ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「嵐」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「嵐」に関する情報が集まったページです。

うっちーとマスターだ! 岡田義徳&佐藤隆太、「木更津キャッツアイ」「THE3名様」2ショットにファン感激
2人の演技好き。(2019/5/29)

「生きてるみたい」「4K画像よりきれい」 色鉛筆で描いたカブトムシが今にも動き出しそうな完成度
いろんな意味で鳥肌が立ちました。(2019/5/19)

嵐・大野智は何と戦い何を失い何から自由になったのか 初地上波「忍びの国」を今見ると、シンクロっぷりがはんぱない
4月2日20時57分よりTBS系列でゴールデン初放送。(2019/4/2)

2018年のCM出演タレント、竹内涼真が躍進! 1位はau「三太郎」シリーズのあの俳優
見ない日はないほど。(2019/3/7)

「西門さん×桜子ちゃん!」 松田翔太&佐藤めぐみ、 “花男コンビ”の再会ショットにファン大歓喜
桜子いいキャラだったなぁ。(2019/3/6)

木村拓哉×浜田雅功、「人生は上々だ」コンビがラジオ初共演 「裏話とか聴けるかな?」とファン沸き立つ
楽しみ……!(2019/2/24)

世の中の写し鏡か?:
嵐の活動休止で考える「中年の発達課題」とSMAPとの違い
2020年をもって活動を休止する嵐。彼らはちょうど初期成年期から成年期に差し掛かる年代であり、20年にはリーダーの大野さんも40歳になる。彼らは自分たちの発達課題を自覚したのかもしれない。ライフサイクル理論を用いて嵐の解散について考えてみたい。(2019/2/21)

猶予期間は必要?:
山口百恵から嵐まで 変わるアイドルの“引き際”
来年末で活動を休止する人気アイドルグループ「嵐」の引き際について、ファンの間で波紋が広がっている。アイドルの引退をめぐっては、絶大な人気を誇りながらも昨年有終の美を飾った安室(あむろ)奈美恵さんや、最後のコンサートでステージにマイクを置いて去った山口百恵(ももえ)さんら印象的なケースも少なくない。ただ、最近は引退や活動休止まで猶予期間を置くなど、引き際のありようも変わってきているようだ。(江森梓、有年由貴子)(2019/2/20)

栗子は裏切らない! 国民的筋肉俳優、中国美女ロン・モンロウに魅了される姿が話題に
笑顔がキラッキラだった。(2019/2/15)

「個展をやろうと思ってます」 平野ノラ、嵐・大野智の後押しで“アーティスティック”な才能を全解放させる
大野さんが言うなら間違いない。(2019/2/7)

広がる“嵐ロス”:
嵐「あと2年」の影響力 TV番組・CM・音楽……5人の足跡
来年末での活動休止を発表したアイドルグループ「嵐」はテレビやCM、音楽などで実績を残してきただけに、各業界に“嵐ロス”が広がる。一方で、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた露出増大の予測やライブチケットの人気集中による混乱への懸念などさまざまな声が上がった。(兼松康、竹中文、三宅令)(2019/2/7)

嵐活動休止、テレビ局やCMスポンサーに衝撃
「嵐」の来年末での活動休止発表を受け、テレビ局やCM関係者などは28日、対応に追われた。複数の出演番組やCMを持つ人気グループだけに休止までの活動の行方にも関心が集まっている。(2019/1/29)

スピン経済の歩き方:
嵐の会見は「100点」、その理由は?
人気アイドルグループ「嵐」の記者会見が話題になっている。ネットを見ると、多くの人が嵐の対応に「好感がもてた」といったコメントをしているが、筆者の窪田氏はどのように分析しているのか。プロの目から見ると……。(2019/1/29)

「代わりは見当たらない」:
嵐活動休止、テレビ局やCMスポンサーの今後の対応は……
アイドルグループ「嵐」の来年末での活動休止発表を受け、テレビ局やCM関係者などは28日、対応に追われた。複数の出演番組やCMを持つ人気グループだけに休止までの活動の行方にも関心が集まっている。(2019/1/29)

嵐「活動休止」で再確認した“聡明さ” 1月27日の嵐がスゴかった3つのポイント
寂しい、でもすごい。(2019/1/28)

「私の大切な思い出」 叶姉妹、13年前に「嵐」からもらったプレゼントを明かす
今でもうれしく思っている様子。(2019/1/28)

嵐、「活動休止」宣言もファンからは「応援しよう」とポジティブな意見 記者の“無責任”発言には批判続出
ネガティブな意見は、「無責任」発言に対するものも多そう。(2019/1/28)

「嵐」活動休止で「#大野くんの夏休み」Twitterトレンドに なぜ?
「嵐」が2020年いっぱいで無期限の活動休止に入ると発表した。これを受け、ファンの間で「#大野くんの夏休み」というハッシュタグが流通。28日朝からは日本のトレンド1位になっている。「#大野くんの夏休み」の意味とは?(2019/1/28)

嵐、2020年での活動休止を発表 大野智「自由な生活がしてみたい」、メンバー4人に告白
有料ファンクラブサイトで明かされました。(2019/1/27)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
ジャニーズ写真解禁に「時代が変わった」 初取材の記者が、リハーサル画像と振り返るNHK紅白歌合戦2018
初めての取材、右も左も分からない……!(2019/1/6)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」で第69回NHK紅白歌合戦スタート! 櫻井翔も“ランニングマン”
平静最後の紅白が幕を開けた!(2018/12/31)

第69回NHK紅白歌合戦特集:
関ジャニ∞から「赤という色がなくなってしまった」 紅白歌合戦リハで村上が渋谷すばる脱退に触れる
みんな色々なことがあった年だった。(2018/12/29)

圧倒的な小顔効果! ブルゾンちえみ、くっきー&「ガリットチュウ」福島に挟まれイイ女マシマシになる
プリクラに導入してほしい。(2018/12/24)

過去最少を更新する見込み:
年賀状、19年用は大幅減少か ネット、SNS普及で歯止めかからず
全国で配達受け付けが始まっている2019年用年賀はがきの引き受け枚数が注目されている。若い世代の“年賀状離れ”で苦戦が続く中、日本郵便は郵便局の年賀はがきの販売枚数目標となる「指標」を同年用から廃止したからだ。引き受け枚数の前提となる当初発行枚数は、19年用は前年比7.1%減の24億21万2000枚。減少傾向に拍車がかかり、過去最少を更新するとみられる。(2018/12/19)

「血繋がってませんか」 金爆・歌広場淳、すっぴん素顔が相葉雅紀そっくりと話題に
目元と鼻が似てる?(2018/11/26)

平成最後の「紅白歌合戦」出場歌手発表! あいみょん、King&Princeらが初出場決定 DA PUMPは16年ぶり
数年ぶりに出場果たすアーティストにも注目。(2018/11/14)

ファンの悩みを解消:
「嵐」のコンサート、物販コーナーの混雑緩和にアプリ導入 欲しいグッズをQRコードで注文
アイドルグループ「嵐」のコンサートに、物販コーナーの混雑緩和に向けたスマホアプリが導入される。欲しいグッズをアプリ上で確認し、店員にQRコードを見せると注文できる。決済機能はないが、購入金額の合計値を自動計算する機能も持つ。(2018/11/8)

最も支出を生み出したのは3年連続「嵐」:
「君の名は。」がロングセールス 消費行動を喚起するコンテンツは?
博報堂DYパートナーズと博報堂による「コンテンツビジネスラボ」は10月25日、2018年版「コンテンツファン消費行動調査」の結果を発表。コンテンツの周辺情報や小ネタなどの付帯情報(Feed)をSNSなどで効果的に拡散できたコンテンツがランキング上位に目立つ結果となったという。(2018/10/25)

「本人が白塗りしてるのかと」 野性爆弾くっきーの“中居正広ものまね”がファン納得の完成度
くっきーマジック。(2018/9/19)

「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙2018」たけのこ党勝利! “吉田沙保里とつくるたけのこの里”実現へ
大接戦でした。(2018/9/11)

オーラがハンパない! 松田翔太&秋元梢の密着ショットにファン歓喜 フジロック’18に夫婦で参戦
絵になりすぎる夫婦。(2018/7/28)

「本人と並んだら見分けつかない」 野性爆弾くっきー、新たな“ものまねメイク”が歴史を塗り替える完成度
もう本人じゃん。(2018/7/13)

PR:ERPのSuperStreamが会計・人事業務をオフィスロボットとしてパッケージ化〜経理・人事の定型業務をRPAで自動化〜
せっかくRPAを導入したのに、運用管理に手間がかかってせっかくの時短効果が台無しに――。そんな事態にならないよう、ERP大手のSuperStreamが考えた方法とは。(2018/7/11)

ロボットとAIが変える「医師の働き方」:
二宮和也主演「ブラックペアン」で話題の手術支援ロボット 直腸がん手術「第一人者」に聞く
 二宮和也が「オペ室の悪魔」と呼ばれるダークヒーロー役を演じる人気テレビドラマ「ブラックペアン」に登場する手術支援ロボットが、いま日本の医療施設に普及しようとしている。ロボットを使った直腸がん手術の第一人者である絹笠祐介・東京医科歯科大学教授に現状と課題を聞いた。(2018/6/15)

「バイキング絶対いけます!」 野性爆弾くっきー、坂上忍メイクが“お昼の顔”になれそうなハイクオリティー
松っちゃんも大絶賛。(2018/5/13)

「農家のおじさんみたい」 おばたのお兄さん、話題の花沢類登場シーン再現動画が“庶民”全開でファン爆笑
声は似てる。(2018/5/4)

ドラマ「ブラックペアン」の治験コーディネーター 「現実と全く違う」「侮辱」と日本臨床薬理学会がTBSに抗議
「治験コーディネーター」の描写が実際とあまりにも懸け離れているとして、学会が意見書を公開しました。(2018/5/3)

誰だお前は! 菜々緒、Twitterのアイコンが突如“白塗り”のバケモノと化してしまう
いろいろアウト。(2018/5/2)

「F4集合はやばい!」「西門さん最高です」 松田翔太の結婚祝いに小栗旬、松本潤、阿部力「F4」が全員集合!
英徳学園の同窓会状態。(2018/4/28)

「これは夢ですか?」 嵐の二宮和也がテレビ番組のInstagramに登場、ファンの悲鳴止まらず
雑誌の電子版表紙も“かまいたちの夜”状態が解消されつつあります。(2018/4/6)

TGC2018 S/S:
桐谷美玲が紹介して人気沸騰の“ハーフ美少年”翔、11歳で堂々ランウェイデビュー 好きな芸能人は「櫻井翔」
Instagramでかっこよすぎると話題に。(2018/4/3)

「ムロツヨシがジャニーズのオーディションを受けた」はフェイク バラエティーのトークが事実として拡散
「番組を最後まで見ずに記事にする簡単なお仕事」など批判の声も。(2018/3/15)

「立花彩乃と書いて、パッツン!」 榮倉奈々がドラマ「99.9」最終回で復帰、ネットに歓喜の声あふれる
出産後初のドラマ復帰。前髪ぱっつん再び。(2018/3/15)

おでこ全開! ざわちん、ドラマ「99.9」出演の木村文乃にメイクでなりきり
髪形は「マザー・ゲーム」のときの木村さんっぽい。(2018/3/12)

PR:「聞こえてますか? 二宮和也です」 JR新宿駅新南改札外に“麦とホップ”の「巨大耳打ち缶」出現、抱きつくとニノと篠原涼子の声
ニノと篠原さんがあなただけにささやいてくれる!(2018/3/9)

「嵐にまで手を出すとは」 野性爆弾くっきー、二宮和也のものまねメイクがファン閲覧注意の仕上がり
もう誰にも止められない。(2018/2/27)

38年間の戦いに民意を問う:
「きのこたけのこ戦争」決着? 「きのこの山・たけのこの里」国民総選挙スタート
「きのこの山」と「たけのこの里」はどちらが勝つのか――明治が“国民総選挙”を始める。「きのこ党」「たけのこ党」「どっちも党」に分かれて投票を募る。(2018/2/26)

きのたけ戦争に決着の時……! 明治公式「きのこの山・たけのこの里 国民総選挙」の投票開始で問われる民意
各党がマニフェストを公開しています。(2018/2/26)

もはや「当然」:
日立の家電、“省エネ”前面アピールやめた理由
日立アプライアンスが、新コンセプトに基づいた家電を発表。うち2製品はコネクテッド家電で、スマホアプリで操作できる。多様化する顧客ニーズの変化に対応する狙い。(2018/2/1)

“花男”続編、漫画『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』が杉咲花主演でドラマ化決定!
原作者の神尾さんも期待を寄せています。(2018/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。