ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「週刊文春」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「週刊文春」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

私的視察が問題なのではない 森田健作知事に必要なリーダーシップ
千葉県の森田健作知事に対し、批判の声が高まっている。台風15号で県災害対策本部が設置された当日に、公用車で同県芝山町の自宅を訪れたためだ。災害時のトップリーダーとして、このような行動は……。(2019/11/13)

「自身の未熟さを痛感」「家内からもかつて無い程叱られ」 個性派バイプレイヤー・小手伸也、不倫報道で関係者やファンに謝罪
『週刊文春』が伝えていました。(2019/10/10)

「二度とされないぜ汚染」 EXIT兼近、逮捕歴報道後初のInstagram更新であらためて心境つづる
8年前の逮捕歴が報道されていました。(2019/9/9)

業務を効率化するITツールの最新事情:
Slackで老舗出版社の業務はどう変化したか 文春オンラインの情報共有術
(2019/9/6)

「EXIT」りんたろー。が相方・兼近大樹の逮捕歴報道に謝罪 兼近もあらためてSNSを更新、報道に言及
『週刊文春』が報じていました。(2019/9/5)

サラブレッドな長身美女はお好きですか? 仲村トオルの娘・ミオ、初グラビア披露のデジタル写真集発売
母は鷲尾いさ子さん。(2019/7/30)

スピン経済の歩き方:
「闇営業」の原因は、日本の芸能ビジネスの「中抜き構造」にある
ワイドショーなどで連日のように、芸人の「闇営業」問題を取り上げている。「最初に発覚したときにうそをついたことがいけなかった」などとコメントしている人が多いが、問題の本質はそこにあるのか。筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしていて……。(2019/7/2)

AKB48矢作萌夏、交際報道の“拡散者”から謝罪を受ける 「虚偽の事実まで拡散して、私を陥れようとしたのは……」と動機の推測も
矢作さん「謝罪ともう二度としないという約束をして頂きました」。(2019/6/30)

「デマや捏造した写真を拡散する方が沢山いる」 AKB48エース候補・矢作萌夏、熱愛報道を否定
「文春オンライン」がスクープとして矢作さんの熱愛を報じていました。(2019/6/9)

『笑ってコラえて!』『恋のから騒ぎ』も作る:
テレビはなぜ“つまらなくなった”のか 日テレ『世界まる見え!テレビ特捜部』生みの親に直撃
テレビはなぜつまらなくなったと言われるのか。『世界まる見え!』『笑ってコラえて!』などのヒットメーカーに直撃した。実験しなくなったテレビ業界の実情が浮き彫りに。(2019/6/7)

「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露
両親ゆずりの美貌とスタイルを武器に。(2019/6/6)

イジられまくってるな! 千原せいじ、“不倫報道後”初のインスタで散髪姿公開に「何かやらかしたんですか?」
20代女性との不倫が報じられていました。(2019/5/24)

「あの有名アニメ会社に脱税疑惑」報道で「それな」と思ったこと
現金はいいものだ……?(2019/3/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「スガキヤ」は中京圏で繁栄した? 「だし」の哲学と強固なビジネスモデル
中京圏で熱烈に愛される「スガキヤ」。ラーメンとソフトクリームの2枚看板で成長してきた。地元で熱烈に支持される理由とは?(2019/3/19)

「夫とは別の男性と関係」 後藤真希、不倫疑惑を認め謝罪 夫には“許し受け入れて”もらったと説明
アパ不倫はいけない……。(2019/3/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「いい加減にしてよアグネス」から30年 “子連れ出勤”論争に根付く3歳児神話の呪縛
30年前のアグネス論争がきっかけで生まれた言葉「子連れ出勤」。いまだに政治家が「3歳児神話」を持ち出し、批判されている。まだまだ子連れ出勤には課題がある。難しい問題だが、神話ではなく「ケア」の考え方が必要だ。(2019/1/25)

NGT48騒動が飛び火 Z会グループが「一切関係ございません」とコメントを発表
加害者の所属グループが「Z会」と呼称され話題に(2019/1/15)

「女性との関係など事実無根」 羽生ゆずれない、フィギュア小塚崇彦との“女性ホテル連れ込み”報道に反論
報道を強く否定したゆずれないさん。(2018/12/13)

「人を不快にしたくてやってることなんて1ミリもない」 やらせ疑惑の「イッテQ!」、ロッチ中岡が心境明かす
まじめな話だ!(2018/11/9)

「誤解を招く表現があった」 日本テレビが「イッテQ!」やらせ報道に見解、疑惑は否定
公式サイト上で文書を発表しました。(2018/11/8)

PR:手塚治虫の全400冊が3日間限定で無料読み放題! 全部読み切れるわけがないのでオススメ作品を選んでみた
人間が72時間で400冊読み切ろうなんておこがましいとは思わんかね……。(2018/11/2)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「体操女子パワハラ」問題の陰で、スポーツ庁の鈴木長官は何をやっているのか
体操女子の宮川紗江選手が日本体操協会の塚原夫婦を告発したことによって、スポーツ界が再び揺れ始めた。悪質タックルや不正疑惑などの問題が起きるたびに、スポーツ庁の鈴木長官がコメントをしているが、どうも頼りない。このままでは……。(2018/9/6)

“文春砲”1本で50コイン:
LINEが「週刊文春」スクープのバラ売り開始 好きな記事だけアプリで読める
LINEと文藝春秋が、「週刊文春」のスクープ記事を1本単位で販売する取り組みを始めた。価格は1本あたり50コイン。好きな記事だけ発売前に読めるのが特徴だ。(2018/7/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
「セクハラ大国」の汚名を返上するために、どうしたらいいのか
前財務省事務次官・福田淳一氏のセクハラ問題は海外でも広く報じられている。どのように対処していけばいいのか。いま一度、ハラスメントに対する認識を見つめ直すべきだ。(2018/4/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
欧米メディアも報道できない、伊調馨「パワハラ問題」の真実
レスリング選手の伊調馨氏が日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワハラを受けているという告発があった問題。海外メディアはほとんど報じていない。後追い報道が続々と出てきて、騒動の本質がつかみづらくなっている。(2018/3/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
民泊事件で使われた、出会い系アプリ「Tinder」の実態
兵庫県三田市の女性(27)を殺害したとして、米国籍のヴァシリエヴィチ容疑者が逮捕された。容疑者と被害者が知り合ったのは「Tinder(ティンダー)」というアプリだったそうだが、こうした出会い系アプリを使うことでどんな事件が起きているのか。海外に目を向けると……。(2018/3/8)

「小室哲哉さん引退」にネット騒然 Twitterトレンド席巻
小室哲哉さんが記者会見で引退を発表し、ネットも騒然。Twitterトレンドには「小室哲哉」「小室さん引退」「TK引退」などの関連ワードが多数入った。(2018/1/19)

小室哲哉、引退を発表 不倫疑惑「騒動のケジメとして」
【追記あり】「自発的な音楽活動は本日をもって終了させて頂きます」とコメント。(2018/1/19)

このミス、本ミス、文春3冠! ミステリ界を揺るがした『屍人荘の殺人』をネタバレなしで解説する
何がそんなにすごいのか。(2017/12/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「気難しい年配者」にも好かれる社員が持つ3つの条件とは
あなたの部下が年配者に失礼な事をしてしまい、「あの若造はもう来させないでくれ」などとトラブルになったことはないだろうか。どのように接すればいいのだろうか。(2017/12/7)

水曜インタビュー劇場(英国風劇場):
清算された「ハブ」が、過去最高を更新している秘密
「英国風パブ HUB」を運営しているハブの業績が好調である。2017年2月期の売上高は過去最高、18期連続で増収だ。かつて売上低迷で事業清算されたハブが、なぜ復活したのか。その理由について、同社の太田社長に話を聞いた。(2017/12/6)

いしだ壱成、“ツインソウル”な新恋人と真剣交際を発表 まさかの将来設計も
壱成さんデレデレ。(2017/11/16)

「図書館で文庫本貸さないで」文芸春秋社長が訴え 「文庫は借りずに買ってください!」
「どうか文庫の貸し出しをやめてください」――文芸春秋の松井社長が、「全国図書館大会 東京大会」でこんな訴えを行う。(2017/10/12)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

東洋経済オンライン、文春記事に反論 「『2億PVの実態は下ネタ中心』は事実ではない」
「『東洋経済オンライン』衝撃の内部告発 2億PVの実態は下ネタ中心で社内の士気は低下」と題した文春の記事に、東洋経済が反論した。(2017/8/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
上西、松居騒動になぜトランプが登場するのか
上西小百合議員のTwitter暴言と、松居一代氏の離婚問題騒動が盛り上がっている。興味深いのは、両ケースとも米国のトランプ大統領とからめた話が出ていることだ。なぜ大統領の名前が出てくるかというと……。(2017/7/27)

声優の茅原実里、ブログで熱愛報道を認める ファンからは「おめでとう!」「お幸せに!」と祝福の声
「正直、ファンのみんなにこういう形で自分の情報が伝えられてしまったことに対しては残念な気持ちでいます」と茅原さん。(2017/7/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
どうなるのか 巨人、山口俊投手の不祥事
前代未聞の不祥事だ。2017年にFA移籍で加入したばかりの巨人、山口俊投手が暴力トラブルを起こしていた疑いが発覚。事態を重くみた球団側は、山口投手を登録抹消としたが、ネット上では「解雇が望ましい」といった声が出ている。(2017/7/20)

松居一代、YouTubeで「別宅の真相」を“手紙”と“特殊なシール”とともに明かす
著名な脚本家の署名が入った手紙などを披露。(2017/7/13)

「船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ」 渦中の松居一代、ブログで宣戦布告
週刊文春では4ページにわたって一連の問題を取り上げています。(2017/7/6)

松居一代さんがTwitterを開設 深夜のYouTube動画投稿に続き波紋を呼ぶ
“おばあちゃん”の家で休ませてもらっているという動画を投稿。(2017/7/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「引退」がささやかれても、なぜハンカチ王子はたまに結果を出すのか
ある意味で「スゴい」と認めざるを得ない。日本ハム、斎藤佑樹投手のことだ。入団以来、ブレイクすることなく何度も「引退」がささやかれながら、なぜたまに結果を出すのか。(2017/6/16)

新潮の中吊り広告を文春側は事前にチェックしていた トーハンが調査結果を発表
中吊り広告を見た上で記事の修正を行っていたかどうかについては文春編集部側は否定しています。(2017/6/6)

文春に対し“スクープ泥棒” 週刊新潮掲載記事に週刊文春反論「情報不正入手は一切ない」
新谷氏は発表の中で「『週刊文春』が情報を不正に、あるいは不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりしたなどの事実は一切ありません」と明言。(2017/5/18)

“いま”が分かるビジネス塾:
Googleが広告ブロックを検討? その理由とは
米Googleが特定のネット広告をブロックする機能の導入を検討しているという。良質な広告を選別することで、長期的な利用者の信頼を獲得したい意向だが、同社の動きは広告に依存してきたコンテンツビジネスの流れを変えるきっかけにもなるかもしれない。(2017/5/11)

「行きたくないと言ったのに僕がクズすぎて……」 ゲス極・川谷絵音がワイドナショーで約10カ月ぶりの地上波テレビ復帰 ベッキーを思って作った楽曲も
ベッキーさんを思って作った楽曲があることなどを赤裸々に語りました。(2017/5/7)

「このような形でまた言葉を残さなくてはいけないのはとても悲しい」 元乃木坂46・橋本奈々未、文春の密会報道を否定
乃木坂46公式サイトにコメント掲載。「村松さんとの間に後ろめたいことは何もありません」(2017/4/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

声優・花澤香菜&小野賢章、正式に交際を宣言 「真剣にお付き合いをさせていただいています」
花澤さんの生配信に合わせて小野さんもブログで報告。(2017/2/22)

安田美沙子、第1子の性別を報告 「女の子と思い込んでいたら、男の子でした!!」
出産は春ごろの予定です。(2017/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。