ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「青空文庫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「青空文庫」に関する情報が集まったページです。

「定年まで逃げ切れなかった」デイリーポータルZ独立 林さんに聞く不安と希望「もう一度、インターネットらしく」
あの「デイリーポータルZ」がついに独立。東急グループ傘下から、編集長の林雄司さんの1人会社に譲渡される。今後も赤字の見通しだが、いろいろ大丈夫なのか、赤裸々に聞いてきた。(2023/12/22)

AIに相談だ!:
「やべぇ夏休みの宿題終わってねぇ!」というときに使える? ChatGPTで読書感想文作ってみた
AIチャットサービス「ChatGPT」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。その反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/8/30)

石野純也のMobile Eye:
「Pixel Fold」は折りたたみスマホ市場を変える存在になるか? 実機を試用して見えた可能性
スマートフォンの“進化系”と目されてきたフォルダブル端末は、その存在感を徐々に高めている。日本で折りたたみスマホ市場をリードしてきたのはサムスン電子だが、ここにPixel Foldが加わる。“Google参入後のフォルダブルスマートフォン”の行方を占っていきたい。(2023/7/1)

「ゼルダの伝説」に「三国志」の計略を応用 “敵に矢を借りる策”に「令和の孔明」「周瑜も真っ青」と称賛
むむむ……。(2023/6/16)

『走れメロス』の“ふんわり書き直し”が今風過ぎて爆笑 「性格イマイチな王を何とかしたいなー」「政治とかはあんまり…」
正直、走りたくなさそう。(2023/5/31)

MacやWindowsには“元ネタ”があった 「パロアルト研」が残した「Alto」を振り返る
MacやPCなど現代コンピュータの“聖地”ともいわれる「パロアルト研究所」が米Xeroxのもとを離れる。同研究所で生まれた「Alto」がどういうマシンだったのか、そして今のPCにどういう影響を与えてきたのか、Altoとその“子どもたち”について語る。(2023/4/28)

空欄に入る言葉は? 中島敦『山月記』の一節を完成させよう!【穴埋めクイズ・文豪の一節篇】
どれだけ名言を知ってるか、チャレンジ!(2023/2/4)

空欄に入る言葉は? 梶井基次郎『檸檬』の一節を完成させよう!【穴埋めクイズ・文豪の一節篇】
どれだけ名言を知ってるか、チャレンジ!(2023/1/21)

小寺信良のIT大作戦:
権利者不明「孤児作品」問題の解決に一歩 文化庁が提案する新制度をひもとく
孤児作品とは、著作権の継承者(多くの場合は子や孫)が誰でどこにいるのか分からないため、許諾を得る事ができない作品を指す。そんな中、文化審議会 著作権分科会 法制度小委員会が2年間に渡る審議を経て報告書案をまとめた。孤児作品問題をどう解決していくのかひもといてみる。(2023/1/19)

空欄に入る言葉は? 太宰治『人間失格』の一節を完成させよう!【穴埋めクイズ・文豪の一節】
どれだけ名言を知ってるか、チャレンジ!(2023/1/7)

この画像は何の「小説」でしょう? イラストAIが描いた絵からタイトルを当てるクイズに挑戦しよう【日本近代文学編】
問題は全部で3問。全問正解できるかな?(2022/9/4)

CloseBox:
最後に、日本ソフトバンクに出版事業部があった時代について話そう
最終回です。1990年代あたりを雑に語ります。(2022/8/23)

もしも『山月記』の主人公が少しずつ虎になっていたら? パロディ4コマ漫画で“まさかの展開”
そのしっぽは、我が友、李徴子のか?(2022/7/29)

ITワード365:
【ITワード365】LiDAR/E2EE/BaaS/ビッグデータ/生体認証/Python/テキストマイニング
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/6/2)

【新連載】メタバースはじめました:
ある朝起きたら「変身」していた! メタバースとアバターの関係から見る「これは自分じゃない」問題
メタバースではどんな未来が生まれつつあるのでしょうか。そんなことを紹介していく新連載、スタートです。(2021/12/23)

読書の速度を最大で2倍に? Webの文章を読みやすくレイアウトするChrome拡張「読書アシスト」期間限定公開
ワンタッチで行間の空いた読みやすいスタイルに。(2021/12/7)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
「2画面スマホ」はスマートフォンの未来か 「Surface Duo 2」海外モデルを取り寄せて検証してみた
2画面スマートフォン期待の新星「Surface Duo 2」を入手した筆者が、このジャンルの可能性と課題を考える。(2021/11/30)

“3行要約AI”大反響 「走れメロス」の失敗報告に開発ベンチャーも注目 原因と対策を聞く
文章からAIで3行の要約を生成するサービスがSNSを中心に盛り上がっている。多くの人が試す中、「走れメロス」の要約が失敗だと話題になった。その原因と対策を開発したAIベンチャー企業に聞いた。(2021/9/13)

高い、使いにくい、読みにくい──音声合成研究者を悩ませるハードルを解決する“台本”、明治大学らが発表
明治大学らが、音声合成の研究に必要な音声を収録するための台本「ITAコーパス」を公開した。開発に携わった小口さんによると、ITAコーパスは既存コーパスが抱えていた3つのハードルを解消できるように設計したという。(2021/6/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「開かる」
ヒント:アニメの次回予告などでよく聞く(2021/5/10)

【なんて読む?】今日の難読漢字「尤も」
「犬」みたいだけど、ちょっと違う漢字。(2021/5/7)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鵺」
ヒント:特に鳥っぽくない妖怪(2021/5/6)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鏝」
たぶん人によって連想するものが違う金属の道具。(2021/5/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「殿」
「殿」の「との」ではない読み方。(2021/5/4)

【なんて読む?】今日の難読漢字「粽」
ヒント:おいしいやつ(2021/5/3)

【なんて読む?】今日の難読漢字「弍」(よく見る壱弐参の「弐」とちょっと違う)
左上の横棒がない。(2021/4/30)

【なんて読む?】今日の難読漢字「弌」
見たことありそうでないやつ。(2021/4/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「螳螂」
ヒント:螳螂拳(2021/4/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「囀る」
ヒント:○○○る(2021/4/27)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]PyTorchのRNNクラスを使って文章生成を行う準備をしよう
青空文庫から取得した小説データのインデックスへの変換、インデックスのベクトル化、RNNへの入力など、文章生成の準備と全体の流れを確認します。(2021/3/19)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]マルコフ連鎖で文を生成してみよう
青空文庫から取得した梶井基次郎の著作データをMeCabで分かち書きしたものを基に、マルコフ連鎖と呼ばれる手法を用いて文を生成してみます。(2021/2/19)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]MeCabをインストールして分かち書きを試してみよう
形態素解析エンジン「MeCab」をGoogle Colab上にインストールして、簡単なテキストを解析したり、分かち書きをしたりできるようにしてみる。(2021/2/5)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
[文章生成]スクレイピングで青空文庫からデータを取得してみよう
機械学習を使って文章の自動生成を行う準備として、青空文庫から小説のデータを取得して、本文のテキストを1文ずつリストに格納してみましょう。(2021/1/29)

『メロス』も『羅生門』も「一行」に 名作をスクロールだけで読める「一行文庫」に反響
本が苦手な人ほど読みやすいかもしれません。(2020/7/1)

芥川龍之介『羅生門』を魔改造した増田文学「クソデカ羅生門」が読者の精神を蝕む 「めちゃくちゃ面白い」「なぜこれを書こうと思ったのか」
森羅万象なんでもクソデカ。(2020/6/12)

豪華な布陣……! 声優の悠木碧が絵本朗読を無料公開、BGMは小岩井ことり担当
多くの声優が悠木さんの活動に賛同しています。(2020/4/8)

声優の悠木碧さん、自宅待機の親子に絵本読み聞かせ SoundCloudで音源公開
声優の悠木碧さんが、絵本の読み聞かせ音源を公開。新型コロナの影響で自宅待機する親子に向け、ネット上での朗読を始める。(2020/4/8)

「“聞いた風”なことを言うな」→正しくは「利いた風」……ってホント? 近年現れたとみられる「聞いた風誤用説」
辞書によって誤用説が採用されていたり、そうじゃなかったり。(2020/3/1)

夢野久作の『ドグラ・マグラ』を1年かけてメールでちょっとずつ読んで“積ん読”解消できる
2020年1月1日から12月30日まで毎日3分程度。(2019/12/11)

立命館大学、文学部の学生研究に「デジタル活用」促進 専攻と平行で学べる「クロスメジャー制度」
文学部からAIやデジタル技術を活用できる人材を輩出していきたい考え。(2019/8/6)

青空文庫で「○分以内で読める」作品がわかる 目安の読了時間で検索できる「ゾラサーチ」が便利
「5分以内」で読める文学作品から、じっくり「1時間〜」の作品も検索可能です。(2019/4/6)

国会図書館の“死蔵データ”活用へ 漫画家・赤松健さんが考える「マンガ図書館Z」の次の一手
青空文庫などが開催したシンポジウムに漫画家の赤松健さんが登壇。絶版漫画の無料配信サイト「マンガ図書館Z」を応用した新しい仕組みの構想を明らかにした。「出版社も作者ももうかる」という。(2019/1/15)

青空文庫、著作権あり作品や孤児作品の受け入れ拡大へ 「できるだけパブリックドメインに近い形での公開目指す」
(2019/1/12)

著作権保護期間「作者の死後70年」に 青空文庫、元日に「Public Domain Locked」と嘆く
日本の著作権保護期間が作者の死後50年から70年に延長された。青空文庫は元日、「Public Domain Locked」と書かれた黒地に赤のバナーを掲示し、保護期間延長を嘆いている。(2019/1/4)

『レ・ミゼラブル』より「五時が鳴った。」 小説の一節を引用して時間を伝える“小説時計”が面白い
風情を感じる。(2018/9/1)

雨にも負けず、ビッグサイトの熱気にも負けず――宮沢賢治調コミケ漫画のように、私はなりたい
原文の魅力もあって、詩がとても心にしみる。(2018/8/10)

著作権保護期間はホントに70年になる?
いつの間にか決まった、著作権保護期間70年。何が問題なのか、これからどうなるのか、改めて考えてみた。(2018/7/9)

ディープラーニング習得、次の一歩:
ディープラーニングで自動筆記 − Kerasを用いた文書生成(前編)
ディープラーニングによる自然言語処理の一つ「文書生成」にチャレンジしてみよう。ネットワークにLSTM、ライブラリにKeras+TensorFlowを採用し、徐々に精度を改善していくステップを説明する。(2018/7/5)

神戸市が楽天の「電子図書館サービス」試験導入 スマホ・PCで電子書籍を借りる
兵庫県神戸市は、楽天グループが提供する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」を6月22日から試験導入する。市民が、市立図書館の図書カードを使ってIDやパスワードを発行して電子書籍を借り、スマホやPCで読めるようにする。(2018/6/13)

神戸市が電子図書館サービスを試験導入 「Rakuten OverDrive」活用
政令指定都市としては2件目の導入。(2018/6/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。