ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「@米国IT事情」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「@米国IT事情」に関する情報が集まったページです。

@米国IT事情(11):
ドットコムが消えたスーパーボウル 〜 変わりつつあるネット企業の広告戦略 〜
(2001/2/21)

@米国IT事情(10):
「無料」サービスの生き残る道は? 〜 ドットコム・バブル崩壊後、有料化へと進む 米国ネット市場 〜
(2001/1/17)

@米国IT事情(9):
米国の「SIPS」事情 〜 SIPS発展の過程と現状、今後の展望を探る 〜
(2000/12/8)

@米国IT事情(8):
技術者不足解消の鍵を握る「H1-B」ビザ 〜 ハイテク移民が支える米ニューエコノミー 〜
(2000/12/2)

@米国IT事情(7):
コンテンツをコマースに変えるASP企業 〜ECのすべてのプロセスをパッケージ化して提供〜
(2000/10/5)

@米国IT事情(6):
米国ネット広告最前線 〜リッチメディア広告からゲリラマーケティングまで〜
(2000/9/6)

@米国IT事情(5):
急成長するセキュリティのアウトソーシング ハッカーのように考える次世代の対策ソフトも登場
(2000/8/17)

@米国IT事情(4):
急増するインターネットのビジネスモデル特許 Amazon.comのボイコットの理由にも
(2000/7/8)

@米国IT事情(3):
音楽業界を震撼させるNapsterの可能性ユーザーと直接つながることが可能に
 全米で大きな物議を醸しているMP3音楽ファイルの交換ソフト「Napster」は、音楽業界のみならず、ポータルサイトを含んだネットビジネスモデルを大きく変革するものとして注目を集めている。著作権を侵害するとして複数の相手から提訴されているNapsterは、現在ベータ版にもかかわらず口コミだけで数百万人のユーザーを抱えている。(2000/6/2)

@米国IT事情(1):
急成長するASP市場 第二世代へと突入する米国のASP
(2000/5/22)

@米国IT事情(2):
ネット経済を加速するインキュベーター 「バーチャルインキュベーター」など多様化へ
 「いいビジネスプランを思いついたが、資本金や人材をどうやって集めていいか分からない」という起業家の卵にとって、頼りになるのが「インキュベーター」だ。ドットコム養成工場とも言えるインキュベーターの役割と米国の注目企業を探ってみよう。(2000/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。