ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「ClearType」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ClearType」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
Windows 10 Creators Update以降でClearTypeを設定する
Windows 10でClearTypeの設定を行おうとして、設定ツール(「ClearTypeテキストチューナー」)が見つけられなかったことはないだろうか? 実は、Windows 10 Creators Update(バージョン1703)以降では、設定項目の場所が変更されている。そこで、Windows 10 Creators Update以降でClearTypeの設定を行う方法を紹介する。(2018/3/28)

ソリッドワークス・ジャパンの新製品発表:
「えー!? 何で、それできないの?」が解消された「SolidWorks 2014」
ミッドレンジ3次元設計システム新製品「SolidWorks 2014」の日本向け製品発表会が開催された。本記事では注目しておきたい新機能のいくつかを紹介する。βコンテストに参加した日本人ユーザーのコメント付き。(2013/9/13)

Tech TIPS:
Windowsでフォントの「表示」設定を変更して全てのフォントを表示させる
Windows 7やWindows Server 2008 R2以降のOSでは、使用中の言語の設定に基づいて、一部のフォントをリストに表示させないようにする機能が用意されている。これを無効にしてすべてのフォントを表示させる方法を紹介する。(2013/3/8)

買って後悔したのか! しなかったのか! :
【短期集中! Surface RT】「Type Cover」を本気で使う
その場で購入したSurface with Windows RT。冷静になったところで「どこまで使える」デバイスなのか、旅の途中で検証する。“日本”ローケルで使えるコンテンツもチェック。(2012/10/31)

iPad、Android搭載タブレットを猛追か!?:
マイクロソフトが本気で作ったタブレット「Surface」発表、Windows RTと8 Proモデルをラインアップ
米Microsoftは10.6型ディスプレイを搭載したオリジナルのタブレット型端末「Surface」を発表。ARMプロセッサベースの「Surface for Windows RT」と、第3世代インテルCoreプロセッサ搭載の「Surface for Windows 8 Pro」の2モデルをラインアップする。(2012/6/19)

Microsoft、自社開発のWindowsタブレット端末「Surface」を発表
米Microsoftが6月18日(現地時間)、独自に開発したWindows搭載タブレット「Surface」を披露した。ARMを搭載したWindows RT対応版と、第3世代Intel Coreを採用するWindows 8 Pro版を用意する。(2012/6/19)

Microsoft、オリジナルタブレット「Surface」を発表 Windows RT/Windows 8 Pro搭載
Microsoftの“謎の発表会”でiPad対抗のオリジナルブランドのWindowsタブレット「Surface」が発表された。(2012/6/19)

特集:Web制作者&開発者のためのIE9概説(後編):
Internet Explorer 9正式版のHTML5/CSS3/SVG対応
IE9では、注目度が高まっているHTML5/CSS3の一部機能に対応している。その新機能を簡単なコード例で紹介する。(2011/7/7)

LCDを追随する有機EL、電子ペーパー:
ディスプレイ技術の止まらない進化
液晶ディスプレイは、旧来型のブラウン管を置き換えるものとして、広範な用途で主役の座を射止めた。そして、液晶ディスプレイは、現在も継続的に改善されている。しかしながら、有機ELディスプレイや電子ペーパーなども、少しずつではあるが用途を拡大しつつある。では、それぞれのディスプレイ技術には、どのような特徴があり、どのような進化を遂げているのだろうか。(2011/5/1)

連載:WPF入門:
第8回 WPFの「コントロール」を学ぼう
GUIアプリケーション開発の主役である「コントロール」を中心に、WPFのUI要素について説明。コントロールの全体像と基礎を説明し、用途ごとに分類する。(2011/1/6)

Tech TIPS:
Windows 7のカラーキャリブレーション機能を使う
同じプレゼンテーションや画像などを表示しても、ディスプレイやシステムを変えると異なる色で表示されることがある。これはディスプレイやビデオ・カードごとの表示特性の違いによる。これを修正し、どのシステムでも同じように表示されるようにすることをカラー・キャリブレーションという。Windows 7の[画面の色調整]機能を使うと、簡易カラーキャリブレーションが行える。(2010/2/26)

Microsoftは「革新力のなさ」と「内紛」で衰退している――元幹部語る
MicrosoftがiPhoneのような革新的な製品を作れないのは、部門間の内紛や、リスクの高いハード開発を避ける傾向にあると、同社の元幹部が語っている。(2010/2/8)

Windows 7 交響曲:
Windows 7の進化をコントロールパネルで見る
各種設定をカスタマイズするのに欠かせないWindowsのコンパネ。Windows 7では項目が整理され、便利な新機能も加わった。XP、Vistaと比較しながらチェックしていこう。(2009/11/12)

誠 Weekly Access Top10(2008年5月10日〜5月16日):
メイリオ、入れてる?
Windows Vistaの標準フォント「メイリオ」が、Windows XPでも使えるようになりました。喜んで入れてみたのですが、なぜかジャギジャギの表示になってしまって……アレ?(2008/5/21)

XP用「メイリオ」フォントも公開
SP3と同時にXP用「メイリオ」フォントが公開された。(2008/5/7)

Advanced/W-ZERO3[es]対応ソフトレビュー:
Xcrawlを使いやすく、MP3を着信音に――「アドエス」の不満点を改善する
新操作デバイス「Xcrawl」をより細かくカスタマイズするソフトや、従来のW-ZERO3シリーズ同様にMP3を着信音にするソフトなど、アドエスの不満点を改善するソフトを紹介しよう。(2007/11/29)

ワイド時代の幕開け:
Vistaに最適なディスプレイ環境をねっとりと検証する
Vistaの登場によってワイド液晶の普及が加速すると言われている。そこで実際にWindows VistaやOffice 2007を使ってワイド液晶のメリットを検証(粘着)してみた。(2006/11/24)

Vistaの新機能をまとめて紹介:
完成したWindows Vistaをマイクロソフトが披露
マイクロソフトはWindows Vistaの製品説明会を開催。完成したVista日本語版を使用し、主要な機能のデモを行った。(2006/11/22)

IE 7正式版を試す:
IE 7、ダウンロードから初期設定までやってみました
いよいよ正式公開となったInternet Explorer 7。まだ英語版のみの公開だが、日本語版の正式公開前にひと足早く新機能を試してみよう。まずは初期設定までを行った。(2006/10/19)

元麻布春男のWatchTower「Windows Vista編」:
第1回 果たしてWindows Vistaはテイクオフできるのか?
PCウオッチャーの元麻布春男氏が、さまざまな切り口で最新PC事情を分析する本連載。まずは何かと話題を集めているWindows Vistaの“これまで”と“これから”を見ていく。(2006/6/13)

Office 2007導入の決め手には弱い? Word 2007の機能強化
Word 2007はOffice 2007スイート導入を決断させるほどの大きな機能強化は施されていないが、科学論文やブログ、コード開発に役立つ可能性のある機能が導入されている。(2006/6/13)

IE 7ではClearTypeフォントに
IE 7ではテキストレンダリングが変更され、ClearTypeフォントが使われる。(2006/2/6)

「Vista」新フォントは「国語政策的にも正しい」
次期Windows「Vista」のフォント変更で、一部の漢字の略字体が表示できなくなると懸念されている。MSは「国語政策に準拠した」と新JIS採用の背景を説明。字体切り替え機能を使って略字体も利用可能にするという。(2005/8/31)

Windows Vistaは日本語フォント一新 最新JISを採用
「Windows Vista」では日本語フォント環境を一新。最新のJIS規格に対応し、これまで指摘されてきた字体の不整合に対応。さらに新フォント「メイリオ」を搭載し、可読性を高めるという。(2005/7/29)

フィルタ配置工夫で解像度を4倍に〜PenTile Matrix
IDF SpringでClairvoyanteが展示した技術は、液晶の画素配置を工夫することで、高輝度・低消費電力を実現する。そして小型液晶の解像度を4倍に高める可能性も持っている。(2005/3/5)

Macromedia Flash Conference 2004
次期Flashプレーヤ「8 Ball」は速くさらにリアルタイム効果へ
22日、東京渋谷でFlash Conference 2004が開催された。基調講演にはMXプロダクトを統括するケビン・リンチ氏が来日して登壇。次期Flashプレーヤについても語られた。(2004/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。