ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイオ電池」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バイオ電池」に関する情報が集まったページです。

蓄電・発電機器:
CO2を原料に太陽光で発電、藻類で作る「バイオ燃料電池」を開発
大阪市立大学の研究ループが、水を原料に可視光でCO2を消費しながら発電するバイオ燃料電池を開発。藻類の光合成機能を活用したもので、発電と同時に水素のエネルギーキャリアや薬品に利用されるギ酸も生成できるという。(2018/5/10)

福田昭のデバイス通信(131) 2月開催予定のISSCC 2018をプレビュー(7):
ISSCC技術講演の2日目午後ハイライト(その2)、低ジッタの高周波PLL、全天周撮影のカプセル内視鏡など
前回に続き、「ISSCC 2018」2日目午後の技術講演から、見どころを紹介する。低消費電力の2.4GHz帯無線端末用PLL回路や、全天周をVGA解像度で撮影するカプセル内視鏡などが登場する。(2018/1/15)

日々是遊戯:
「コーラで動くミニカー」など最新玩具が集結! 「TOYフォーラム2010」に行ってきた
今年も開催された、業界関係者向け玩具見本市「TOYフォーラム2010」。昨年に続いて、会場で見かけたオモシロ玩具を紹介します。(2010/1/20)

Mobile Weekly Top10:
UQ WiMAXが使える場所
2月26日から、ワイヤレスブロードバンドサービス「UQ WiMAX」のお試しサービスがスタートした。場所によっては快適に利用できているようだが、アイティメディアの社屋がある丸の内はあまり電波の状態がよくないようだ。(2009/3/5)

FC EXPO 2009:
コーラで発電、ソニーのバイオ電池──完全ワイヤレスなDMFCスピーカーも
燃料電池業界の展示会「FC EXPO 2009」太陽電池業界の展示会「PV EXPO 2009」が東京ビッグサイトで開催。ソニーはコーラを1滴たらすとファンが勢いよく回る“理科実験的”なバイオ電池試作機や、ハイブリッド燃料電池システムを搭載するコンセプトモデルを展示。燃料電池自動車のアピールも盛んに行われていた。(2009/2/25)

2009 International CES:
ソニー、ストリンガーCEOが掲げた“7つの条件”
CES開幕初日の基調講演を担当したのは、2006年以来2年ぶりとなるソニーのハワード・ストリンガーCEO。世界的な大不況により市場は混乱しているが、そんな中でもポジティブに前へと進んでいくことの大切さを訴えた。(2009/1/10)

ソニー、再生可能エネルギーの利用を拡大
ソニーは太陽光発電やバイオマス発電など、再生可能エネルギーの導入に積極的に取り組むと発表した。2010年までにCO2排出削減量を06年度比4倍に拡大する。個人がPCと携帯から再生可能エネルギーを購入できるようにする活動も始めた。(2007/12/4)

ソニーが環境活動を説明、2010年までにCO2削減を5万トンに
各企業がこぞって二酸化炭素削減計画を発表する中、ソニーも環境活動について説明会を開催。グリーン電力証書システムや資源の再利用など、計画ではなく実際の取り組みを紹介した。(2007/12/4)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「バッテリー」――リチウムイオンから燃料電池へ
何気なく利用しているバッテリーだが、この存在ひとつでデジタル家電の機動性は大きく変わる。しばらくはリチウムイオンが主流だが、燃料電池へシフトする可能性は高い。(2007/9/27)

オルタナブログ通信:
舞台裏で戦う選手や政治家、その喜怒哀楽から見えたもの
世界陸上、内閣改造。その舞台裏でも繰り広げられる、熱き戦い。勝利の美酒を口にできたのはいったい誰か? オルタナブロガーたちは、そんな日々の時事ネタの中からITの今を発信する。(2007/8/31)

ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
電池切れでも安心、スポーツドリンクを注ぎ込め──ブドウ糖で発電するというバイオ電池をソニーが開発。実際にウォークマンとスピーカーで音楽を再生できた。(2007/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。