄型端末「XS 707SC」の投入で、“スリム、ワンセグ=ソフトバンク”を目指す。(2006/11/20)

3インチ液晶+22ミリ薄型の“AQUOSケータイ 2nd Model”──「911SH」
ソフトバンクモバイルは、シャープ製のワンセグ搭載3G端末「911SH」を11月25日から発売すると発表した。【写真追加】(2006/11/20)

シャープ「911SH」、ソニエリ「W44S」がJATE通過
シャープ製のハイエンド機種と目される「911SH」とソニー・エリクソン・モバイル製の次期モデル「W44S」がJATEを通過した。(2006/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。