ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「法要」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「法要」に関する情報が集まったページです。

19話直前考察「あなたの番です」犯人は黒島か田宮か尾野か――最終展開を予想 翔太寝落ち後に事件が起こる現象がやっぱり気になる
尾野幹葉と内山達生共犯説に翔太が迫る!(2019/9/1)

布袋寅泰、母の七回忌に若かりし日の写真公開 凛とした着物姿に「モデルさんのよう」「美樹さんに似てますね」
お母様、めちゃくちゃキレイだな。(2019/8/26)

須藤理彩、亡き夫・ブンサテ川島道行さんの50歳バースデーを“ブンブン”ワインでお祝い 断酒中の中野雅之はウーロン茶で乾杯
川島さんは2016年10月9日に脳腫瘍のため亡くなりました。(2019/8/25)

今日のリサーチ:
お盆の過ごし方――エイチームライフスタイル調査
お盆の時期にやっていること、食べているもの。(2019/8/15)

「数え年」はいつ使うのか?
数え年の数え方。(2019/7/29)

祖母の遺品に大量のレシート 買った品から孫への愛を知る漫画 「泣いた」「祖母に会いに行きたい」の声
今度の休みに大切な人に会いに行こう。(2019/6/21)

目を背けたくなる現実:
事故物件、特殊清掃…… “死のリアル”になぜ私たちは引き付けられるのか
最近注目が集まる特殊清掃や事故物件。死から遠いはずの私たちはなぜ死に引き付けられるのか。2人のジャーナリストに問う。(2019/6/19)

お坊さんのIT活用を考えるイベント「テラテク!」開催 「誰も私たちの課題を解決してくれない」
freeeがお坊さんのためのIT活用イベント「テラテク!」を開催した。(2019/6/13)

令和が始まったー! けど、その前に 平成最後のコスプレを振り返る「ニコニコ超会議2019」まとめ
2日目参加のコスプレイヤーさん、お待たせしました!(2019/5/1)

Vtuberにテクノ法要にシウマイ弁当にミニ四駆の本気! 平成最後の「ニコニコ超会議2019」はやっぱりカオスだった
ホール間の移動すら楽しいイベント。(2019/4/30)

こんな老人ホームあったらいいな! 老後も腐女子ライフを満喫できる老人ホームを描いた漫画に入居希望者続出
死ぬ瞬間まで楽しい腐女子ライフが送れそう。(2019/4/28)

ニコニコ超会議2019:
ニコ超の“寝る”ブース、睡眠を脳波で可視化 隣がテクノ法要でも「意外と寝てる」
ニコニコ超会議2019に「寝るブース」が出現。大音量の中で人々は寝られるのか。(2019/4/27)

「懐かしいあの人やこの人」 三國連太郎の七回忌に西田敏行、北大路欣也、三田佳子、岩下志麻ら名俳優が集う
三田さん「多くの作品で三國さんのオーラを体感してきた」。(2019/4/23)

「人が亡くなった時に親族が一番ほしいもの」は何か お坊さんが教えてくれたことをつづった漫画に「まねしたい」の声
大切な人のことを知りたいし語り継ぎたい。(2019/4/5)

「僧衣でも十分動けます」 お坊さんが神業ジャグリング動画投稿する「#僧衣でできるもん」が話題に
【追記】ジャグリングにフットバッグなどお坊さんがスゴ技を次々披露!(2019/1/2)

『SFマガジン』の「百合特集」号 予約殺到で発売前に重版決定 「発送が遅れる場合がある」のアナウンスも
担当者「今年最大の部数を用意したのに」。(2018/12/18)

浮遊する「ドローン仏」さまがナムい スイーっと近づいてくる姿がインパクト大の新しさ
仏様もドローンで来迎する時代。(2018/11/17)

ガチャを引いてお悩み供養!? IT住職がプロジェクションマッピングで煩悩を払う法要が開催
町屋光明寺で、ユニークで幻想的な法要が開催されます。(2018/11/2)

悩める人に寄り添う仏教目指す:
「火渡修行」にビジネス街での瞑想会 シリコンバレーのエリート社員が仏門に転じた理由
順調だった外資系会計事務所の職を捨て仏門に転じた人がいる。ビジネス街での瞑想イベントや子ども向けの“寺子屋”活動などに精力的に取り組んでいる。(2018/10/29)

「あなたがいてくれたから」 須藤理彩、脳腫瘍で亡くなった夫・川島道行と2ショットで思いをはせる
2016年に脳腫瘍で亡くなっていました。(2018/10/9)

大仏様のライトアップとド派手花火のカオスな融合! 「牛久大仏万燈会」の幻想的な光景を撮ってきた
【画像16枚】大仏様とレーザービームのコラボよ。(2018/8/27)

Over the AI(24)番外編 これがエンジニアの真骨頂だ:
「シュタインズ・ゲート」に「BEATLESS」、アニメのAIの実現性を本気で検証する
前回で最終回を迎えた「Over the AI」ですが、番外編として、私がどうしても、どうしても、書きたかったコラムをお届けすることにしました。SFやアニメに登場するAI(人工知能)の実現性です。今回は、「シュタインズ・ゲート」や「BEATLESS」に登場するAIを取り上げ、エンジニアとして、それらの実現性を本気で検証してみました。(2018/8/20)

「メルカリが上場」で何が起こる? 「上場」の意味と仕組みをやさしく解説
覚えておきたいニュース用語の一つですね。(2018/7/7)

築地本願寺が立ち向かう“寺離れ”:
ビジネスマン僧侶が挑む お寺が「コンシェルジュ」になろうとする理由
築地本願寺は「開かれたお寺」を目指すプロジェクトを立ち上げた。仕掛け人は、ビジネスマンとしての顔も持つ、代表役員 宗務長の安永雄玄さん。“寺離れ”が進む現状に立ち向かうためにはどうすればいいのか。取り組みとその背景を探った。(2018/6/27)

北海道の「中華まんじゅう」が何か変! 三日月形で、どら焼きっぽい?
1月25日は「中華まんじゅうの日」。(2018/1/25)

「デジタル木魚」の響きが鮮烈 たたくごとに般若心経が少しずつ表示、読経の教材や音ゲーに応用できそう
ある意味「お経のカラオケ」システム。(2017/12/14)

お坊さん便に「法要シミュレーター」 故人の没年月日から法事・法要の日取りを自動算出
法要シミュレーターが命日を記憶してトップ画面に表示します。(2017/11/16)

漫画家・高畠エナガさん、29歳で死去 ミラクルジャンプなどで連載
あまりにも若すぎました。(2017/10/13)

需要高まる「墓テック」:
蔵前に「ICカードで参拝」の納骨堂 最新ITで墓参り
東京都内の“墓不足”の解消策として注目を浴びている「納骨堂」。東京・蔵前の歴史ある寺がICカードで墓参できる納骨堂「蔵前陵苑」の運営を始めた。「最新の墓参り」を体験してきた。(2017/10/12)

京都でお寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」が開催へ 説法ラップバトルも展開するドープな“寺主制作映画”を上映
ローカルなお寺による自主制作映画が上映されます。(2017/9/25)

Pepper導師が読経や説法を担当 SF感ある“IT葬儀”登場
導師姿のPepperくん。(2017/8/14)

同じ自販機を毎日のように観察する謎ブログ、13周年目前で更新終了を発表 自販機が撤去されたため
運営意図がまったく分からないブログとして知られていました。(2017/8/10)

女性向けアニメ応援上映、前代未聞の「鳴り物は木魚だけOK」 → ファン「当日に向けてポクポク練習するぞ!」
テレビアニメ「僧侶と交わる色欲の夜に…」のイベント。(2017/6/7)

テクノ音楽をバックに読経する「テクノ法要」がニコ生で配信 極楽浄土をイメージした光の演出で仏像がキラキラ
「N」を入力すると「南無阿弥陀仏」に自動変換されるありがたいコメント機能も。(2017/4/27)

遺影を「お客さま」と呼んで隣の席に座らせてくれた航空会社の神対応
本当に2人旅をしているような気持ちに。(2017/4/5)

お坊さんが墓参りを生中継してくれる「どこでもお墓参(どこでもおぼーさん)」登場 VR対応も検討中
“臨場感があるお墓参り”とは一体。(2017/3/27)

Wired, Weird:
亡き父が残してくれたマルチ電圧出力ACアダプターの修理
今回は、出力電圧や極性を変更できる便利なACアダプターを修理する。今は亡き父親が愛用していた品。父との思い出のためにも、ぜひとも再び動くようにしたい。(2017/1/11)

マネーの達人:
葬儀の供物、誰が出すの? その料金は?
葬儀に参列すると、果物や缶詰などのカゴが置いてあるのを見かけます。一般的に、これらは「供物」と呼ばれています。今回は、葬儀の供物について解説します。(2016/12/1)

おそ松風のユーリ、水木しげる風のヴィクトル 「ユーリ!!!」を著名マンガ家風に描くハッシュタグ「イタコマンガ家ユーリ祭り」勃発
原案の久保ミツロウ先生も戸惑い気味。(2016/11/3)

「最近はお坊さんの合コン“坊コン”もあります」 仏教専門フリーマガジン「フリースタイルな僧侶たち」がありがたや……
最新号は「特集:お坊さんの恋愛事情」。(2016/6/16)

「私自身変化したい」 市川海老蔵、父・團十郎との思い出の場所、成田山新勝寺で得度
「え、もうボウズでしょ?」というツッコミはナシの方向で。(2016/6/1)

芋洗坂係長、母の死去ブログで報告 「熊本地震のショックで急性心筋梗塞」
「あまりにも急な別れを受け容れられず絶望と後悔の日々」(2016/6/1)

修業に励んで檀家を増やせ! 現役僧侶制作のボードゲーム第2弾「檀家-DANKA-」でリアルな住職体験
「僧侶の不祥事」で檀家が半減など、カードの設定がけっこう攻めてる。(2016/4/27)

Twitterで「面白い邦画あげてけ」タグが加熱! 新旧面白そうなオススメ邦画が集結中
ゴールデンウィーク中に見まくりましょうか。(2016/4/13)

米米CLUB石井竜也、不倫報道について謝罪 「夫としての後悔で一杯」
17日発売の女性セブンで不倫疑惑が報道されていました。(2016/3/17)

Amazonの僧侶手配サービス「お坊さん便」に全日本仏教会が販売中止願い
定額にすることによって「お布施」本来の宗教性が損なわれると主張しています。(2016/3/4)

Amazon.co.jpの僧侶手配サービス「お坊さん便」に全日本仏教会が苦言 「宗教行為をビジネス化している」
「Amazon」の宗教に対する姿勢に疑問を禁じ得ないとのコメント。しかし一般の声との齟齬(そご)も……。(2015/12/25)

故・松来未祐さんの病名、慢性活動性EBウイルス感染症だったと明かされる
遺族の意向で病名が明かされました。(2015/12/15)

僧侶の手配をAmazonで頼める「お坊さん便」 定額料金で読経・法話
法事・法要の際に定額料金で僧侶を手配できる「お坊さん便」がAmazon.co.jpに登場する。(2015/12/7)

Amazonがお坊さんを販売開始!? 一律価格で全国どこでもお坊さんを手配
「定額サービス」ということで出品が許可されたようです。(2015/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。