ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「反訴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「反訴」に関する情報が集まったページです。

Appleとの“和解”の効果は? 日本の5Gって遅れてない? Qualcommアモン社長の答え
スマートフォン向けのチップセットやモデムを手がける米Qualcomm(クアルコム)のクリスティアーノ・アモン社長が来日。日本の報道関係者に5G(第5世代移動体通信システム)における同社の役割を説明した。この記事では、説明会での質疑応答の模様を簡単にお伝えする。(2019/9/19)

ベンダー間の競争は激化へ:
「5G基地局の出荷は順調」、Huaweiが強調
Huaweiは2019年9月初めに、中国 成都で開催した第5回目となる「Innovation Asia Day」において、同社の5G(第5世代移動通信)対応基地局の世界出荷数量が20万台に達したと発表した。また、現在までに締結した5G基地局関連の契約は、50件に上るという。(2019/9/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(61):
俺、コンサルタント。準委任だから品質には責任持ちません
コンサルティング会社が作った要件にヌケ漏れがあった。責任を取るのは、開発会社か、コンサルティング会社か、それともユーザー企業か?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回のテーマは「コンサルティングの義務」だ。(2019/1/7)

川上量生氏、山本一郎氏に対し反訴 ブロッキング議論巡り 「まずは金一円を請求」
これで川上氏、山本氏ともにお互いを提訴した形に。(2018/12/18)

AppleとSamsungがデザイン特許訴訟で和解
6年間にわたるデザイン特許に関する法廷係争に終止符が打たれる。(2018/6/29)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(52):
ユーザーがワガママだから失敗したんです
お客さまは神様です。どんなにムチャを言われても応えるのがベンダーの努めです――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「ベンダーの義務」を考える。(2018/2/19)

増えるメモリ関連の訴訟:
UMCとMicron、メモリ関連で特許係争に発展
台湾のUMCが、Micon Technologyの中国の子会社を提訴した。メモリチップ関連で、特許侵害があったとする。(2018/1/17)

米Yahoo!とMozilla、2014年締結の検索契約めぐり訴訟合戦
Mozillaが「Firefox Quantum」の米国でのデフォルト検索エンジンをYahooからGoogleに一方的に切り替えたとして米Yahooとその親会社であるOathがMozillaを提訴したが、Mozillaは打ち切りは2014年の5年契約の条件に沿ったものだとして反訴した。(2017/12/8)

相次ぐ法廷争い:
Qualcommを取り巻く状況は悪化の一途
Qualcommを取り巻く状況は、ずいぶんと悪化しているようだ。Appleとの係争は泥沼化しており、2017年7月18日には、Appleの製造委託業者4社から提訴されている。(2017/7/21)

Qualcomm、Appleを特許侵害で提訴 iPhone輸入差し止めも要請
1月から始まったApple対Qualcommの訴訟合戦で、Qualcommが新たにAppleを6件の特許侵害で提訴した。QualcommはITCに対し、iPhoneの米国への輸入差し止め命令も求めている。(2017/7/10)

企業動向を振り返る 2017年5月版:
「iPhone10周年」を控える中、足元にくすぶる火種
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。5月は各社より決算が発表されましたが、明暗は分かれたようです。iPhoneを巡る、AppleとQualcommの訴訟は「10周年モデル」の登場前に解決するのでしょうか。(2017/6/23)

Apple、再度Qualcommを提訴 “ダブルディップは非合法”
1月にQualcommを独禁法違反だと提訴したAppleが、今度はモデムの販売でそのモデムの技術ライセンス料も徴収するのは非合法だとして再度提訴した。(2017/6/21)

キーマンの雇用や新製品の発表で:
AppleとIntel、それぞれの競合をけん制する動き
AppleとIntelが、それぞれのライバルをけん制する動きを見せている。Appleは、Qualcommの元エンジニアリング担当バイスプレジデントを雇用したことが明らかになった。そしてIntelは、AMDの新製品の性能を上回る「Core i9」を投入する。(2017/6/1)

企業動向を振り返る 2017年4月版:
「東芝倒産」の可能性
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届けする「企業動向を振り返る」。3月決算の発表を控えた4月はトピックが少ない時期ですが、東芝からは目が離せません。(2017/5/24)

中国での低迷や特許訴訟など:
Apple、売上高は好調だが懸念材料も
Appleは2017年5月2日(米国時間)、2017年度第2四半期(4月1日を末日とする)の業績を発表した。売上高は増加したが、中国における「iPhone」の出荷数の低迷や、Qualcommとの特許係争などをAppleの懸念材料と指摘する金融アナリストもいる。(2017/5/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(39):
アジャイルだか何だか知らないけれど、ドキュメントがないのでシステムは未完成ね
IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「システム開発におけるドキュメントは、何のために必要か?」を解説する。(2017/4/17)

両社1歩も引かず:
QualcommがAppleの提訴に反訴、特許係争は泥沼化
Appleは2017年1月に、不公正な特許慣行による損害を受けたとして、Qualcommを提訴した。これに対しQualcommが反訴している。(2017/4/13)

Azure漫遊記:
“コンプラ”を理由にクラウドを使わない時代は終わったのか
個人情報の扱いなど、企業コンプライアンス(法令順守)の重視から、オンプレミスサーバにこだわる企業も少なくない。だが、クラウド上の個人情報保護や特許にまつわる問題への対応は確実に進んでいる。パブリッククラウドの1つ「Microsoft Azure」では、これらの問題を未然に防ぐための施策を数多く用意している。(2017/5/12)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2018年「大阪メトロ」誕生へ、東京メトロの成功例を実現できるか
2006年から検討されていた大阪市の地下鉄事業民営化について、ようやく実現のめどが立った。大阪市営地下鉄は2003年度に黒字転換し、2010年に累積欠損金を解消した優良事業だ。利益を生む事業なら市営のままでも良さそうだ。大阪市が民営化を目指した理由とは……?(2016/8/26)

タダで特許あげます
真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始
Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目的とは? 特許を譲渡された企業のメリットとは?(2015/10/20)

3年9カ月越しで決着:
スズキとフォルクスワーゲンの提携解消を認定、契約違反の賠償問題は残る
スズキが国際仲裁裁判所に申し立てていたフォルクスワーゲンとの提携解消が認められた。これにより、フォルクスワーゲンはスズキの19.9%の株式をスズキに売却することを命じられた。一方、フォルクスワーゲンが反訴していた提携中の契約違反も認められており、引き続き賠償額などが審議されることになる。(2015/8/31)

『ハイスコアガール』めぐる紛争に決着、和解成立へ
「各社のコンテンツを利用した新たな協業機会の創出を可能にするため、本件紛争を早期に解決すべき」との理由で。(2015/8/26)

「ハイスコアガール」めぐる紛争でスクエニとSNKプレイモアが和解
SNKプレイモアは刑事告訴を取り消し、スクウェア・エニックスはハイスコアガールの出版・販売を継続できる。(2015/8/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(8):
もしもシステムの欠陥により多額の損害賠償を求められたら
システムの欠陥によって損害が発生したとして、作業費用6億5000万円の支払い拒否に加え、23億円の損害賠償まで請求された下請けベンダー。裁判所の判断はいかに?(2014/11/4)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(3):
ベンダーはどこまでプロジェクト管理義務を負うべきか
プロジェクトを円滑に推進し完遂するために、ベンダーはどのような活動を行う義務があるのか。ある裁判の判決を例に取り、IT専門調停委員が解説する。(2014/7/15)

アップルとグーグルの和解で:
アップルとサムスンの特許係争、雪解けの日は近い?
AppleとMotorola Mobility(Googleの傘下)は、全ての特許訴訟を取り下げることで合意した。この動きから、AppleとSamsungの特許係争も終局に向かっているとする見方もある。(2014/5/23)

池田信夫氏、上杉隆氏を反訴
経済学者の池田信夫氏は、元ジャーナリストの上杉隆氏に名誉を毀損されたとして損害賠償などを求めて反訴。(2013/4/23)

スペインのフレスコ画「無断修復」の女性、著作権料を求めて訴訟準備
フレスコ画修復騒動の女性が、フレスコ画がある教会に入場料の一部を払うよう求めています。(2012/9/21)

Facebookと米Yahoo!、特許訴訟で和解 コンテンツと広告で新たな提携も
米Yahoo!の前CEO、スコット・トンプソン氏がFacebookに対して起こした訴訟とそれに対するFacebookからの反訴で両社が和解し、新たな提携を結んだ。(2012/7/9)

Facebook、Microsoftとの特許契約で5億5000万ドル支払い
MicrosoftがAOLから約10億ドルで買収する約925件の特許のうち650件を5億5000万ドルで買収し、残りの275件についてライセンス契約を結ぶ。(2012/4/24)

Facebook、米Yahoo!を反訴 10件の特許侵害で
3月にYahoo!から特許侵害で提訴されたFacebookが、10件の特許を侵害したとしてYahoo!を反訴した。(2012/4/4)

AppleとMotorolaの特許裁判、ITCが「Motorolaは侵害せず」の仮決定
MotorolaのスマートフォンがAppleの特許を侵害しているとしてAppleがITCに提訴した裁判で、ITCはMotorolaに違反はないという仮決定を行った。(2012/1/16)

Apple対HTCの特許戦争、またAppleに有利な予備判決
HTCが5月にAppleを特許侵害で提訴した件で、米国際貿易委員会(ITC)はAppleが特許を侵害していないという予備判決を下した。(2011/10/18)

MicrosoftとAcer、Androidに関する特許契約を締結
Microsoftが、Windows Phone端末も手掛けるAcerおよびViewSonicと、Androidをめぐる特許ライセンス契約を結んだ。(2011/9/9)

HTC、Googleから譲渡された特許でAppleを提訴 Bloombergが報道
GoogleがPalmやMotorolaから獲得した特許をHTCに譲渡し、HTCがその特許を盾にAppleを提訴した。(2011/9/8)

HTC、Appleを特許侵害で提訴
両社はiPhoneとAndroid端末の特許侵害で互いを提訴し合っているが、HTCが新たに2件の特許についてAppleを提訴した。(2011/8/17)

Samsung「Galaxy Tab」がオーストラリアで販売中止 Appleと合意
SamsungのGalaxy Tabがオーストラリアで販売中止に。特許訴訟で争っているAppleと合意した。(2011/8/2)

Dreamforce 2010 report:
「期待を裏切らない男」ベニオフ氏 転向ユーザーに悪の帝国からの帰還を促す
salesforce.comのCEO、ベニオフ氏には悩みが多い。彼の言葉を信じれば「古い連中がジャマをするから」だ。だが言葉の深刻さとは裏腹に、事情を説明する彼の姿が楽しげに見えるのは、記者の思い込みゆえだろうか……。なおDreamforce2010開催2日目のセッションではRubyのプラットフォーム「Heroku」の買収や、新しくサービスに加わる「RemedyForce」についても説明された。(2010/12/9)

クラウド・イン・ア・ボックス:
Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」発表――エリソンCEOがクラウドを語る
ラリー・エリソンCEOがOpenWorldの基調講演で、同社のクラウド戦略とそれを支える新システム「Exalogic」を披露した。(2010/9/21)

NetApp、SunのZFSをめぐる特許訴訟の終了を発表 Oracleと合意
2007年にSunのZFSをめぐって始まった両社の特許訴訟が、両社の提訴取り下げてでようやく終結。NetAppは今後もOracleとの協力関係を維持していくとしている。(2010/9/10)

Oracle、Googleを提訴――AndroidのJava特許侵害で
OracleによるJavaをめぐるGoogleの提訴に驚いた向きは多いが、Javaの生みの親であるジェームズ・ゴスリング氏など、一部の人々にとっては予想通りのことのようだ。(2010/8/16)

Microsoftとsalesforce.com、特許訴訟で和解
クラウドをめぐる両社の訴訟合戦は、予想に反して3カ月足らずで収まった。(2010/8/5)

Salesforce.com、Microsoftを特許侵害で反訴
5月にMicrosoftから特許侵害で訴えられたSalesforce.comが反訴した。長い法廷闘争の始まりになるかもしれない。(2010/6/28)

Google代理戦争:
Android端末メーカーのHTC、Appleを反訴
3月にAppleから特許侵害で訴えられたHTCがITCに逆提訴した。iPhone、iPad、iPodが同社の5件の特許を侵害しているとしている。(2010/5/13)

Nokia、またAppleを提訴――「iPadも特許侵害」
AppleのiPadがNokiaの特許を侵害しているとして、Nokiaが米地裁に提訴した。これで両社間で係争中の訴訟は5つになった。(2010/5/9)

HTC、Appleからの特許侵害訴訟を「全力で戦う」と宣言
HTCのピーター・チョウCEOが「Appleの訴訟では全力で防御する」とする声明文を発表した。(2010/3/19)

ITC、Apple対Nokiaの特許紛争でNokiaを調査
AppleがNokiaを特許侵害で提訴したことを受け、国際貿易委員会(ITC)が調査を決定した。(2010/2/22)

Nokia、Appleを今度は米ITCに特許侵害で提訴
Nokiaは、Appleが携帯、音楽プレーヤー、コンピュータでNokiaの技術を不当に利用していると主張している。(2009/12/30)

Apple、Nokiaを反訴
10月にiPhoneによる特許侵害でNokiaに提訴されたAppleが、Nokiaを逆提訴した。(2009/12/14)

AppleとMacクローンメーカー、訴訟で一部和解
PsystarはAppleに和解金を支払うが、Macクローンの販売はまだ続けているようだ。(2009/12/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。