ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「週刊文春」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「週刊文春」に関する情報が集まったページです。

鬼龍院翔、二股報道で“裏切られた”と感じるファンへの思い 「心配させたのは事実」「無神経ですみません」
鬼龍院さん「僕が考えているファン心理にズレが出てきている」(2021/9/25)

小山田圭吾、騒動後初めて“いじめ行為”のいきさつ説明 一部否定も「傍観者になってしまった」「自分にも責任がある」と謝罪
今後の活動は白紙の状態とのこと。(2021/9/18)

鬼龍院翔「妻にも謝罪致しました」 新婚早々の“二股交際”報道に戸惑うファン「正直しんどい」「Wでショック」
「女性の友人」の存在は肯定しつつ、交際は否定。(2021/9/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
『文春』と『新潮』が中づり広告から撤退、それでも車内広告に未来はある
「週刊文春と週刊新潮が中づり広告を終了する」と8月17日報じられた。電車で中づりで政治や芸能の旬な話題がひと目で分かったものだが、スマートフォンの普及で下を向く人が増えた。確かに大手2社の撤退は転機になるだろう。しかし、中づり広告は廃れるかといえば、そうでもなさそうだ。(2021/8/20)

週刊文春、週刊新潮が中づり広告終了へ
「週刊文春」と「週刊新潮」の編集部は17日、電車内の中づり広告を終了することを明らかにした。文春は8月26日発売号、新潮は9月末が最後となる。両誌は今後、デジタル事業の強化を図る。かつては通勤や通学の電車内で目を引く存在だった週刊誌の中づり広告だが、各誌がインターネットに力を入れる中、その存在感は薄まっている。(2021/8/18)

週刊文春が報道:
「まん防」無視した会合でロイホやモスの運営会社が謝罪 ジョイフルの対応は?
文春オンラインは、外食大手4社の経営陣が「まん延防止等重点措置」の期間中に自治体の要請を無視した飲酒を行ったことを報じた。ロイヤルホールディングス、SRSホールディングス、モスフードサービスは謝罪文を発表した。残るジョイフルの対応は?(2021/7/15)

「鬼滅」制作会社のufotable、法人税法違反の疑いで在宅起訴 「全額納付した」と報告
人気アニメ「鬼滅の刃」などを手掛けるアニメ制作会社のufotableは9日、法人税法等違反の疑いで自社と近藤光社長が在宅起訴されたとWebサイトなどで報告した。(2021/7/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
社内で「こっそり録音」はアリかナシか 平井大臣の“恫喝”騒動
平井卓也デジタル改革相をめぐって、騒動が起きている。「恫喝」ともいえる発言が報じられたわけだが、会社の会議などで「こっそり録音」はアリなのか。「盗聴」ともいえるこの行為は……。(2021/6/24)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【後編】:
博報堂出身のクリエイティブディレクター、GO三浦崇宏さんに聞く「広告業界の問題点」 炎上をいかにして回避するか
広告業界を取り巻く環境が大きく変化し、大手をはじめとした広告会社が事業領域の拡大や異業種との協業を模索している。The Breakthrough Company GO三浦崇宏さんに、広告業界の過渡期に創業した理由や、最近の広告会社のビジネスモデル、広告表現と炎上、その回避策を聞いた。(2021/6/25)

会社と“個人SNS”の関係:
フジテレビの女子アナ“ステマ”疑惑が突き付ける「※ツイートは個人の見解です。」のウソ
『週刊文春』4月22日号で発覚した、8人のフジテレビ女性アナウンサーの“ステマ”疑惑。そもそも何が問題だったのか。そして、フジテレビ以外の企業にもそのような問題が発生する芽はないのか、考えてみたい。(2021/6/12)

専門家のイロメガネ:
フジテレビの女子アナによるステマ疑惑が金銭トラブルに発展した理由
先日から話題になっていたフジテレビ女子アナのステマ疑惑に、新しい問題が発生した。エステサロンを無料で利用していた女子アナとサロンとの間でトラブルが発生したという。4月にはフジテレビの複数のアナウンサーが美容室から無償でサービスを受け、その代わりに自身の写真を使わせていたとしてステマ疑惑が大きく報じられた。(2021/5/30)

「自分の存在で誰かが救われてくれるのが理想」 山之内すず、10代を支えてくれた“ファン”と“推し”の存在とは
まもなく20歳。(2021/5/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
タイム誌初の「世界の企業100選」 日本企業は入ったのか?
米国のタイム誌がビジネスパーソン必見の特集を組んでいた。特集名は「世界でもっとも影響力のある100社」。どんな企業が選ばれていたのか、日本の企業は……?(2021/5/6)

水平思考(ねとらぼ出張版):
これは「あなた」に向けて書かれた本だ 『2016年の週刊文春』を読んでなぜ文春は強いのかについて考える
ブログ「水平思考」のhamatsuさんによる不定期コラム。今回は書籍『2016年の週刊文春』を紹介。(2021/5/1)

専門家のイロメガネ:
女子アナのステマ疑惑に揺れるフジテレビ グレーなステマの難しさ
フジテレビが揺れている。テラスハウス出演者に対する誹謗(ひぼう)中傷、放送法の外資規制違反と続き、そして新たに出てきた問題が、女子アナによるステマ疑惑だ。フジテレビの女子アナが、自身のインスタグラムのアカウントで投稿している内容や美容室がアカウントに登場していることはステマにあたるのではないか?(2021/4/27)

LINE社員の“サクラ”投稿は「事実」 オープンチャットの一部を会社主導で運営 方針見直しへ
LINEのグループ会社「LINE Fukuoka」の社員が運営業務の一環として「OpenChat」(オープンチャット)に別人格で“サクラ”投稿をしていたと、週刊文春が4月22日に報じた。LINEは事実関係について認め、運用方針を見直すとしている。(2021/4/23)

ゆきぽよ、“知人男性の薬物逮捕”謝罪後初めて思いを明かす 「元気もらってますありがとう」とファンに感謝
ゆきぽよさん「またみんなに元気届けられるように1つずつ頑張って行きます」。(2021/4/4)

スピン経済の歩き方:
なぜ京急で社員からの「内部告発」が相次いでいるのか
「京急愛」なんて言葉もあるほど、多くの鉄道ファンから慕われている「京急電鉄」。その京急に対して、内部告発記事が続いている。その背景に何があるのか。筆者の窪田氏は……。(2021/3/30)

石川温のスマホ業界新聞:
「NTTが総務省・政務三役とも会食」と週刊文春が報道――NTTと総務省幹部の失脚で、日本の通信の未来はどうなる?
文芸春秋の週刊誌「週刊文春」が、NTT(日本電信電話)と総務省の官僚や政府関係者との「会食」について毎週新たな情報を報じている。その影響で、総務省では幹部の異動が生じており、NTTも何らかの影響を受けるのは不可避な情勢となりつつある。今後、日本の通信行政はどうなっていくのだろうか。(2021/3/19)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTと総務省幹部による会食報道の波紋――携帯料金値下げ政策に影響を及ぼしていないのか
文芸春秋が、NTT(日本電信電話)と総務省との会食報道を相次いで行っている。会食を行っていたとされる時期を振り返ると、NTTドコモの完全子会社化、そして同社の新料金プラン「ahamo(アハモ)」の実現に何らかの影響を与えている可能性を否定しきれない。(2021/3/12)

事実関係を解明:
総務省幹部への「高額接待」はあったのか? NTTデータが特別調査委員会を設置
週刊文春がNTTデータの前社長が総務省幹部を接待したと報道。国家公務員倫理法に抵触する疑いがあるという。NTTデータは事実関係を解明するため、特別調査委員会を設置した。(2021/3/10)

NTTとNTTデータ、特別調査委員会を設置 総務省幹部への接待で
NTTとNTTデータの幹部らが総務省幹部を接待をしていた問題で、両社は特別調査委員会を設置した。外部の有識者とともに事実関係の解明を目指す。(2021/3/10)

「こーゆー文春砲はイイね」 武田真治、『週刊文春』からスキャンダルでなく“筋肉”を狙われてしまう
武田さん「ご連絡頂いた時は何事かと」。(2021/3/5)

NTTが総務省幹部に高額接待か 週刊文春報道に「会食は事実」
NTTの澤田純社長やNTTデータの幹部などが、総務省の谷脇康彦審議官と総務省出身で前内閣広報官の山田真貴子氏らに対し、高額な接待を行っていたと週刊文春が3月3日に報じた。NTTは会食の事実を認めた。(2021/3/3)

KEIKO、小室哲哉との離婚成立 長きにわたる離婚問題に決着「お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした」
「健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」とKEIKOさん。(2021/2/26)

ゆきぽよ、“知人男性の逮捕”謝罪後初のインスタで笑顔 「反省終わり?」「頑張れ」とさまざまな声
2日前に謝罪していた木村さん。(2021/1/26)

ゆきぽよ、“知人男性の薬物逮捕”報道を謝罪 「責任ある社会人となるよう日々頑張っていきたい」
反省と謝罪を伝えています。(2021/1/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
イーロン・マスクも脱出 “最先端の街・シリコンバレー”は過去のものとなるのか
米IT業界の象徴だったシリコンバレーから、有名企業や経営者が離れつつある。コロナ禍によるテレワークの普及に加えて、シリコンバレーのリベラルな空気に違和感を持つ経営者などが増えているからだ。シリコンバレーは“過去のもの”となっていくのか。(2021/1/21)

佐々木希、夫・渡部建の会見から初インスタ投稿 騒動前と変わらぬ笑顔に「無理せず頑張って!」と応援の嵐
身体にだけは気をつけてほしい。(2020/12/8)

渡部建、“謝罪が先か復帰が先か”を詰められ滝のような汗 放送前の番組出演は「自分の口からは言えない」の一点張り
騒動から半年、報道陣の前で頭を下げました。(2020/12/3)

反社会的勢力との関係は?:
社長が「電車に飛び込め」と罵倒か 一部報道に対してCasaがコメントを発表
家賃債務保証サービスを手掛けるCasaの社長が役員を罵倒したと週刊文春が報じた。反社会的勢力との関係を想起させる発言もあったという。Casaはこの報道を受けてコメントを発表した。(2020/12/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR九州の新型観光列車「36ぷらす3」の“短所を生かす”工夫 都市間移動を楽しくする仕掛けとは
JR九州の新型観光列車「36ぷらす3」に試乗した。観光列車先駆者である同社の新型車両は、車窓を楽しむ列車ではない。窓が小さく、景色を見せられない分、車内でのおもてなしに力を入れている。観光都市間を移動する空間を楽しくする、これまでとは違う列車だ。(2020/11/28)

「文春行ってきた」 川谷絵音の報告にファンの反応が気が気じゃない「え、大丈夫ですか?」「また何かしたんですか」
どんな用事だったのか。(2020/11/21)

田村淳、近藤真彦の不倫巡りテレビ報道に「不公平感を感じている」 加藤浩次は“忖度的なこと”を否定
報道が遅れたことに加藤さん「当たり前だと思う」。(2020/11/17)

坂本冬美、11月12日発売の『週刊文春』で“人生初グラビア” 「紅白歌合戦の時と同じくらい緊張しました」
担当デスク「ここまで頑張っていただけるとは」。(2020/11/10)

伊藤健太郎の所属事務所、『週刊文春』に「厳重に抗議を行いました」 掲載記事について「事実に反している部分が多数」と説明
公式サイトを通じて伝えています。(2020/11/5)

いしだ壱成、『週刊文春』の“生活保護不正受給”記事を否定 「名誉毀損にあたる為……」と法的措置を示唆
いしださん「ジャーナリズムのカケラもない嘘記事、10%の真実に90%の嘘」(2020/10/10)

草なぎ剛、トランスジェンダー役で『週刊文春』グラビアに登場 美しいショートカット姿を披露
映画「ミッドナイトスワン」で草なぎさんが演じる「凪沙」として、グラビアに登場します。(2020/9/14)

「週刊文春」上半期の実売部数が前年同期比104.4%に 定期購読も急増
文藝春秋は7月1日、自社刊行の「週刊文春」2020年上半期の実売部数が、前年同期比104.4%だったと発表した。(2020/7/1)

【ノーカット動画あり】130万人超が見た手越祐也の記者会見 YouTubeは「やるからにはNo.1取りたい」
「アイドルの1年というのは大切。一分一秒が大事な自分との違いが出てきた」(2020/6/24)

「NewsPicks Book」終了 幻冬舎・箕輪厚介氏のセクハラ問題で
ニューズピックスは、幻冬舎との協業で運営していた書籍レーベル「NewsPicks Book」を終了すると発表した。編集長を担当する幻冬舎・箕輪厚介氏の「一連の問題」を重く受け止めた結果の判断だという。(2020/6/8)

アニメ「鬼滅の刃」制作の「ユーフォーテーブル」が脱税で告発
以前から脱税疑惑が報じられていました。(2020/6/3)

楽天、PCR検査キットの販売見合わせ 製造元の経営体制変更で
楽天は、新型コロナウイルスを検出できるPCR検査キットの販売を見合わせると発表した。製造元のジェネシスヘルスケアが経営体制を変更したためとしている。(2020/4/30)

楽天PCR検査キット、一時販売見合わせを決定 製造会社の体制変更で
28日には週刊文春が代表の経歴詐称疑惑について報道していました。(2020/4/30)

鷲見玲奈アナ、不倫疑惑を「事実無根」と否定 スクープ報じた『週刊文春』のインタビューで真相語る
鷲見アナ「フリーになって、まず最初にやりたいと思っていたことです」。(2020/4/9)

文藝春秋が「週刊文春」完売号のスクープ記事を全文無料公開 森友自殺職員の遺書も
文藝春秋は、完売となった「週刊文春」3月26日号の記事「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」を文春オンラインで全文公開した。自殺した財務省職員の赤木俊夫さんの遺書が掲載されている。(2020/3/25)

「最KOOなツーショット」「顔が優しくなりましたね?」 DJ KOO、小室哲哉さんとの2ショットに反響
DJ KOOさんの出演したイベントを訪れたようです。(2020/2/24)

コクミンドラッグ、「中国人客に高額商品とマスクを抱き合わせ販売」報道受けコメント
マスク購入者に対して誤解を招く恐れのある販売方法を行っていたことが確認されたとコメントしています。(2020/2/19)

「まじリアルに現場見てから言えよ」 中川友里、「バチェラー・ジャパン」のやらせ疑惑報道に反論 先代バチェラーも苦言
報道を受け出演者の見解が続々。(2019/11/28)

ネガティブ報道に立ち向かえるのはファンによる「愛の避雷針」 ファン考案のハッシュタグ「#いつもありがとう欅坂46」が誕生から3時間でトレンド1位の快挙
ここにあるのは愛の避雷針。(2019/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。