ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイオプラスチック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バイオプラスチック」に関する情報が集まったページです。

圧倒的不審者の工房:
食べられる人工卵作りに挑戦 → なぜか偽卵黄を素材にバイオプラスチック包丁を制作
もはや動画のタイトルが理解不能になりつつある……。(2019/6/15)

海中微生物が分解、カネカの素材 ストロー、化粧品容器に
プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化するなか、化学メーカー大手、カネカが開発した海水中の微生物による分解が可能な素材を活用する企業が相次いでいる。(2019/5/14)

なぜレジ袋を全国一律で有料化? レジ袋規制の新方針に“納得できない人”が相次ぐ理由
原田環境大臣が2月末の会見で発表した方針。(2019/3/5)

FOMA初の「ディズニーモード」搭載! 女性を意識した「FOMA N701i」(懐かしのケータイ)
フラットなボディーデザインを新たに採用した「FOMA N701i」。背面パネルを交換できる着せ替えに対応しているほか、待受画像などをディズニーキャラクターの画像に一括設定できる「Disneyモード」を搭載するなど、女性を意識したケータイでした。(2018/7/21)

無限の使い方が広がりそう 熱で形が変わる魔法みたいなカードがクラウドファンディング中
フィギュアやカプセルトイと組み合わせたい。(2018/6/3)

実用化は目前!?:
より漆に近づき、傷に強くなったNEC「漆ブラック調バイオプラスチック」の秘密
バイオプラスチックの実用化に向けて開発を続けているNECが、より傷に強く、高度な蒔絵(まきえ)調印刷を実現した漆器調バイオプラスチックを発表した。(2018/2/7)

材料技術:
量産できる漆のようなバイオプラスチックで精緻な蒔絵の再現に成功、耐摩耗性も向上
NECは漆芸家の下出祐太郎氏と共同開発する「漆ブラック調バイオプラスチック」について、耐傷性の大幅な向上と蒔絵の再現印刷に成功したと発表した。(2018/2/7)

海中で微生物に分解されるプラスチック カネカ製、国際機関が認定
化学メーカーのカネカが開発したプラスチックが海水中で微生物に分解されると、国際的な認証機関「VINCOTTE」が認めた。(2017/11/15)

カシューナッツの殻からプラスチック生成 日本の研究チームが開発成功
人体に有害な化合物などを使用せずに成形可能。(2017/6/7)

CAEイベントリポート:
CFRPのマルチスケール解析で分子から構造まで、3Dプリントも
CFRPなどの複合材料は内部構造が複雑なため、分子スケールから考慮しなければ正確にシミュレーションすることは難しい。東京理科大学の松崎亮介氏が、ダッソーのカンファレンスでその取り組みについて語った。(2016/11/11)

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」に子ども向けモデル登場 素材が低温で溶けるので安全
従来製品とは異なるコードレス仕様。(2016/11/3)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/08/25
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年8月25日)(2016/8/26)

NEC、漆器の美しさを再現したバイオプラスチックを開発 装飾性と環境へのやさしさを両立
金型で成形でき、多様な製品の量産も可能。(2016/8/18)

ITの力で“漆黒”の質感を再現 NECは「漆プラスチック」をどう開発したか
日本の伝統工芸品、漆器の質感や美しさを再現するバイオプラスチックをNECが開発。その裏には、“漆黒”の色合いや質感をどう数値化するか、という大きなチャレンジがあった。(2016/8/18)

バイオプラスチック:
漆の美しさを備えたバイオプラスチックを開発、射出成型で量産可能に
NECは、京都工繊や漆芸家の下出祐太郎氏と共同で、伝統工芸の漆器が持つ独特の美しい漆黒を実現したバイオプラスチックを開発した。今後、材料メーカーなどと提携し漆風素材の量産や普及を目指す。(2016/8/18)

「デザイン性という新たな付加価値を」:
NEC、漆の美を再現したバイオプラスチックを開発
NECと京都工芸繊維大学と漆芸家の下出祐太郎氏は、非食用植物を原料としたセルロース樹脂を使い、日本ならではの漆器が持つ漆黒を実現したバイオプラスチックを開発したと発表した。(2016/8/17)

“漆器の美しさ”再現した植物由来プラスチック、NECが開発
漆芸家の作品を解析し、漆特有の黒色を表現できるようになった。(2016/8/17)

自然エネルギー:
藻類が作るバイオプラスチック原料、生産能力アップに成功
化石燃料を使わずに生物資源で製造できるバイオプラスチックに注目が集まっている。その原料となる有機酸を作り出すラン藻という藻類がある。明治大学などの研究グループは、ラン藻の有機酸の生産能力を高めることに成功した。(2016/7/22)

自然エネルギー:
エネルギーから雇用まで、バイオマスで産業活性に取り組む12の地域
農林水産省と関係6府省は、地域のバイオマスの原料生産から収集・運搬、製造・利用までの経済性を確保したシステムを構築し、地域の特色を活用する地域として「バイオマス産業都市」を認定している。今回新たに12の地域が選定された。(2015/11/10)

自然エネルギー:
2020年に1550億円まで成長、拡大する国内バイオマス電力市場
市場調査会社の富士経済がバイオマス利活用市場の調査結果を発表した。2012年7月に固定買取価格制度が開始されて以降、バイオマス発電プラントの市場規模は急速に拡大した。バイオマス由来電力の市場は2020年に1550億円にまで成長する見通しだ。(2015/4/17)

3Dプリンタでデジタルモノづくりをはじめよう(1):
【第1話】「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」との出会い
「自分でも3Dプリンタを使えるようになりたい!」と願うY君と、中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」のN店長との交流を通じ、パーソナル3Dプリンタを使いこなすためのハウツーを解説する連載。Y君とN店長の出会いから物語はスタートします。(2014/9/30)

しなやかで頑丈 「クモの糸」は産業界の救世主になるか
最新科学技術の中で注目される「生物とコラボ」。今回はその中から実用化も近いとされる「人工クモ糸」を紹介します。(2014/1/9)

LAオートショー2013:
重要度を増すLAオートショー、「マカン」や「WRX」などワールドプレミアも充実
「東京モーターショー2013」とほぼ同時期の開催となった「LAオートショー2013」。ポルシェの中型SUV「マカン」や、メルセデス・ベンツの「AMG ヴィジョン・グランツーリスモ」、スバルの「WRX」など、東京モーターショー2013の向こうを張って22台のワールドプレミアが公開された。(2013/12/11)

材料技術:
“カッコイイ”トヨタの「SAI」、樹脂部品の20%がエコプラとリサイクル材に
世代を超えて“カッコイイ”と共感されるように、エクステリアやインテリアを一新したトヨタ自動車のハイブリッド車「SAI」。樹脂部品の20%に植物由来プラスチックや樹脂リサイクル部品を使用するなど、材料面における環境への配慮にも力を入れている。(2013/8/30)

ミドリムシがプラスチックに NECら開発
ミドリムシを主原料としたバイオプラスチックをNECと産業技術総合研究所、宮崎大学が共同開発した。(2013/1/10)

ミドリムシからバイオプラスチック製造 産総研やNECが開発
あの微生物が地球を救う!?(2013/1/9)

土に埋めたら花が咲くスニーカー
履けなくなったスニーカーは、土に埋めて花を咲かせたらいいじゃない。(2012/2/13)

アルファードにハイブリッドモデルが復活
トヨタ自動車は、アルファードとヴェルファイアをマイナーチェンジして11月1日に発売する。また、両車種ともにハイブリッドモデルを追加設定し11月21日に発売する。(2011/10/4)

製品のCO2削減に貢献する新素材:
富士ゼロックス、木質系非可食バイオベースプラスチックを開発
富士ゼロックスがABS樹脂を超えるウエルド強度を持ったバイオプラスチックを開発。環境配慮型製品開発の選択肢が増えることになりそうだ。(2011/9/15)

NEWS:
富士ゼロックス、木質系非可食バイオベースプラスチックを開発
富士ゼロックスがABS樹脂を超えるウエルド強度を持ったバイオプラスチックを開発。環境配慮型製品開発の選択肢が増えることになりそうだ。(2011/9/15)

年間450KgのCO2排出量削減:
OKIデータ、消耗品包装部材を環境配慮型に
OKIデータが製造するプリンタ製品で、新たに消耗品放送部材の見直しが行われた。環境配慮型モノづくりの取り組みが進む。(2011/4/5)

富士ゼロックスの“環境配慮”は一味違う:
PR:省エネも速度も使い勝手も妥協なし!――A3カラーレーザープリンタ「DocuPrint C3350」実力診断
ビジネスで使うカラーレーザープリンタは高性能に加えて、環境への配慮も重視したい。しかし、環境にこだわってプリンタの性能がおろそかになってしまっては本末転倒だ。性能と省エネの両立が理想だが、矛盾する2つの要素を満たすのは難しい。それでは、どのような商品を選べばいいのか? そのヒントは富士ゼロックスにあるかもしれない。(2011/2/21)

【1分で分かる】業界別 CAE技術動向:
目に見えない世界との戦い――材料・化学
新材料開発におけるCAEは、特にナノレベルの目に見えない世界を可視化できることも強みだ!(2011/1/19)

バイオプラスチックの活用を進めるトヨタ自動車
(2011/1/1)

ノーベル賞の根岸英一氏、ソニーの研究顧問に 有機エレクトロニクス分野で助言
ノーベル化学賞受賞者の根岸英一氏がソニーの特別研究顧問に。有機エレクトロニクス分野の研究報告会などで助言をもらうほか、研究者育成についてアドバイスしてもらう。(2010/12/14)

オフィスプリンタBest Buy:
PR:OLしおりが挑戦、“ストレスフリー”のプリンタ選び
今日もOLのしおりは提案書や企画書の打ち出しに大忙し。ところが、これまでのプリンタは大きくて場所を取るし、すぐに打ち出せなくて印刷コストがかかりそう。この省エネ時代に逆行するような機種なのだ。そんな時上司のこんな声が……。「そろそろうちのプリンタも買い替えるか。どうだ、しおりクンが新しいプリンタを選んでみないか?」(2010/12/7)

仕事耕具:
貼ってはがせるメモックのフィルムタイプに新色、インディゴやアイボリーなど男性向け
ヤマトは、貼ってはがせるロールテープ「メモックロールテープ フィルムタイプ」に新色インディゴ、アイボリー、ダークブラウン、オレンジの4色を追加。7月下旬から出荷を開始し、文具店や量販店などで順次販売する。(2010/7/21)

韓国の江南へ:
Samsung電子のショールーム「Samsung d'light」に行ってきた
5月の連休を利用して韓国へ行ってきた。そのついでに、Samsung電子が一般公開しているショールーム「Samsung d'light」で、最新の製品やサービスを体験してきた。その内容とは――。(2010/5/11)

仕事耕具:
キヤノン、毎分37枚印刷のA3モノクロレーザーなど3機種
キヤノンは、SOHOなどをターゲットとした「Satera」シリーズにA3モノクロレーザープリンタの新製品を追加する。毎分37枚印刷の「LBP8630」など3機種。(2010/1/20)

“生分解性”がキーワードのエコプロダクツ――「エコプロダクツ2009」リポート
微生物によって自然に分解される生分解性プラスチックは、使用後の環境負荷を低減するものとして注目されている。ここでは“生分解性”をキーワードに、エコプロダクツ2009の展示物をリポートする。(2009/12/17)

エコプロダクツ2009:
ゴミ袋からスーツまで――“生分解性”がキーワードのエコ商品
(2009/12/16)

ふぉーんなハナシ:
ソニエリの“GreenHeartケータイ”、日本で登場する可能性は?
仕事の関係で筆者はケータイを複数台所有しているが、ケータイの箱が意外とかさばる。かと言って捨てるわけにもいかないし……。ソニー・エリクソンの“GreenHeartケータイ”なら、この悩み(?)を解消できるかもしれない。(2009/9/11)

仕事耕具:
耐“芯”構造で折れにくいシャープペン「オ・レーヌ」、プラチナ万年筆から
プラチナ万年筆は、芯が折れにくい構造を採用したシャープペン「オ・レーヌ」の3シリーズを発売する。(2009/8/17)

東レのバイオマスプラスチックがキヤノンの複合機に採用――世界最高水準の難燃性
(2009/7/16)

仕事耕具:
貼ってはがせるロールテープにフィルムタイプ 付せんやマーカー代わりにも
ヤマトは、貼ってはがせるロールテープ「メモックロールテープ フィルムタイプ」を発売した。メモや付せんとして使うほか、蛍光マーカーの代わりにノートのマーキングなどにも使える。(2009/2/10)

PR:「エコプリンタ検定」で選ぶ“本当にエコ”なプリンタとは
「エコなプリンタって言われてもねえ……」とため息をついたのは、繊維系マテリアルメーカーの若手社員、プリンちゃんとターくん。そこに現れたドクトルPが教えたのは――。(2009/1/19)

米を使ったCD/DVDケース ビクター子会社など
素材に米を使ったバイオマスプラスチック製CD/DVDケースの生産が始まった。(2009/1/6)

エコプロダクツ2008:
ハエが養鶏&養豚農家を救う?――バイオマス総合展2008
エコプロダクツ2008と同時開催の「バイオマス総合展」では、動植物由来の資源を使って、エネルギーや製品を使う取り組みが多数紹介されている。ここでは注目の展示をいくつか紹介しよう(お食事中の方には本記事の閲覧をオススメしません)。(2008/12/12)

エコプロダクツ2008:
事故米がはしになる――米から作るプラスチック
“食べられない米”を使って作る、生成り色のプラスチック「BTペレット」。地産地消の新しい産業にもなるかもしれない、とメーカーは期待を寄せる。(2008/12/12)

富士ゼロックス、省エネタイプのカラーページプリンタ2機種を発表
富士ゼロックスは、環境配慮型カラープリンタ「DocuPrint C3360」と「DocuPrint C2110」を発売する。(2008/11/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。