ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AspireRevo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AspireRevo」に関する情報が集まったページです。

エイサー、“重箱”風に積み重ね拡張ができるコンパクトデスクトップ「Aspire Revo Build M1」
日本エイサーは、手のひら大サイズのコンパクト筐体を採用するミニデスクトップPC「Aspire Revo Build M1」を発表した。(2016/2/17)

エイサー、Core i7-2600搭載ミニタワー型モデルなどデスクトップPC計3シリーズを発表
日本エイサーは、Core i7-2600を標準搭載したミニタワー型デスクトップPC「Aspire M3970」など計3シリーズの販売を開始する。(2011/6/20)

エイサー、Atom/ION搭載の超コンパクトPC「ASR3700-N12C」
日本エイサーは、Atom搭載の超コンパクトPC“AspireRevo”シリーズの新モデル「ASR3700-N12C」を発表した。(2010/9/10)

Acerの野望 2010 in 北京:
家庭内コンテンツをいつでもどこでも同じ操作感で――Acerが「clear.fi」を発表
Acerのプレスカンファレンスで話題の核となったのは、新たなホームネットワーク構想「clear.fi」だ。デバイス間の差異を吸収する統一されたUIを使い、ホームネットワーク上に分散するデジタルコンテンツをどのデバイスからでも利用できるようになる。(2010/5/28)

Acerの野望 2010 in 北京:
Acerが電子書籍端末「LumiRead」を発表、タブレットも投入か
Acerが北京で開催したプレスカンファレンス「source home 2010」で、6インチの電子書籍端末と、“ナゾのタブレット端末”が披露された。(2010/5/27)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月10日〜5月16日):
早々登場の一部夏モデル、やや伸び悩み──Office 2010待ちか
一部、早々に夏モデルを投入したメーカーもあるが、PCの販売傾向はやや鈍めとなっている。モデルチェンジが近いためか、現行の春モデルをやや値下げする店舗もかなり確認できる。(2010/5/21)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月1日〜2月7日):
PCの売れ筋、7割以上が春モデルに──MacBookも追随
PCの売れ筋は、2010年春商戦向けの新モデルに移ってきた。今回はMacBookやiMac、エイサー製小型PCなど海外メーカー製PCも健闘した。(2010/2/12)

1366×768ドット+1.3キロ+8時間+デュアルコア+“7”搭載=5万円台:
「日本のPC、高すぎます」──これでどうだ、エイサーの5万円台「Aspire Timeline」新シリーズ
日本エイサーはacerブランドのWindows 7搭載新モデルを一挙に発表。デュアルコアCULVプロセッサ搭載で5万円台の新Aspire TimelineやフェラーリオフィシャルPC「Ferrari one」などを披露した。発売は10月22日から。(2009/10/13)

CEATEC JAPAN 2009:
Windows 7の“DTCP-IP”化「簡単ですよ」──デジオンが展示デモ
DLNAソリューション「DiXiM」を展開するデジオンは、CEATEC JAPAN 2009でWindows 7のWindows Media Centerに「DTCI-IP」機能を追加し、デジタル放送の録画番組をネットワーク共有するデモを展開した。(2009/10/9)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Acer、Android搭載PCを公開──今後、Netbookは「WindowsかAndroid」選択可能に
AcerがAndroidを採用したNetbookの開発に乗り出す。COMPUTEX会場でAspire oneにAndroidを載せたモデルを公開した。(2009/6/4)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
AsipreRevoとIdeaPad S12に続け──ION搭載未発表モデルがTAIPEIに集合!
NVIDIAは、台北市においてCOMPUTEX TAIPEI 2009開催前日に合わせた説明会を行った。会場にはIONを採用した未発表の製品が多数展示されていた。(2009/6/1)

Lenovo、ION採用のIdeaPad S12を発表──日本市場への投入は「検討中」
Lenovoから12.1型ワイド液晶を搭載する「IdeaPad S12」が発表された。NVIDIAの「ION」搭載モデルも用意され、2009年夏以降に出荷する予定だ。(2009/5/27)

ION採用の小型デスクトップ「AspireRevo」、6月26日発売──価格は4万円から
日本エイサーは、ION採用の小型PC「AspireRevo」を6月26日に発売する。(2009/5/22)

「AspireRevo」と「ION」でAtomの可能性を検証する
“Diamondville”AtomとIntel 945GSEを採用するNetbookとNettopは、作るほうも使うほうも「割り切り」が肝要。だが、IONはそんな割り切りを許さないのだ。(2009/4/28)

「動くAspireRevo」でIONの性能を体感する
NVIDIAは、4月21日にIONの説明会を日本で行った。会場では、ION搭載製品として登場する予定のAspireRevoも日本で初めて披露された。(2009/4/22)

国内シェアトップ5へ:
第3世代「Aspire one」など新製品群を公開――日本エイサーの野望 in Tokyo
日本エイサーがこの夏に国内市場へ投入する新製品の発表会を実施した。まずは第3世代Aspire oneに位置付けられる「Aspire one D250」が登場する。(2009/4/15)

エイサー、世界初の“NVIDIA ION”ベースのAtom搭載コンパクトデスクトップ「AspireRevo」
米acerとNVIDIAは、世界初の“NVIDIA ION”ベースのAtom搭載コンパクトデスクトップ「AspireRevo」を発表した。(2009/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。