ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「竹」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「竹」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
「令和」に改めて問う、あなたの会社が使っているクラウドはビジネスの競争力を高めているか?
企業のITシステムはなぜクラウド化すべきなのか。そして、どう進めればよいか。これまで幾度となく論議されてきたこれらの問題を、ガートナーの名物アナリストである亦賀忠明氏の話を基に、あらためて考察したい。(2019/5/7)

ダイソーのディズニーコレクション新作、もうゲットした? 衝動買いしてしまいそうなお値段以上のかわいさ
イニシャル、カフェ文字、チョークの3種類。(2019/2/22)

Suicaのペンギン×いちごスイーツを堪能できる ホテルメトロポリタンのスイーツビュッフェ「ストロベリータイム」
旬のいちご食べ比べも!(2019/2/22)

ものになるモノ、ならないモノ(81):
固定回線でも「ギガ不足」におびえる時代が到来か、トラフィック急増により現場で起きている悲劇とは
生活で何げなく使っている定額制の「固定回線」。しかし、さまざまな動画サービスの登場により、爆発的に増えるトラフィックに対して、プロバイダーは「限界が近い」と訴える。その理由とは。(2019/2/19)

月刊乗り鉄話題(2019年2月版):
「必ず座れる通勤電車」考察 東急「Qシート」は他と何が違うのか
なぜ「Qトレイン」ではなく「Qシート」なんですかね?(2019/2/15)

NuAnsブランドの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE Lightning」発売 PSE法に適合済み
トリニティは、2月1日にNuAnsブランドの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE Lightning」を発売。電気用品安全法(PSE法)への適合やAppleの認定プログラム「MFi」にも認定され、より安全性を向上させている。また、USB Type-C対応モデルも後日発売する予定だ。(2019/2/1)

ソフトバンクの「ホワイトプラン」をいまだ使い続ける理由と、迫るタイムリミット
筆者はプライベート回線で「ホワイトプラン」をいまだに使っている。ソフトバンクは大容量プランを主力に据えているが、そこまでのデータ容量は筆者には不要だからだ。ただ、ホワイトプランからサヨナラする日が迫っている。(2019/1/18)

正直おいしすぎてビックリした! イチゴ×ゴジラのランチビュッフェ「イチ・ゴジラ」実食レポート
年間30件ぐらいビュッフェに行くけれども、これはレベルが高いビュッフェ。(2019/1/15)

ルピシア福袋ネタバレ! 全18種類から選べる超お得セット
しばらく飲むお茶には困らない。(2019/1/3)

Weekly Memo:
デジタル変革時代のインフラ設計は“これまでの常識が通用しない” ガートナーが説く「クラウド時代のインフラ投資」
企業は今後のクラウド戦略をどう描けばよいか。ガートナーの名物アナリスト、亦賀氏はデジタル変革に向けたインフラづくりを急ぐべきだと強調する。どういうことか。(2018/11/19)

卒塔婆がスーパーでカジュアルに売ってる!? 静岡県東部の習慣に戸惑う人・共感する人
地元からは「当たり前すぎて、全国区じゃないとは知らなかった」といった声も。(2018/11/14)

スマホやタブレットも合わせて置ける竹製ディスプレイ台
サンワサプライは、竹製ディスプレイ台「100-MR154」の販売を開始した。(2018/10/25)

イケアで「ハロウィーンフェア」開催! カレーやソフトクリームやドッグロールが真っ黒に
めっちゃ黒い!(2018/10/4)

たけのこの里が成長して「竹の里」に!? 新製品と勘違いしそうなビックリ工作
本当だったら食べごたえありそうなのに〜。(2018/9/20)

食べたら口の中が真っ黒に!? コールドストーンのハロウィーンのイチオシは「ブラックアイスクリーム」
コールドストーン史上初の「竹炭」を使ったアイス。(2018/9/18)

LINEモバイルとの“すみ分け”は? ソフトバンク「併売」の効果は?――「Y!mobile発表会」一問一答
Y!mobileが「スマホプラン」の容量倍増と「かんたんスマホ」を発表した。子会社「LINEモバイル」を含め、ソフトバンク回線を使うMVNOサービスも増える中、どのような戦略を描くのだろうか。(2018/8/2)

飲食業以外にも広がる:
米航空会社もプラ製ストロー廃止 JAL「検討はしている」
プラスチック製ストロー廃止の動きが飲食業界以外にも広がっている。(2018/7/11)

ロボット専用通販サイト「ロボファッション」のクラウドファンディング開始 出品/購入ができるシステム
全国のロボットオーナー要注目。(2018/6/6)

Weekly Memo:
日本でのクラウドは、“本格利用前夜で止まっている” ガートナーが説く「日本が取り残されないために」すべきこと
2018年2月のガートナーの調査によると、日本企業におけるクラウドの採用率は1年前と変わらず17%にとどまっている――。そう警鐘を鳴らす最上級アナリスト、亦賀氏が説くクラウドシフトの方法とは。(2018/5/1)

かわいいうどんにお母さんもにっこり 母の日用ギフト「猫うどん」「パンダうどん」が登場
ワイワイ作ってワイワイ食べたい。(2018/4/16)

この造形がすごい! 「ワンダーフェスティバル2018[冬]」を盛り上げたコスプレイヤーさん大集合!
造形っていいな!(2018/2/19)

スマホとタブレットをスマートにまとめ置きできる竹製スタンド
サンワサプライは、スマートフォンやタブレットをまとめて収納できる竹製スタンド「200-CB010M」を発売した。(2018/1/30)

西鉄の観光列車、2019年春に運行開始 キッチンを設置して料理を提供
その名も「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」。(2018/1/27)

からあげクンにピリ辛味の黒い「ブラックホール味」が登場 ローソン×「宇宙兄弟」のコラボパッケージ
食べたいな〜〜。(2017/10/22)

よりアグレッシブに:
トヨタ、新「レクサスCT」発売
トヨタは、「レクサス」ブランドのコンパクトカー「CT」をマイナーチェンジし、発売した。(2017/8/24)

デジタル変革前夜のSoRインフラ再定義(2):
今、「システムのマイグレーション」に慎重になるべき理由
デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、社内向け/社外向け問わず、各種ITサービスを支えるインフラにも、ニーズの変化に即応できるスピードと柔軟性が求められている。これを受けて、既存システムをより合理的な仕組みに刷新するマイグレーションが企業課題となっているが、なかなかうまくいかないケースが多いようだ。その真因とは何か? ガートナージャパンの亦賀忠明氏に話を聞いた。 (2017/8/2)

IT活用:
中電がIoT活用したデータ収集システム構築へ、プロジェクト名は「松竹梅」
中部電力は、エネルギーの最適利用を提案するソリューションサービスの向上を目指し、IoTを活用したエネルギーデータ収集のためのシステム構築「梅プロジェクト」を開始する。(2017/6/16)

自然エネルギー:
“竹”活用のバイオマス熱電、実用化への新たな一歩
関西電力はバンブーエナジーが熊本県玉名郡南関町で行う、クリンカが発生することから燃料として敬遠されてきた「竹」を活用したバイオマス熱電併給事業に出資参画すると発表した。(2017/6/2)

Wired, Weird:
アイデア工具を使ったハンダ抜きテクニック
今回は、基板にダメージを与えずにハンダ抜き(ハンダ外し)を行うためのテクニックを紹介する。偶然見つけたアイデアツールなど、筆者が日頃の修理業務で使っているハンダ抜き工具も披露しよう。(2017/5/16)

エネルギー列島2016年版(43)熊本:
建築廃材や竹でもバイオマス発電、中小水力は全国1位
震災からの復興に取り組む熊本県では、以前から再生可能エネルギーの導入を精力的に進めてきた。建築廃材を燃料に利用するバイオマス発電所や、下水の汚泥によるバイオガス発電所が震災の直前に運転を開始している。中小水力発電も活発で、固定価格買取制度の認定量では全国1位に躍進した。(2017/2/21)

これがプリン……!? 完成度高い“マンホールスイーツ”を作る強者があらわれる
食べるのがもったいない。(2017/2/7)

「寿司キットカット」だと……? 銀座のキットカット専門店で限定プレゼント
「キットカット ショコラトリー」初の路面店です。(2017/1/31)

つぶらな瞳の「オオサンショウウオまん」がぷっくりかわいい 京都水族館で冬期限定販売中
割ると中にはこしあんが。(2017/1/25)

e☆イヤホン、2017年の「福耳袋」は昨年の2倍!――「百萬円福耳袋」も
ポータブルオーディオ専門店のe☆イヤホンが毎年恒例の福袋「福耳袋」の情報を公開した。昨年の2倍以上となる330袋を用意する。昨年同様に100万円の福耳袋も。(2016/12/28)

Weekly Memo:
ITの10大トピックで振り返る2016年
2016年も残すところあとわずか。今回は、この1年の本コラム「Weekly Memo」51本から注目すべき10本をピックアップし、この1年のエンタープライズ市場を振り返ってみたい。(2016/12/26)

MVNOに聞く:
端末ラインアップを大きく拡充させたUQ mobile――野坂社長が語る最新戦略
UQ mobileの端末ラインアップが、この秋から一気に拡充された。テレビCMも開始。ライバルであるY!mobileを、万全の体制で追撃する。野坂章雄社長がこの1年を振り返るとともに、UQ mobileの最新戦略を語った。(2016/11/15)

「春画」の語源は「中国の健康本」だった!? 奥深い春画の世界
歴史好きの歴女さんたちに集まっていただき、春画の面白さを再発見。(2016/10/26)

ミイラ男とカボチャのお化け! ハローウィーン仕様のお団子が、ちょっと怖くてちょっとかわいい
パーティーが盛り上がりそう。(2016/10/10)

黒だよ、真っ黒 宇宙と芸術展コラボメニュー「ブラックホールかきあげ丼」9月12日登場
宇宙をテーマにしたスイーツも。(2016/9/7)

SIM通:
NuAns NEOのTWOTONEカバーに鮮やかな新色登場!
トリニティは、Windows 10 Mobile搭載SIMフリースマホ「NuAns NEO」の専用カバーに7つの新色を追加した。この追加により、組み合わせパターンは449種類になった。(2016/8/25)

忍者の巻物をイメージした黒い巨大なホットドッグがイケアに参上していた
普通のホットドッグの約2倍の大きさ。(2016/8/6)

あの「ラピュタパン」も登場! 六本木ヒルズ「ジブリの大博覧会」コラボメニュー 7月7日よりスタート!
パズーとシータが食べてたやつ。(2016/7/5)

山浦恒央の“くみこみ”な話(85):
猫でも使えるソフトウェアのテスト網羅(2):パス網羅の種類と内包する問題点
趣味ならとにかく、ビジネスとしてのプログラミングに「網羅的なテスト」は欠かせません。網羅的なテストの代表的な手法である「制御パス・テスト」の手法について、解説していきます。(2016/7/1)

IDEC SE2L形:
デュアルプロテクション機能を搭載したセーフティーレーザースキャナー
IDECは1台で検出距離5m、検出角度270度のエリアをカバーできるセーフティーレーザースキャナー「SE2L形」を発売。(2016/5/27)

FAニュース:
検出距離5m、検出角270度の範囲をカバーするレーザースキャナー
IDECは、1台で検出距離5m/検出角度270度のエリアをカバーする、セーフティーレーザースキャナー「SE2L形」を発売した。2段階の防護領域を設定可能で、機械を停止させる前に減速を開始する領域を設定できる。(2016/5/17)

Weekly Memo:
業務システムのクラウド化、成功のカギは「松・竹・梅」の見極めにあり
既存の業務システムのクラウド化はどう進めればよいのか。多くの企業が悩むこの課題に対し、ガートナーのフォーラムで明快な対策を聞いたので、その内容をもとに考察してみたい。(2016/5/2)

リビング家具にぴったり収まる一体型ハイレゾコンポが登場――パナソニック「RSシリーズ」
パナソニックは、ハイレゾ対応の一体型オーディオシステム「SC-RS75/RS55」を5月に発売する。リビングルームに設置することを想定し、市販のリビング家具72製品を研究して本体サイズを割り出したという。(2016/4/11)

「BIC SIM」を始めた経緯、OCNを加えた理由は?――ビックカメラに聞く 格安SIM戦略
ビックカメラのSIMといえば「BIC SIM」が有名だが、サービスは「IIJmio」と同じ。なぜ最初のパートナーにIIJを選んだのか。そして2015年12月から追加した「BIC モバイル ONE」の狙いは? ビックカメラの担当者に格安SIMの戦略を聞いた。(2016/2/3)

パナソニック、スリムデザインのBluetooth対応ミニコンポ2機種を発売
パナソニックはBluetooth経由でスマートフォンなどの音楽を再生できるスリムデザインのオーディオシステム「SC-HC395」および「SC-HC295」を2月19日に発売する。(2016/1/19)

「伝説のすた丼」が肉まんに! サークルKサンクス限定「すたみな肉まん」登場
ニンニクがガツンと効いてます。(2016/1/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。