ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「腹痛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「腹痛」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

司書みさきの同人誌レビューノート:
ちょっぴりマニアック? 同人誌『日本全国医薬博物館巡り』を読んで奥深き“医薬”の世界に思いをはせる
実際に現地を訪れた作者さんによる博物館情報がいっぱい。(2019/12/29)

「まだ結婚できない男」今夜最終回 「黒丹茶」「もんじゃ焼き」でわかる桑野(阿部寛)の変化、“こだわり男”は一歩踏み出すことができるのか?
前作のデートを彷彿(ほうふつ)とさせる9話のデート。(2019/12/10)

「モチモチの木」のスマホグッズ、バンダイが発売
「プレミアムバンダイ」が絵本の「モチモチの木」をモチーフにしたスマートフォンケースや充電器を販売する。(2019/11/19)

このマンガは「救済と警告のアル中文学」だ 酒飲みが『現実逃避してたらボロボロになった話』(永田カビ)を読んだら
“3人合わせてγ-GTP1000”になるメンバーで同作の感想を話す座談会。(2019/11/20)

ノロウイルス対策、何ができる? 事前に準備するグッズや予防法を紹介
毎年11月くらいから増加します。(2019/11/10)

医師「我慢するしかない」→我慢してたら盲腸が破裂寸前になった話 実録漫画が教えてくれる、「痛みを我慢しない」という教訓
痛みが続いていたら我慢しちゃダメ!(2019/9/17)

医師「我慢強いと死ぬ」 腹痛だけど3日間病院に行かず……大変な状態になった実話漫画が教訓になる
痛みを感じたらすぐ病院に行きましょう。(2019/8/19)

大浦龍宇一、2カ月も腹痛続く妻の検査結果に「心底、安堵しました」 7月には胃痛から失神も
ゆりえさんは長期に渡り腹痛と胃痛を訴えていました。(2019/8/1)

産業医500人に聞く:
働く人のメンタル不調の原因、1位は「職場の人間関係」 管理者ができることは?
医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」などを運営するメドピアが、「従業員のメンタル不調」に関するアンケート調査を実施。産業医500人にメンタル不調の原因を聞いたところ、1位は「職場の人間関係」だった。(2019/7/10)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

言葉による内省:
難病と生きる「孤高の書道家」――スマホ時代に問う「手書きの意味」
スマートフォンが普及し、手で文字を書く機会を失いかけている時代に、組織や団体に属すことなく書の根源的な意味を探り続ける研究者がいる――。(2019/3/28)

実用例や課題を紹介
医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか
医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。(2019/3/22)

インフルエンザを乗り切るためのスマホ活用術
一人暮らしなのにインフルエンザ……そんなときに。(2019/1/29)

【マンガ】インフルエンザにも「熱が出るタイプ」「お腹にくるタイプ」がある
「型」が違うと、症状の傾向も変わるのだとか。(2019/1/3)

消費者庁が通販で購入した製品の事故に注意喚起 傷病や死亡につながったケースは162件
リコール品が販売されていることも。(2018/11/15)

陣痛に耐えられなかった体験談に反響 「無痛分娩がもっと一般的になればいいのに」「出産はゴールでなくスタート」の声
自然でも無痛でもママが安心できる出産ならいいじゃないか。(2018/10/3)

【マンガ】「盲腸炎」の手術で切除されるのは盲腸ではない、って知ってた?
そもそも「盲腸炎は盲腸で起こっている」わけではない。(2018/10/1)

「生理は病気じゃない」けれど……病気でもないのに地獄が毎月やってくるつらさを描く漫画に共感集まる
同性にも伝わらないことが……。(2018/8/22)

おにぎりやカレーも危険 夏の食中毒、どんなことに気をつければいい?
知識で身を守る。(2018/8/3)

0.5歩先の未来を作る医療IT
人工知能(AI)の普及で、医師が「本来やるべき業務」に集中できる、これだけの理由
医療従事者が事務作業の負担によって本来やるべき医療に専念できない――という課題は、長きにわたり問題視されてきました。人工知能(AI)技術の普及は、こうした課題も解決するかもしれません。(2018/7/2)

新しい上司が心配だったけど…… パワハラで転職した主人公と上司の漫画にほんわかする人続出
この先の展開を……期待しちゃう。(2018/5/24)

5月下旬は「ストレス 吐き気 涙が止まらない」などが増える Yahoo!の"新社会人検索ワード分析”が社会の闇
生きて……。(2018/5/22)

尿路結石の経験を描く漫画がマジ怖い 「立てなくなるほどの激痛」「運動と水分の不足に注意」
特にフリーランサーの場合は健康診断を忘れずに。(2018/5/9)

トイレの虫対策のやり方、教えて!
トイレに発生しやすいチョウバエ、紙魚(しみ)の駆除方法などをご紹介します。(2018/5/3)

「冨樫との付き合い方がわかった」「好きなキャラは山王の松本」 般若×R-指定×背川昇のフリースタイル漫画談義
百合ラップ漫画『キャッチャー・イン・ザ・ライム』を世に送り出した3人が漫画とMCバトルについて語った。(2018/3/17)

医療機器ニュース:
過敏性腸症候群のメカニズム解明へ、腹痛時の自律神経活動をスマホのカメラで測定
東北大学大学院医学系研究科の福土審教授らは、同情報科学研究科との異分野連携により、腹痛時の自律神経活動を測定、記録できるiPhoneアプリ「おなかナビ」を開発した。また同アプリを用いた過敏性腸症候群の神経活動調査を開始した。(2018/2/15)

ジャガイモは光に当てないで―― 農水省が栽培や調理時の取り扱いについて注意喚起
ジャガイモは栽培から食べるまでの取り扱いを誤ると天然毒素が増え、食中毒を起こすことがあります。(2018/1/30)

“お腹”の具合から過敏性腸症候群を診断する「おなかナビ」――東北大、医学研究用アプリで病態解明へ
東北大学は、突然の下痢や便秘などの症状を伴う「過敏性腸症候群」の可能性を診断するアプリ「おなかナビ」を開発した。アプリを通して一般の研究賛同者からデータを集め、過敏性腸症候群の発症メカニズムの解明に取り組む。(2018/1/29)

司書メイドの同人誌レビューノート:
アフリカで初音ミクのライブをやってみた 一人の教師が実現させた異国の”ミクライブ”
今回は初音ミク愛にあふれた『Miku in Africa』をご紹介。(2018/1/7)

「いきなり差し押さえはあり得ねぇ」 山梨県警察による架空請求ハガキへの全力ツッコミが分かりやすい
ナイスツッコミ!(2017/12/30)

水素水、バストアップ、関節に効く…健康食品に本当に効果はあるのか? 「商品テスト」から見る健康食品との付き合い方
「健康被害」にあわないために。(2017/11/19)

iOS11の新機能「緊急SOS」で命拾いしたiPhoneユーザーが話題に 「その機能知らなかった」「自分も設定する」
サイドボタンの操作で、緊急通報などを行う新機能。(2017/11/15)

男の子が腹筋したら割れたお腹がしゃべり始めた 絵本「ぼくのふっきん物語」のオチがムキムキ切れまくり
少年漫画感が好き過ぎた。(2017/10/1)

和式便器はなぜなくならないのか?
和式便器撲滅作戦。(2017/8/13)

アニサキス症の報道に鮮魚店から悲鳴 「アニサキスは処理してます」訴えた漫画が話題に 研究者の見解は
鮮魚店でのアニサキス症の実態を紹介した漫画が注目を浴びる。国立感染症研究所のアニサキス症研究者にも取材しました。(2017/6/10)

なぜ風邪は“ぶり返す”のか? 医師に聞く予防法と治し方
“ぶり返す”のは実は「新しい風邪」にかかっているから。(2017/6/8)

やしろあずきの調査―― 今の若者ってSNSをどう使ってるの? インタビューから見えた光と闇(女子高生編)
中高生のころにSNSがなくて本当によかった……。(2017/3/5)

人見知りが「あぁ、われわれは友人ではないのだな……」と思い知らされる10の瞬間
(2017/2/18)

ビッグデータで“おもてなし”:
「Tableau」と「Redshift」を導入、ココカラファインの狙いとは?
「ドラッグストアなんて、どこも似たようなものじゃないの?」 差別化が難しい業界において、データ活用で活路を探るココカラファイン。プライベートDMPやセルフサービスBI導入の目的は個客単位でのおもてなしにあるという。(2017/2/8)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
辛い営業マンさながらの板挟みにあった片桐且元の真意は……
豊臣家の事務方として秀吉や秀頼に尽くした片桐且元ですが、最後は徳川方へ奔走してしまいました。且元の真意はいかなるものだったのでしょうか……?(2016/10/15)

腸内の善玉菌が少ないとうつ病になりやすい?
ビフィズス菌などの善玉菌が少ないと、うつ病リスクが増えることが世界ではじめて明らかになりました。(2016/7/21)

ひと晩寝かせたカレーで食中毒!? 加熱しても死なないウェルシュ菌とは
「2日目カレー」は危険という話。(2016/6/22)

丸亀製麺、食中毒事故で謝罪
名古屋市の松葉公園店で複数の客に下痢、腹痛の症状が発生した。(2016/6/16)

その腹痛は病気かも! 過敏性腸症候群の症状と対策
緊張やストレスが高じると胃腸の調子が悪くなる「過敏性腸症候群」。一体どんな食事がいいのでしょうか?(2016/5/13)

「肉フェス 2016 春」で食中毒の疑い 一部の客に発熱、腹痛、下痢などの症状
相談窓口が開設されています。(2016/5/11)

玉置浩二さん、「憩室炎」で5月のライブ中止に
6月の公演から活動再開。(2016/5/6)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編 おなか痛いのにフリスビー飛んできた
HOWCASE札幌ル・トロワ店のマッチョ好きな種田が「筋肉」というワードでアプリを探したところ、「おなか痛いのにフリスビー飛んできた」というアプリを発見。お腹痛いだけでもつらいのに、さらにフリスビーまで飛んできちゃって……という内容。(2016/4/15)

毒キノコの危険性をキノコ自身が訴える社会派カプセルトイ
(2016/2/18)

歴ドル・小日向えりの「もしあの武将がネットサービスを使ったら……」:
虫嫌いに占いマニア、乙女な素顔の武田信玄
戦国時代、あの織田信長からも恐れられた武将といえば、甲斐の虎・武田信玄です。「風林火山」の軍旗を掲げ、果敢に諸国を侵略していった信玄公は勇敢そのもの。しかし実は乙女な一面を持っていたのをご存じでしょうか?(2016/2/13)

スマホでいつでも医師に相談できる「ポケットドクター」 その可能性と課題
救急車を呼ぶほどではないが、体調が優れない。どうするべきか――。そんなとき、スマートフォンから医師に相談できるサービスが2016年4月からスタートする。(2016/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。