ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「鋳造」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「鋳造」に関する情報が集まったページです。

現場改善を定量化する分析手法とは(7):
外注先の診断と評価を通して「真のアライアンスパートナー」を発掘する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第7回は、外注先に焦点を当てます。「外注先の診断と評価」によって良好な関係を維持するだけでなく、互いに発展していける「真のアライアンスパートナー」を発掘できます。(2024/4/11)

厚み0.1mmで幅80mm、長さは80m:
マグネシウム蓄電池用負極材料の軽薄長大が可能に
富山大学は、富山県立大学や中越合金鋳工との共同研究により、マグネシウム蓄電池に用いる負極材料について、短い時間で極薄かつ広幅、長尺品の作製が可能であることを示した。(2024/4/8)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
各業界で人手不足が深刻になっているが、特に高いスキルを持つ人材の不足が企業にとって大きな課題となっている。(2024/2/14)

CAEを正しく使い疲労強度計算と有機的につなげる(1):
CAEソフトに仕掛けられたトラップ
金属疲労を起こした際にかかる対策コストは膨大なものになる。連載「CAEを正しく使い疲労強度計算と有機的につなげる」では、CAEを正しく使いこなし、その解析結果から疲労破壊の有無を予測するアプローチを解説する。第1回のテーマは「CAEソフトに仕掛けられたトラップ」だ。(2024/2/14)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
AIなどを活用してベテランのスキルを再現したり、若手に伝承したりする取り組みが進んでいる。昔ながらのアナログなスキルをデジタル技術が支える時代が到来しつつある。(2024/2/13)

9種類:
タカラトミー100周年 「トミカ」「プラレール」などの記念商品を発売
創業100周年を迎えたタカラトミーは、9種類の記念商品を4月から順次発売する。(2024/2/3)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2023:
学生フォーミュラもEVシフト、インホイールモーターや軽量化に注力
ようやく2023年、学生フォーミュラは静的審査を今回もオンラインで実施するなど感染に配慮しながらも、ほぼ本来の大会の姿に戻すことができたため、筆者も4年ぶりに静岡県小笠山総合運動公園を訪れました。(2023/12/20)

お肉に刺すだけで「マンガ肉」が再現できる“骨”が発売 子どもの頃の夢がかなえられるぞおおおおお
話題になった前作より手軽に再現できます。(2023/12/11)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(10):
町工場の経営改革、どこから着手する? 中小製造業の経営者が対談
本連載では、厳しい環境が続く中で新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は、製造業の経営改革に取り組む2社、影山鉄工所と藤恵工業の対談をお届けします。(2023/12/6)

製造業DXプロセス別解説(5):
情報とのモノの接点である「生産準備」のデジタル化はどう進めればいいのか
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第5回は、設計という情報とモノをつなぐプロセスである「生産準備」を取り上げる。(2023/11/30)

『ONE PIECE』ゾロの「刀の鍔」が商品化! 日本刀の鍔と同じ技法で製作、ゾロの誕生日に発売
価格は1個6600円です。(2023/11/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラが直面する「分岐点」 自動車ビジネスの普遍的構造から読み解く
米テスラは今、大きな分岐点に差し掛かっている。すでにメディアにもさまざまな悲観論があがり始めているが、それらはテスラの現状の表層をなぞっただけで、全く本質に届いていない。(2023/11/13)

東京モーターショー改め:
「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」もうすぐ開幕 主要メーカーの出展内容は?
東京モーターショー改め、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」が10月26日から開幕する。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2023/10/24)

3Dプリンタニュース:
スワニーが国内初導入3Dプリンタのデモセンターを開所、大型樹脂部品製造に変革
スワニーは、3D Systemsのペレット押し出し式大型3Dプリンタ「EXT 1070 Titan Pellet」を国内初導入したデモセンター「TITAN ファクトリー」の開所式を行い、同施設を報道陣に公開した。(2023/10/23)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
格安ブランドがこぞって「銀座」を目指すワケ ダイソー、GU、オーケーが進出決めた“真の狙い”
銀座にかつてない異変が起きている。ダイソー、GU、オーケーなどの庶民派ブランドが相次いで銀座に出店するようになったのだ。「高級街」に足を踏み入れた裏側には、どのような狙いがあるのだろうか。(2023/10/20)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(15):
国内産業の中でも製造業は特殊な変化を遂げていた! 実質/名目GDPの推移を追う
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。(2023/10/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの未来を全部見せます
トヨタ自動車は、国内のメディアを招待し、愛知県内の3つの工場、貞宝工場、明知工場、元町工場で、トヨタの未来技術とその考え方を公開した。具体的にいえば、デジタル技術を軸とし、個々の製造技術の大幅な刷新がそれに加わるとどうなるかを示したものだ。(2023/10/16)

リアルな“動物の鼻”をデザインした指輪がユニークでかわいい いつもにおいをかがれている気分?
愛犬の鼻のリングが欲しくなる。(2023/10/15)

「新世紀エヴァンゲリオン」の“ロンギヌスの槍”が出現!? 全長7メートル超えでインパクト抜群
宇部市とエヴァンゲリオンの魅力が体感できる企画の第3弾。(2023/10/8)

『北斗の拳』ジャギのヘルメット、本物の鋼製で商品化 重量約9キロ、価格は22万円
俺の名前をいってみろ!(2023/10/6)

クルマの仕事を体験できるキッザニア、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に登場 小学生向けに11種の職業体験
レーシングメカニック、カーモデラー、砂型鋳造職人まで(2023/10/4)

メイドインジャパンの現場力(40):
トヨタの国内工場で進む「次世代EVの準備」と、「匠の技の継承」
トヨタ自動車は貞宝工場や元町工場、明知工場でのモノづくりの取り組みを発表した。(2023/9/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
復活のロータリー 「ROTARY-EV」で、マツダは何をつくったのか
今回登場した「MX-30 ROTARY-EV e-SKYACTIV R-EV」 を端的に説明すれば、メカニズム的には2021年に発売された「MX-30 EV MODEL」のモーター/発電機と同軸に、発電専用ワンローターロータリーエンジンを追加したものだ。(2023/9/18)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(8):
覚悟を決めて値段を2倍に、「越前打刃物」の柄を蒔絵でモダンに彩る夫妻の挑戦
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は越前打刃物の柄を製造している山謙木工所さんを取材しました。(2023/9/12)

「タバコかと思ったら……」 どうみてもタバコにしか見えない“シャボン玉”が「再現度高い」「最高過ぎる」と話題
いつでも持ち歩きたくなるかわいさ!(2023/9/5)

時速50キロを超える魔改造「ルンバ」が進化! パーツ改良、レーシングカーみたいなリアウイングなど追加
まるでレーシングカーみたい!(2023/9/3)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(7):
技術PRのために最適なWeb戦略は何か、「アンゾフの成長マトリクス」で確認を
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第7回のテーマは有名な分析フレームワーク、「アンゾフの成長マトリクス」の活用法だ。(2023/8/30)

「凍らせなくてもペグが打てる」バナナハンマーが誕生! 精密鋳造技術でリアルな見た目を再現
バナナを忠実に再現。(2023/8/27)

金属3Dプリンタ:
バインダージェット式金属3Dプリンタによる金型レス部品の量産に向けて協業
住友電気工業は三菱商事テクノスと協業し、バインダージェット式3Dプリンタを使用した金属部品の量産事業を立ち上げるプロジェクトを開始した。金型レスの部品製造を導入し、製造業のデジタル化を加速させる。(2023/8/25)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(7):
純金純銀のジュエリーを1つずつ手作り、大量生産が難しい素材をあえて使う理由
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回はジュエリーブランド「four seven nine」を取り上げます。(2023/8/8)

「ダダンダンダダン」が脳内再生されそうな食器「アイルビーカップ」登場 赤い飲み物を注ぐと“あの映画”のムード満点!
サムズアップした手が底からにょっきり。(2023/8/3)

メカ設計 イベントレポート:
設計領域がカギを握る! 海外事例で学ぶサステナブルな製品開発アプローチ
PTCジャパンはWebセミナー「設計から始まるサステナビリティ 〜世界に学べ! 3D CADの最新事例〜」を開催し、設計開発領域におけるサステナビリティの取り組みや具体的なアプローチについて、海外の最新事例を交えて説明した。(2023/8/3)

産業用ロボット:
ABBの高精度大型ロボット新シリーズ、20%の省エネと22のバリエーション展開
ABBは、最大20%の省エネが可能な高精度大型ロボットの新シリーズ「IRB」を発表した。可搬重量150〜310kgまで対応できるラインアップと22のバリエーションを提供し、EV分野など広範な産業の生産性向上に貢献する。(2023/7/14)

日本ものづくりワールド 2023:
ペレット押し出し方式大型3Dプリンタ「EXT Titan Pellet」導入の決め手と可能性
スリーディー・システムズ・ジャパンは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、ペレット押し出し方式大型3Dプリンティングの普及に向けたスワニーとの協業について、ブース内特別セッションで紹介した。(2023/6/28)

脱炭素:
脱炭素と循環型社会の実現へ、トヨタが積み重ねる多種多様な取り組み
「カーボンニュートラルの取組みと循環型社会へのチャレンジ」と題した「人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜」での講演の中で、トヨタ自動車が温暖化対策、循環型社会の構築に向けた活動を紹介するとともに、カーボンニュートラルとサーキュラーエコノミーの関係性を語った。(2023/6/21)

FAニュース:
加速度100Gの高速射出で鋳巣を大幅に低減、電動ダイカストマシンの新シリーズ
東洋機械金属は、電動ダイカストマシンの新シリーズ「Ds-EX2」を発表した。射出ユニットに射出高速加速が可能な独自技術を搭載し、加速度100Gの高速充填で、湯ジワや内部にある鋳巣を大幅に低減する。(2023/6/22)

FAニュース:
オークマが木型レスの鋳物製造技術を開発、3Dデータとロボ活用で完全自動製造
オークマと木村鋳造所は、木型を用いない鋳造製造技術を開発した。3Dデータの連携やロボットを活用することで、中小型鋳物の完全自動製造が可能になる。(2023/6/16)

ドラクエの「ロトのかぶと」がガチの五月人形に 創業312年の老舗メーカーが手がける青銅製の逸品
両脇にはロトのつるぎやロトのたても。(2023/6/2)

金属3DプリンタによるAMはなぜ日本で普及しないのか(2):
AMを実製品に活用するためには何から取り組めばいいのか
本連載では、何が金属3DプリンタによるAM実製品活用の妨げとなっており、どうすれば普及を進められるか考察する。今回は、AMを実製品に活用するには何からどのように取り組めばいいのかについて考える。(2023/6/2)

金属3Dプリンタ:
仏研究機関も迎えて磨く金属積層造形技術、ミシュランの群馬共創拠点が活発化
群馬積層造形プラットフォームは技術報告会を開催し、新規メンバーの群馬県立産業技術センターとフランスの国立産業技術センター「CETIM」との連携推進や、今後の技術開発テーマと方向性を示す「探索マップ」について発表した。(2023/5/23)

リサイクルニュース:
リサイクルアルミ使用比率100%のビレット量産化に成功、製品化に前進
LIXILは、同社の小矢部工場で、リサイクルアルミ使用比率100%のビレットの量産に成功した。新地金からアルミリサイクル材に転換することで、CO2排出量を97%削減できる。(2023/5/10)

アメテック株式会社提供Webキャスト:
PR:鋳造模型の品質管理を改善、酒井木型製作所の事例に学ぶ3Dスキャニングの実力
鋳造模型の専門企業である酒井木型製作所では、出荷前検査の最終評価が社長1人に属人化し、その間は営業活動が行えないという悩みを抱えていた。この状況を打破した、ポータブル型の高精度な3Dレーザースキャナーの実力とは?(2023/4/28)

3Dプリンタニュース:
ジュエリー用ワックスモデリングソリューション、スループットが25%向上
3D Systemsは、ジュエリー作製用のワックスモデリングソリューション「ProJet MJP 2500W Plus」を発表した。スループットが最大25%向上するよう設計されており、効率的かつ柔軟な生産が可能になる。(2023/4/5)

CADニュース:
PTCが2023年CADを取り巻く5つのトレンドを発表、5月にはSaaS版「Creo」も
PTCジャパンは「2023年のCADトレンド」に関する記者説明会を開催し、製品開発における5つのトレンドと、それらを踏まえたPTCのソリューションなどについて紹介した。(2023/3/30)

『NARUTO』仏語版20周年の記念硬貨が発売、10万円超のアイテムも パリ造幣局「局内にもファンがいるので」
世界最古の造幣局にファンが。(2023/3/26)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(2):
新規顧客が集まらない製造業のWebサイト、活用を阻む3つの壁
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第2回のテーマは「製造業がWebサイトを活用する上での3つの壁」だ。(2023/3/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「昭和のクルマ」が人気、 日本のモノづくりは再び強くなるのか
「旧車」が盛り上がっている。さまざまなイベントに登場するだけでなく、取引価格も上昇傾向にあるのだ。それにしてもなぜ旧車が注目されているのか。背景にあるのは……。(2023/3/17)

トヨタの工場が市民開発 業務“カイゼン”で月間475時間削減を見込む
市民開発に取り組むトヨタは、生産現場をどのように“カイゼン”しているのか。現場を熟知する従業員による市民開発は、従来型の社内の情報システム部門による開発とどこが違い、DXにどのような影響をもたらしているのか。(2023/2/15)

溶けた鉄は冷え固まり始めてもアッツアツ! 紙を一瞬で燃やして炭にする動画が衝撃的で身が引き締まる
人間、いつ溶けた鉄に直面するか分からないので肝に銘じておこう……。(2023/1/26)

3Dプリンタニュース:
貴金属のダイレクト鋳造ができる3Dプリンタ用レジン、装飾品製作を効率化
アンブローズアンドカンパニーは、貴金属のダイレクト鋳造ができる3Dプリンタ用レジン「JC-01R」を発表した。通常の埋没材を使ってインジェクションワックスと同じツリーでの鋳造ができるため、コスト削減や品質向上に寄与する。(2023/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。