ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「週刊文春」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「週刊文春」に関する情報が集まったページです。

「事実無根」「極めて悪質」 デヴィ夫人、“慈善団体資金持ち逃げ”を報じた『週刊文春』等を刑事告訴 先方の取材を非難「内容を悉く無視」
「このまま社会から抹殺される」と不安も吐露。(2024/2/27)

吉本興業、松本人志さんの週刊誌報道に「お詫び」 事実確認を進め「説明責任を果たす必要」
当初は“事実無根”としていました。(2024/1/24)

スピン経済の歩き方:
みんな「値上げ」しているのに、なぜマックは「もう行きません」と叩かれるのか
多くの企業が値上げを実施する中、叩かれる企業とそうでない企業がある。なぜこんな「不平等」が起きるのか。理由は……。(2024/1/24)

松本人志、週刊文春を提訴と吉本興業 損害賠償請求と訂正記事による名誉回復求める
【追記】提訴の知らせに、文藝春秋側もコメント。(2024/1/22)

「BAD HOP」YZERR、乱闘騒ぎ&dis曲の「舐達麻」へ一部アンサー “文春報道”ネタに「裸の王が“裸の写真”求めてる」
2023年10月の乱闘を機に表へ出た今回の確執。(2024/1/22)

「週刊文春」、新年特大号は約45万部“完売”に、電子版も急伸
「週刊文春」を発行する文藝春秋は15日、昨年12月27日に発売した「2024年1月4日・11日新年特大号」が完売したと発表した。(2024/1/15)

「スピードワゴン」小沢一敬、活動自粛を発表 「一連の報道でご迷惑をお掛けしていることに強く責任を感じ」
自ら申し出たとのこと。(2024/1/13)

松本人志、裁判集中のため「当面の活動休止」を発表 報道との“徹底抗戦”を宣言「事実無根なので」
「週刊文春」が5日に新たな告発者の“証言”をスクープ。(2024/1/8)

松本人志らの週刊文春報道、吉本興業は法的措置を検討
当該事実は一切ないと否定。(2023/12/27)

宝塚歌劇団、独特な閉鎖的上下関係 「代々の芸の継承の伝統、適切ではないかも」
宝塚歌劇団宙(そら)組に所属する劇団員の女性(25)が急死した問題で、歌劇団は14日、同市内で記者会見した。会見の詳報は以下の通り。(2023/11/15)

“文春砲”被弾の本仮屋ユイカ、ライターに感謝「本当にありがとう」 記事内容は冷静に訂正
謙虚だ……!(2023/10/13)

才賀紀左衛門の元パートナー、息子の1歳バースデーにハート連打「だいすきだよ」 一方で“元夫“は無反応
出産時には「母子共に健康です」と喜びを伝えていた才賀さん。(2023/10/12)

ジャニーズ事務所、木村拓哉さんの「社名変更に抵抗」報道を「事実無根」と否定
週刊文春で、木村さんが「社名変更が決まっても“なんで変えるんだ!”と抵抗して納得していない」など報じられていました。(2023/10/5)

ジャニーズ“歴史的謝罪”から1カ月 東山紀之社長は「10.2会見」で何を語る? 求められる「7つの説明責任」
主な注目すべきポイントを7つまとめた。(2023/9/27)

相次ぐ“ジャニーズ離れ” 起死回生のために「企業としてすべきこと」
性加害問題を認めたジャニーズ事務所。これにより、大手企業を中心にジャニーズ所属タレントを起用した広告の中止や更新見送りが相次いでいる。「タレントに罪はない」ものの、なぜこのような対応が相次ぐのか。ジャニーズ事務所がとるべき対応や、これまで事務所にお世話になってきた広告主の企業ができる対応とは何か。危機管理に詳しい新田龍氏が解説する。(2023/9/21)

山本美月、大胆スリットの入ったブラックドレス姿に「ママになって益々キレイ」「さらなる女神」と反響集まる
美しい……。(2023/9/9)

「知らなかった」から一転:
ジャニーズ事務所、性加害「あった」 東山紀之新社長が謝罪「人生かけて取り組む」
「ジャニーズ事務所」創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題で、同社が記者会見を開き、性加害の事実を認めた。新社長に就任した東山紀之氏は被害者に謝罪した上で「人生をかけてこの問題に取り組む」と話した。(2023/9/7)

スピン経済の歩き方:
損保ジャパンとテレビ局はなぜ似ているのか 「ヤバい取引先」をかばう会社の特徴
テレビ局とジャニーズ事務所の「もたれあい」に厳しい批判が寄せられている。どういうことかというと……。(2023/9/5)

ジャニー氏の性加害を再発防止チームが事実と認める 「ジュリー氏は社長を辞任すべき」と訴え
「極めて悪質な事件」と総括。(2023/8/29)

ミスチル所属事務所『週刊文春』の報道に声明 「タレントは無関係で、全く関与していない」
証券取引等監視委員会(証取委)の家宅捜索があったとする報道にコメント。(2023/8/23)

才賀紀左衛門の元パートナー、関係解消前にぶつけられた暴言は「いるのに使えないやつは邪魔」 週5会食&朝帰り“暴露”で「事実を羅列しているだけ」
20日に事実婚解消を発表。(2023/7/31)

才賀紀左衛門のパートナー、出産から9カ月で事実婚解消 “元夫”からの解放訴え「もうしつこくされない?」「ストレスで爆発しそう」
さまざまなトラブルがあった2人。(2023/7/20)

鳥羽周作、学部長務めた専門校も退任へ キャンドル・ジュンへの“暴言報道”が物議 「口は禍の元」「決め手になったのかも」
2023年4月に就任したばかりの鳥羽さん。【訂正】(2023/7/6)

オープンハウス、住宅ローンの不正利用指示の『週刊文春』報道受け謝罪 ネット上の書き込みには「法的措置含めて厳格に対応」
『週刊文春』が6月29日に報じていました。(2023/6/30)

鳥羽周作、企業とのシェフ契約解除が続く W不倫の余波止まらず「代償は大きい」「広末さん以上に…」の声も
俳優の広末涼子さんとのW不倫を認めた鳥羽さん。(2023/6/21)

思わぬ余波:
「PR大使」退任、CM削除...... 広末さんと鳥羽シェフ“W不倫”、対応に追われる企業・自治体
広末涼子さんと鳥羽周作シェフがW不倫の関係にあると報じた記事が、自治体や企業の広報活動に影響を及ぼしている。埼玉県戸田市は鳥羽さんが「とだ PR大使」を退任すると発表。広末さんを起用した企業もCMを削除した。(2023/6/15)

広末涼子の不倫、“ベストマザー賞”がトレンド浮上へ 2年連続の報道に「ジンクスでもあるのかな」「闇が深い」
2021年には篠田麻里子さんも受賞していました。(2023/6/15)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ騒動から考える、炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策は、有効か否か
ジャニーズ事務所での性加害疑惑が大きな話題となっている。事務所による謝罪動画では、明確な回答をせずに事態をやり過ごそうとしている姿勢が見えた。こうした炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策を講じる企業の事例が散見されるが、果たして有効な策なのだろうか。炎上トラブル対応の専門家が考察する。(2023/5/24)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ事務所、企業としての「5つの問題点」とは? 炎上対応の専門家が解説
ジャニーズ事務所での故ジャニー喜多川氏による未成年者への性加害疑惑が連日話題となっている。5月14日、現事務所社長である藤島ジュリー景子氏は、公式サイト上で謝罪動画を公開した。炎上トラブル対応の専門家である新田龍氏は、事務所の対応を「お話にならないレベルの酷さ」と指摘する。その理由はというと……。(2023/5/23)

トップの困った性的行動は改善可能か 元ジャニーズJr.岡本カウアン氏の性被害告発から考える
元ジャニーズJr.の歌手カウアン・オカモトさんが、日本外国特派員協会で故・ジャニー喜多川氏からの性被害について告発記者会見を開いてから1か月。組織リスクマネジメントの観点からすると、トップの性的行動とそれがもたらすリスクをどうコントロールしていくのかを考える題材となる。(2023/5/19)

スピン経済の歩き方:
ジャニーズ事務所はどうなる? 企業が「昔の問題」をウヤムヤにする方法
ジャニーズ事務所が揺れている。英BBCのドキュメンタリー番組に端を発した性加害疑惑について、藤島ジュリー景子社長が見解を発表した。組織へのダメージを少なくして、逃げ切る作戦に打って出たようだが、うまくいくのだろうか。ジャニーズ側は大きな不安要素を抱えていて……。(2023/5/16)

厳重に対処:
はま寿司、一部店舗で「使用期限」守らず 「多少の超過なら問題ない」と間違った認識
はま寿司は4月7日、一部店舗で食材管理の自社目標である「使用期限」が守られていないケースがあったと発表した。一部従業員が「多少の超過なら安全上も問題はない」と間違った認識をしていたのが背景にある。(2023/4/10)

はま寿司、使用期限切れの食材を福島の店舗で提供 期限シールを貼り替えて使用
(2023/4/8)

神奈川知事、『週刊文春』の不倫報道を認めて謝罪 「相手女性は妻に手紙を送り、妻をも大変傷つけた」
黒岩知事は4月9日投開票の神奈川県知事選挙に立候補しています。(2023/4/6)

博報堂の雑誌『広告』ジャニーズのハラスメントやメディアコントロールへの言及削除 編集部「広報室長の判断で削除されたのは事実」
『広告』編集部が削除は事実であると認めました。(2023/4/4)

「はま寿司」消費期限切れネタを提供との報道 現時点では「事実は確認できなかった」とコメント発表
報道は『週刊文春』によるもの。(2023/3/30)

スピン経済の歩き方:
「乃が美」と「いきなり!ステーキ」の共通点は何か 両社がハマった沼
「乃が美」と「いきなり!ステーキ」が苦戦している。贅沢品を扱う両社はなぜ低迷しているのか。共通点を探してみると……。(2023/3/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「あの会社なら、パワハラくらいあるだろう」って本気? 見捨てられる、命を削る人々
大手不動産企業の役員が起こしたとされるパワハラ事件について「あの会社なら、あるだろうね」「不動産業界はどこもこんな感じ」といったコメントが相次いだ。こうした周囲の視線がはらむ危険性、そして日本からパワハラが減らない理由とは?(2023/3/24)

「ジャニー氏による性加害」BBCのドキュメンタリーが静かに波紋 元ジャニーズJr.が出演し告白
日本ではBBCワールドニュースで3月18日と3月19日に放送予定。(2023/3/14)

スピン経済の歩き方:
「謝罪会見は正直にしゃべればいい」の誤解 「大丸別荘」前社長の発言を振り返る
大浴場の湯を年に2回しか入れ換えていなかった老舗旅館「大丸別荘」の元社長が遺体で見つかった。自殺防止の観点からこの話を扱うのはよくないが、同じような悲劇を繰り返さないために何か提言できることはないのか。記者会見の発言を振り返ると……。(2023/3/14)

乃木坂46・与田祐希、熱愛を完全否定「恋愛関係も、やましい事も一切ありません」 一部“疑いの行動”は謝罪
「光の速さで完全否定してて逆に好感度アップ」という声も。(2022/12/27)

江頭2:50、“文春砲”に心当たり ドッキリ企画内で認めるも「みんなを裏切るような遊び方じゃない」
冷静に答える江頭さん。(2022/11/27)

集客増を見込む:
渋谷ヒカリエ、香取慎吾の個展「WHO AM IーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー」を開催
東京・渋谷の商業施設「渋谷ヒカリエ」は、香取慎吾さんの約3年ぶりとなる個展「WHO AM IーSHINGO KATORI ART JAPAN TOURー」を開催する。(2022/11/30)

「ジャニー氏に性被害受けた」元ジャニーズJr.の告発動画が波紋呼ぶ ジャニーズ事務所からは回答なし
過去には、東京高裁でジャニー氏から受けた性被害が「真実」と認定されています。(2022/11/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローやかっぱ寿司で不祥事が? 業界を苦しめる「安かろう、良かろう」戦略と過剰な期待
大手回転寿司で不祥事が相次いでいる。その背景には、安くて良いものを求める消費者の心理があると筆者を指摘する。各企業が対応するのはもう限界か。(2022/11/9)

華原朋美、離婚報道あった夫とべったり2ショット 夫婦で広島コンサートへ向け「張り切ってます」
離婚報道を否定したばかり。(2022/10/9)

華原朋美、『週刊文春』の“極秘離婚”報道をキッパリ否定 夫は懇願「妻にストレスを与えないで」「大事なときなんです」
華原さん「私たち家族は仲良くやってます」(2022/10/6)

華原朋美、離婚報道に反論「まったく違う事がいくつか」 「緊急記者会見」動画では“寝落ち”や“舌打ち”も
「文春オンライン」の報道に反論。(2022/10/6)

衛藤美彩、誹謗中傷報道から初のインスタ更新 「元気そうで良かった」とファン安堵
「週刊文春 電子版」が9月21日に事件を報道。(2022/10/5)

約1000人に聞いた:
人気の総合週刊誌 2位「週刊新潮」、1位は?
雑誌に関する調査を行った。「女性ファッション」「料理・生活」「総合週刊誌」各分野で人気の雑誌は?(2022/9/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。