ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「有馬あきこ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「有馬あきこ」に関する情報が集まったページです。

有馬あきこのはじめましてインターネット:
伝説のWebマスターに会う――デイリーポータルZ 林さん
“だれがやっても面白い”ルールを提示し、そこで読者に遊んでもらう。これがデイリーポータルZのWebマスター 林さんが考える「コンテンツ」なのでした。(2009/10/12)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
渋谷で働く社長は「執念の人」だった――サイバーエージェント藤田さん
「ウェブサービスで成功したい!」その思いで“ムキ”になって仕事に打ち込む渋谷の社長は、執念の人なのでした。(2009/8/25)

「Suica×改札機」というカップリングのBL作品があるらしい
Suicaと改札機を擬人化し、カップリングしたボーイズラブ作品があるらしい。(2009/3/9)

中央線の駅が美形男子に “鉄分”入り乙女向けWeb漫画「ミラクル☆トレイン」
中野や吉祥寺など、中央線の駅を擬人化した美形男子キャラが登場する無料の4コマWeb漫画「ミラクル☆トレイン〜中央線へようこそ〜」の配信が始まった。(2009/3/2)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
mixiの「つながり」を社会に生かしたい――ナナロク世代の同志、笠原さんに会った
10月末に業績予想を上方修正するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いのmixi笠原さん。お会いしてみると、ユーザーのこと、社会のことを篤実に考える青年社長なのでした――。(2008/11/17)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
ショタ社長、海外に乗り出すの巻――サイボウズ青野さんに会った
「仕事は面白くなければいけない」が信条のサイボウズ青野社長に会ってきました。彼の言う“面白さ”の中に、ユーザー満足につながるヒケツがあるようです。(2008/8/26)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
サービスも、システムも、アイデアは組み合わせから生まれる
今回は「アイデアは今あるものの組み合わせから生まれる」というお話。これは最近、わたしが強く感じていることです。(2008/6/25)

有馬あきこのはじめましてインターネット[番外編]:
パソ通をきっかけに女子と仲良くなる妄想
「ITに関係ないじゃん」「チラ裏」「ブログで書け」と担当に指摘され、平日には掲載してもらえなくなったわたしの連載……。あえて言えば、今回は音響カプラのお話です。(2008/6/7)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
六本木系女子大生になれずアキバでUPSを担ぐ
女子高生時代は新宿南口のタイステ(TAITOSTATION)で「ゆうゆのクイズでGo!Go!」をひたすらプレイ。花の女子大生ライフに突入かと思いきや、アキバのぷらっとホームで買ったUPSを担ぐハメに……。(2008/5/8)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
ベーマガ抱えたダメっぽい女子高生――でもルーズははいていた
ブログにmixi、ケータイ、Wiiと、もはや生活の一部になっている、インターネット。でも10数年前は、そんなこと想像もできなかったですよ。PC-9801シリーズからMacへ移行、PC-VANやニフティサーブなどのパソ通にハマり、そしてインターネットに初めて触れたのが1994年。この10数年の出来事を、ヨタ話を交えてお届けします。(2008/4/4)

突撃!隣の情報システム:
携帯電話から文化を創出したい――ケータイ恋愛ゲームの舞台ウラ
携帯電話で提供される女性向け恋愛ゲーム。その舞台ウラでも、しっかりとITが仕事をしている。(2007/9/4)

「女性向け萌えゲーは安定市場」――“携帯TV電話”で遠恋するSLG
男性向け萌えゲームは曲がり角を迎えていてリスキーだが、女性向け市場は安定している――女性向け恋愛SLG「マージナルプリンス」は、好みのぶれない女性ファンがターゲット。キャラ音声には人気声優を起用し、声優ライブも計画。メディアミックスで収益をあげる。(2005/2/1)

ITは、いま──個人論
オン・ザ・エッヂを創業した彼女が歩いてきた道
最初は、学生4人でのスタートだった。彼女は取締役、社長は堀江貴文氏。月日は過ぎ、いま創業メンバーはそれぞれ別の道を歩いている。(2004/12/17)

ケータイ漫画の新潮流(後編)
「やぎの目」作者らが書き下ろし〜携帯4コマ.com
紙の漫画を携帯向けに移植するのではなく、携帯ならではのマンガコンテンツを提供したい――。そんな思いが、「通勤のお供に」とうたう携帯4コマ.comには込められている。(2004/5/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。